トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

多摩動物公園へ(その2)

その1は、他の動物さんたちでいっぱいになってしまったので、コツメファミリーはその2に載せることに。

午前11時半頃にコツメファミリーのもとを訪ねたときは、みんな放飼場のすみっこでヘソ天で寝ていたのだが、2時頃に戻ると元気いっぱい遊びまくりの最中だったhappy02
しかし、日が経ち過ぎて「カワウソベイビー」は「カワウソチャイルド」に成長してしまっていた。ベイビーでもチャイルドでもアダルトでも、かわいいからいいけどネheart04
ヨタヨタ頼りない足取りのベイビーらしい時期も観てみたかったなぁ…次回出産時こそチャンスを逃さずに来るぞーっsign03

写真は全て旦那が撮ったのだが、とにかく落ち着き無く「うぴゃぴゃぴゃぴゃっ!」と大騒ぎなので、ピンボケ写真ばかり。お許しあれ~coldsweats01

コツメチャイルドは三頭身。大人になると五頭身くらい?
20100731_22

わらわらっと山盛りでだんごになって遊んでいることが多い(笑)
20100731_23

「穴」があったら手を入れたい習性は、子どものうちからのもの(笑)
20100731_24

お父さんのゴンタ。木の上でひと休みのつもりが…
20100731_25

眠気には勝てず…
20100731_26

おやすみなさい(笑)
20100731_27

ゴンタは一生懸命チビたちの相手をしていたが、木の上で一休みしているうちにストン!と急に眠りに落ちてしまった。育児疲れかなー?4匹のお守りは大変そうだものね。チビたちがしっぽにじゃれつこうが、前足に飛びつこうが、一向に目覚めなかったなぁ(笑)

「がおーっ!」
20100731_28

あ!こっち見たlovely
20100731_29

横顔もかわいいなぁconfidentheart04
20100731_30

枝でもしっぽでも、とにかく噛んでみたいお年頃(笑)
20100731_31

のんちゃんもよくこんなお顔で噛んでたなぁ…
20100731_32

それにしても、かわいいなぁlovely
20100731_33

このコは、いつまでも噛んでいた(笑)
20100731_34

黒いオメメがキラキラshineしてるなー。
20100731_35

フェレもよくこうやって仰向けでクネクネするよね(笑)
20100731_36

ああ、もう、あられもないhappy02sweat01
20100731_37

「よっこらしょっ!」と。
20100731_38

ゴンタとカワちゃんには、去年の10月にも小麦と大麦という女の子が誕生していて、大麦は油壺マリンパークに新しく出来た「かわうその森」へ嫁いで行ったので、今は、父ゴンタ、母カワちゃん、姉小麦、チビ4頭(オスメス2頭ずつ)の7頭家族で暮らしている。全員が放飼場で遊んでいると、ほぼだんご状態で絡み合っていて、フェレの多頭飼いを彷彿とさせる。ドンゴロス(麻袋)なんて、7匹でクネクネするものだから、びっしょびしょだったし(笑)
クネクネ遊ぶ姿は、ほんとかわいくて観ていて飽きないlovely
でも、やっぱりカワウソさんを観ると、のんちゃんを思い出してちょっぴり切なくなる。胸の奥がチリリとちょっとだけ痛んで、ちょっとだけ涙が出る。

市川市動植物園のムツキくんとナナちゃん夫婦にも、7/29にベイビーが誕生したって言うし、油壺マリンパークへ嫁いだ大麦にも会いたいし、どちらも近いうちに行けるといいなー。暑くても行っちゃうよ!カワウソさんの愛らしい姿を観れば、暑さもぶっ飛んじゃうもんね!

| | コメント (0)

多摩動物公園へ(その1)

多摩動物公園へ行って来たhappy01
「夏休みだし土曜日だし混んでいるだろうな~」という予想に反し、意外と空いていた。ラッキ~♪と思ったのも束の間、空いている理由がすぐにわかった。広い多摩動物公園、自然もいっぱいなので木々も多いのだが、それでも炎天下には変わりなく、帽子をかぶっていようが、水分を補給しようが、暑いのなんのって大変なことだった。体力に自信のあるときじゃないと行けないかもcoldsweats01

今日は、動物さんのお写真特集なのだcamera
(写真は、全て旦那の撮影によるもの。)

20100731_01

…猫?!

動物園の猫さんではありません(笑)
自宅から最寄り駅へ向かう途中で、最近仲良くなった猫ちゃん。最初は背中向けて寝てたんですが、「オハヨー♪」と声かけたら、一応クリンとこっちを向いてくれまして。でも寝てるという(笑)
そのカッコがあまりにもかわいいので思わずパチリcamera

手元をご覧あそばせ。ギュッて!!!かわい過ぎっhappy02
20100731_02

多摩動物公園へは、高幡不動から京王線・動物園線に乗って行く。高幡不動から3分の短い直行電車だ。車輌も動物園仕様。(私の携帯で撮影)
20100731_03

まずは、舌をしまい忘れてしまったかわいいイタチさんのお写真から(笑)
20100731_04

いつもは穴に潜って寝てばかりいて、なかなか顔を見せてくれないのだが、今日は暑かったからか頻繁に穴から顔を出して風に当たっていた。この子は、説明書きにオスかメスか書いてなかったけれど、フェレよりもかなり小さかった。まるでブラックセーブルのように黒々としたお顔だけれども、ニホンイタチなら隠れて見えない体の色は、黄土色をしているハズなんだよな~。いつか全身を見せてくれるといいのだけれど。話しかけたら一生懸命、こちらの声に耳を澄ませている様子だった。つぶらな瞳は真っ黒でツヤツヤと濡れていて、バナナを食べて嬉しくて涙ぐんでしまうのんちゃんを思い出し、ちょっと切なくなる。ケージもいまいち小さいしね…。
20100731_05

イタチケージの先には、コツメカワウソケージがある。4月に4頭の赤ちゃんが誕生し、最近放飼場まで出て来てくれるようになったというので、カワウソベイビーズに会えるのを楽しみにしていたのだが、これもありがちなことで、しっかり隅っこの方で爆睡中だった(笑)
しょうがないので、お昼を食べて他を回ることにした。戻って来るときまでには、目覚めてくれていれば良いのだけれど(笑)

以前土曜日に来たときは激混みだったレストランも、今日は余裕で入れた。狙っていた季節メニューは、冷やしうどんだったので迷わずそれを頼む。旦那はハンバーグプレートランチみたいな名前の、大人用お子さまランチみたいなのを頼んだ。もちろん生ビールと地ビールもbeerbeerのんちゃんは持参したバナナでランチbanana
20100731_06
20100731_07

冷やしうどんは、とってもオススメ!うどんは適度に弾力があるし、大根・キュウリ・人参・カイワレなどの野菜もたっぷり乗ってるし、湯がいたササミも乗っている。汁は関西風の透明汁で大きな梅干が1個乗っているので、それをまぶして食べると爽やかで食が進む。コレ、お家の夏メニューに取り入れたい!夏バテのときにでも間違いなく美味しく食べられると思う。海苔には動物公園のスタンプも押してあってかわいかった(笑)

コンゴウインコさんは暑い国の生まれだからか、夏場でも元気につぶやいていた。インコさん、もしかしてツイッターやってますか?(笑)
20100731_08
20100731_09

エゾヒグマさんは北海道の出身だから、この暑さはキツかろうなー…despair
20100731_10

ヤクシカのバンビちゃん。
20100731_11_2

特別出演のガビチョウ(画眉鳥)さん。
20100731_12

多摩動物公園の鳥ではなく野生の鳥。でも野鳥ともちょっと違うcoldsweats01
実は、ガビさんは、特定外来生物で日本の侵略的外来種ワースト100に入っている困った鳥さん。元はペットとして輸入されたものが逃げ野性化し繁殖した。私は八国山で初めてその存在を知ったのだが、知ってから気をつけていると、まぁ、実にあちこちで声を耳にすることすること!多摩動物公園でも我が物顔で囀っていた。もともとは珍しい鳥であったハズなのに、今やちっとも珍しい鳥ではないと言う…。この辺では高尾山や有名な繁殖スポットだそうなので多摩動物公園へは高尾山から飛んで来たのだろうか?八国山のガビさんの方が警戒心が強いのか、遠くからでないと拝めないが、多摩動物公園のガビさんは近くへ行ってもまったく気にしない様子だった。図太いぞ(笑)

チーターさん。
20100731_13

この子は女の子かなー。体つきは、うちのおねいちゃんに似てホッソリとしてしなやかなんだけど、顔はどことなくチビちゃんに似ていて親しみが沸いた(笑)
最初は上の方の草むらでゴロゴロしていたのだが、「ニャーン!(オーイ!)」と言いながら手を振ったら近くまで下りて来てくれた。さすが猫科、好奇心旺盛(笑)

囲いの中には子どもチーターが。暑くてノビていた(笑)
20100731_14

バテバテのライオンさん。百獣の王の威厳はどこへ行ってしまったのか?!(笑)
20100731_15

フラミンゴさんは元気。グレーのコはヒナらしい。
20100731_16

多摩動物公園のアフリカゾウさんは、国内最高齢と言われているそうな。
20100731_17

ダチョウさんも暑そう。砂掘って座ってたけど多少は涼しいのかな?
20100731_18

大変フレンドリーなヤギさん。
20100731_19
20100731_20
20100731_21

多摩動物公園のヤギさんたち、大人も子どももヒジョーにフレンドリーで、柵に寄りかかっていたら、次々に寄って来ては「ナデテちょーだい♪」と言う。お気に入りのナデ位置は、角と角の間、つまり「おでこ」ね。ここを撫でてあげると、どのヤギさんも目がトロ~ンとする。
写真のコは子どもで角も小さい。旦那の指を盛んにチュパチュパしていた。指の太さが、ママのおっぱいと同じくらいの大きさなのかな?チュパチュパも段々高じてモグモグになり「痛いよ~。」と旦那が逃げる(笑)
まだチュパチュパし足りなくて私の方へアピール。私の顔ではなく、私の手に熱い視線を注いでいる図。チュパチュパは痛そうなので、でこで勘弁してね(笑)
このヤギさん、なんていう種類なのだろう?多摩動物公園のHPには、ただ「ヤギ」と書いてあるのみ。調べてみたのだが、ちょっとわからなかった。後でもっと詳しく調べてみようと思う。こんなにヤギにモテモテだったのは生まれて初めてなので、旦那も私も良い気分(笑)

カワウソさん編へつづく。

| | コメント (2)

2010年7月30日 (金)

今年初のカナカナ

今日は実家へ行って来た。実家と言っても同県内で電車で片道1時間半のところなので、里帰りというほどのことでもない。
5月から体調を崩した実家の親父の具合いも、だいぶ良くなった。今だるかったりするのは、体調の悪さと言うよりは夏バテ寄りのようだ。本当に体調が悪いときと、暑さでかったるいなぁと感じているときでは、見た目も明らかに違うし。
今は平日に週一で様子を見に行っている。買い物も自分で行けるくらい元気なので、様子を見に行っていると言うか、ただ実家へ遊びに行っているというようなものだ。重たいものを買いに行くときだけ、私が行ってあげる、という感じ。暑くて買い物がおっくうなので行って来てくれると助かる、ということもあり、そういうときに頼まれる買い物は、氷アイスを10個買って来て欲しいなんていうお願いだったりするので、アイスが食べられるのは元気な証拠とも言えよう。
今日は、親父のリクエストで、昼ご飯はほうとうを作ることになった。料理の腕は私よりも確かな親父、私の味付けには色々と不満もあり、「美味しいほうとうが食べたいからオレが作る!」と言って、ちゃっちゃと作ってくれたので、むしろ私よりも元気なんじゃないかと思う。このクソ暑いのに、台所でほうとうを作る元気は私にはナイ(笑)
真夏にほうとうを食べたのは初めてだったが、うまかった!二人ともどんぶりに二杯、おかわりして食べた。これだけ食欲があれば、夏バテもしないだろうと思う。いずれにしても、真夏が来る前に元気を取り戻してくれて良かった良かった!happy01

実家からの帰り、最寄駅から自宅まで歩いていたら、自宅近くの雑木林から「カナカナカナカナ…」という声が聞こえた。蜩の声だ。しかも今年初!ここ数年、自宅近くで蜩の声を聞く機会がめっきり減り心配していたのだが、雑木林ではカナカナの大合唱が繰り広げられていた。蜩の声、すごく好きなのだ。夏の夕暮れは、カナカナという声を聞かないと淋しい。カナカナのおかげで大満足な週末となった。また、そのちょっと手前のアパートの近くで、最近よく見かける白黒のニャンコがいるのだが、声をかけても寄って来てくれなくて、なんとか仲良くしたいものだと思っていたら、今日は向こうから寄って来てゴロニャンしてくれた。女の子だった。愛想良しで懐っこく、今まで寄って来なかったのが不思議なくらい。思い当たるとすれば、いつもは旦那が一緒で、今日は私一人だったということ。男のひとは警戒されることが多いから。帰り際その猫ちゃんに、「私の連れのメガネのおっちゃんのこともよろしくネ!」とお願いして来た。今日の仕事帰りにでも、旦那も早速ゴロニャンしてもらえると良いのだがwink

| | コメント (2)

2010年7月29日 (木)

旦那の代休二日目は…

昨日の日記に書いた通り、午前中旦那に掃除を手伝ってもらった。8:30から始めて10:30には終わったので、過去最速だったかも?今日は、この季節とは思えないほど涼しくて、雨だったので湿度は高かったけど、掃除が捗ったのはそのせいもあったかも知れない。

ランチは、去年の秋頃にオープンした中華のお店へ。旦那に聞いたら「中華な気分」だと言うので(笑)

ランチもランチ以外のメニューも、お手頃価格のようだった。

週変わりランチというのが二種類あって、Aは「鶏肉団子のコーン炒め定食」で、Bは「大豆冷やし麺」だった。なのでそれを頼む。

A:鶏肉団子のコーン炒め定食
2010072902

ふわふわな鶏肉団子が、ゴロゴロとかなり沢山入っていて、コーンもたっぷり。緑色のはピーマン。それに麻婆豆腐(左下)とザーサイ(右下)、スープ(左上)とライス(右上:普通盛り)が付いて\890。鶏肉団子は8個?いやもしかしたら10個は入っていたかも?とにかくかなりのボリュームだった。ふわふわな食感もイイ感じhappy01

B:大豆冷やし麺
2010072901_2

大豆冷やし麺って初めて聞くのでどういうのだろう?と思ったが、中身を聞かずに注文(笑)
ふっくら大豆と湯がいたキャベツ、短冊切りの生キュウリと生人参、上には今流行りの食べるラー油がトッピングされた冷やし麺。酸っぱ辛い味付けで、夏バテ防止にピッタリなメニューだった。ミニ麻婆豆腐丼も付いて\890。対比するものがナイんで、わからないと思うのですが、このお皿かなり大きくてボリュームたっぷり。ミニ丼も付いているので私は食べ切れず旦那に協力してもらったcoldsweats01

お店にサラリーマンが次々とやって来るのだが、なるほど、このボリュームだったら男の人が沢山来るのもうなずける。ランチ時は最初にお願いすれば、ライスが大盛りになるそうだ。(後からライスを頼んだ場合は課金と書いてあった。)サラリーマンは、みな、ライス大盛りで頼んでいた。みんなよく食べるなー…とちょっと驚き。うちの旦那はそれに比べれば小食だわ。女性はかなり大食いな人でも満足するようなボリュームで、小食な人だったら半分でお腹いっぱいになってしまうかも?

夜は出来れば大人数で行きたいところ。盛りが良いので旦那と二人では、二皿頼んだらお腹いっぱいになってしまうかも知れない。せっかくだから色々食べたいものね~。

旦那の代休も終わり。でも明日行ったらまた土日は連休。どうせなら明日も休んでしまえばいいのにネbleah

| | コメント (2)

2010年7月28日 (水)

猫まんまを買いにレイクタウンへ

この間の土日に休日出勤した旦那は、今日と明日代休をもらった。が、しかーし!昨日の夜、急な出動命令をくらって今日の午前中だけ出勤となった。なんのための代休だよ~think

ちょっと予定がズレ込んだが、午後にレイクタウンへ行って来た。先日行ったときに、バーゲンになっていたnaturalizerのサンダルが、もしまだ残っていたら買ってもらおうと思って。

でもメインの用事は、猫まんま。食べさせてみたいと思っている猫まんまは、その辺のスーパーでは扱っていないのだが、レイクタウンのPECOS には売っているのを先日見かけたので。

到着したのは13時半頃だったので、まずは遅いランチをと思い、ブラブラとお店を物色。なんとなくお肉な気分になったので、炭火ステーキくに へ。旦那はヒレステーキを、私はオニオンソースハンバーグを、そしてもちろん生ビールもbeersmile

暑くて頭が痛かったので、私は手前のランチビールを。
頭痛いなら飲むなよ!って?coldsweats01
2010072801

スミマセン、食べかけでcoldsweats01
2010072802

ハンバーグはジューシーだったし、ヒレステーキはすごく柔らかくて美味しかったし、ランチだったので安かったし大満足good

いつもは長蛇の列のクリスピー・クリーム・ドーナツ も今日は誰も並んでなかったので、ふらりと覗いてみたら、なんと!bananaのドーナツがあるし!もちろんお買い上げ。のんちゃんにお土産が出来ましたhappy01

ピュアバナナ\180
2010072803

クリスピー・クリーム・ドーナツって、あの甘いグレーズドーナツしか知らなかった!だってご近所の方が時々下さったのは、いつもグレーズドーナツだけだったんだもん。てっきりそれしかないのだと思ってたcoldsweats01

ここまでは順調だったのが、件のnaturalizerのサンダルは、私のサイズは売り切れだった。先日買っておけば…後悔先に立たずcrying

ま、でも本来の目的は、猫まんまですから!

PECOSはレイクタウンの一番奥にある。今日は仔猫はあまり居なかった。犬はいっぱい。でも猫も犬も時間が時間なので、全員爆睡中。寝顔もかわいいからいいけどネheart04

欲しかった猫まんまは、ナチュラルバランス のウルトラプレミアムドライキャットフード。評判も良いみたいだし、信頼性や安全性も高いようだし、ナチュラル系のフードの割りには食いつきも良いらしい。試供品を取り寄せて猫娘たちにあげてみたときも好評だった。
今あげているフードは飼い主的にはすごく気に入っているのだが、猫娘たちはちょっと飽きて来たようで、すごーく不満そうな顔でチビチビ食べるようになってしまった。人間もいつも同じ味では飽きるしなー…ということで、たまには他のもあげてみよう!ということになった。しばらくこれを食べた後に今あげているフードをあげれば、また新たな気持ちで食べられるんじゃないかとも思うし。フードを替えるよりも、トッピングなどで工夫してあげたいというのが本音なのだが、なかなか実行に移せず…手作り食も挑戦したいけど、なかなか実行に移せず…ダメじゃん、私coldsweats01

これがその猫まんま。おねいちゃんが早速チェック!
2010072804

帰り際には、芽吹き屋という和スイーツとジェラートのお店で、みたらし団子、くるみ餡団子、どらやきジェラートを食べながら休憩。

旦那も私も駅への往復で相当日に焼けた感じ。肌がじりじりするもん。旦那は汗が沁みる!と言ってたし、実際に肌が赤くなっていた。私の腕も黒味が増した気がするcatface

明日は、せっかくのお休みで申し訳ないけれど、午前中に掃除を手伝ってもらう予定。だって二人でやった方が早く済むしbleah

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

猫、神棚に上る

今朝の明け方5時のことである。
ガッタァーーーーン!という音で目覚めた私。何事か?!と思い、旦那も起こす。どろぼうか?!いや、絶対に猫娘たちが何かやった音だよ~catface

案の定、猫娘のどちらかが神棚に上り、お供えのお水のコップを落とした音だった。神棚はびしょびしょ。お札の下の部分も濡れてしまったし、端っこに置いてあったご朱印帳もびしょびしょになってしまった。しかし、コップが割れなかったのが幸い。割れた破片で猫娘たちが怪我でもしたら大変なことでした。じょうぶなコップに感謝だわbearing

たぶん上ったのはチビちゃん。おねいちゃんは力強いけど体が大きいので、あまり高いところまでは上れない。もちろんチビちゃんも、神棚までダイレクトに上れる高さではないのだが、まず横の電話台の隙間に上り、そこから神棚にジャンプして上ったと思われる。そういう小回りのきく作業はチビちゃんの得意分野。しかも、私に「誰がやったの?!」と叱られて、バツが悪そうな顔をしたのはチビちゃんだった。おねいちゃんは、「アタチじゃないけど、でもおかーしゃん怒ってるからごめんなしゃい…。」みたいな感じになっていた。まぁ、どっちにしても二匹ともバツが悪そうだった(笑)

どちらがやったにしてもかまわないけど、ケガをするようなことになったら、それは上った猫娘たちの責任ではなく飼い主側の責任である。…ということで、神棚に上れなくするよう、対策を取らなければならなくなった。電話台のところに、段ボールでも乗せて高くしてしまえばたぶん大丈夫。でも肝心の段ボールをこの間ゴミの日に出してしまったので、何か他のものを考えなきゃならない。どうせなら、少し見栄えの良いものを置きたいところ(笑)
とりあえず、今夜は旦那に神棚の前に寝てもらって、チビちゃんがジャンプして踏み切れないよう邪魔をしてもらう予定である。でも、猫娘たちは人が居ようが居まいが、いざとなればおかまいなしなので、かえって旦那がちょうど良い踏み台になる可能性もある…果たしてどうなることやら(笑)

ナイショ話でイタズラの相談中かい?
Img_5415

| | コメント (2)

2010年7月26日 (月)

うなぎ~

今日は土用の丑の日。生協で頼んでおいたうなぎが夕方届いた。生協のうなぎは美味しいのだ。ご存知ない方はお試しあれhappy01

Img_5435

うな丼、ゴマ豆腐、ほうれん草のおひたし、豆腐としめじのお味噌汁。ゴマ豆腐は、先日NORIちゃんからいただいた永平寺のゴマ豆腐。早速いただきました。美味しかったよー!NORIちゃん、ご馳走さまでしたheart04

自他共に認めるうなぎ好きな私。子どもの頃からご馳走と言えば、寿司よりもステーキよりもうなぎだった。もし明日地球が滅亡するとしたら、腹いっぱいうなぎを食べたい。行ける限りあちこちのうなぎの名店で食べまくるぞ!

うなぎの名店と言えば思い出すのは、必ず新入社員の歓迎会のこと。
私は高卒で就職した。「電算室」なんていう言い方をすると歳がバレるけど、要するにコンピューター管理部署のことで、これまた歳がバレるが、「キーパンチャー」として就職した。当時は「データエントリー」とか「オペレーター」などという言い方ではなく「キーパンチャー」と呼ばれていたのだ。「キーボードを用いて、紙テープやパンチカードにパンチ(打って穴を空ける)する人」というのが語源になっているそうだ。さすがに私が就職したときは、もうFDになっていて、「パンチ」ではなかったけれども。でも、そのFDだって8インチという大きなFDだった。若いひとは、見たことないだろうなぁ。ひょっとしたら7つ年下のうちの旦那は、「見たことない!」と言うかも知れんので怖くて聞けないshock

そんな話はさて置いて。
新入社員の歓迎会は、うなぎ好きな私のために、帝釈天へお参り→お昼はうなぎというコースになった。うちの部署の新入社員は、高卒の私と大卒のお姉さんの二人だったのだが、なんと大卒のお姉さんは前日に飲み過ぎて、当日具合いが悪くて不参加となり、私は一人で参加となってしまった。待ち合わせの場所で幾ら待っても来ないので電話したら、「二日酔いの件はナイショにして!ただ具合いが悪いと伝えて!」と頼まれたので、皆さんに申し訳ないなぁと思いつつ上手にウソをつく私。だってねぇ…coldsweats01
コレを読んでらっしゃると思われるブルーインパルスさん!もう時効なので彼女を許してあげてくださいネ(笑)

私はてっきり一般的なうなぎ屋さんで、テーブル席の片隅に座敷席があって、そこで宴会するのかなぁと思っていたら、連れて行かれたお店はうなぎ料理の料亭で、お座敷も中庭の見える立派な個室だった!生まれて初めて入る料亭、しかも個室のお座敷、出て来るお料理もうな重ではなくうなぎのコース料理。びっくり仰天で、緊張と不安のあまりよく味がわからなかった。いったい幾らなんだろう?!と思い、もしかしたらお金が足りなくて、私はここで下働きさせられて、その代金を払わなければならなくなるかも?!とまで妄想した。我ながらすごい想像力いや、妄想力catface

よく味がわからなかったと言いつつも、しっかり完食はした。だってもう二度とこんな高級なお店で食べられないかも知れないし(笑)

いざ会計!となったとき、思わずトイレに行くフリをしてそのまま逃げちゃおうかな?!と思ったが、『いや、ここは潔く”私が働いて返します”と言おう。だって私の歓迎会だもの!』と意を決して結果を待つも、私の心配をよそに会計はスルスルと済んでしまった。拍子抜け。なんだかガクッと力が抜けて一気に疲れが…(笑)

帰り道、『社会人になるってすごいこなんだんだなぁ!あんな高級なお店でも、ポーン!とお金が払えてしまうなんてすごい!lovely』と、みなさんの背中を眩しく見つめながら思ったのであった。そして思った。『私もいつか歳相応の収入が得られるようになったら、今度は自分のお金で改めて、このお店のお座敷でうなぎを食べよう!』と。

さて、私はいったいいつ、そのお店で自腹でうなぎを食べたでしょうか?
答えは、「まだ」だ。歳相応になっても誰もがそういうお店で食べられる、というわけではどうやらなさそう。私は未だに中身が伴っていない、ということなのか、まだそのお店でうなぎを食べるという夢は叶っていない(笑)

ところで、ブルーインパルスさん!あのお店って、いったい帝釈天のどちらのお店だったのでしょうか?!実は、お店の名前がわからないので行けない、という理由もあったりする(笑)

| | コメント (6)

2010年7月25日 (日)

友だちが泊まりに来てくれた

うちの旦那が、土日は泊まりの仕事だったので、友だちのNORIちゃんに泊りがけで遊びに来てもらった。うちの旦那が居るときでも別にいいのだが、たまには女同士水入らずでってのもいいかな、と。そうだ!猫娘たちも女なので、全員女だ(笑)

暑い中、バスに1時間揺られ遊びに来てくれた。彼女の最寄駅からうちの最寄バス停まで、直行バスがあるのだ。一時間か二時間に一本だけどね~。でもタイミングが合えば乗り換えナシなのですごく便利happy01

夕方に来てもらったので、少し我が家で涼んでもらってから、駅前のタイ料理のお店まで行き二人でディナー。写真を撮ることをすっかり忘れてがっついてしまったので写真はナシ。食べたのは、生春巻き、豚の唐揚げ、海老のふっくら卵カレー炒め、目玉焼き乗せ豚ひき肉のそぼろご飯、パッタイ(タイの焼きビーフン)、生中3杯、梅酒ロック1杯で、\4,800。タイ料理とビール、合うわ~lovely
駅前の商店街のど真ん中にあるのだが、小皿で値段もお手頃。女性客が圧倒的に多かったものの、子連れも居たしカップルも居た。私たちが帰る頃には満席になっていたし。美味しくて安くて良いお店なので、このまま繁盛してつぶれないで欲しい。結構、店の入れ替えが多いんでねcoldsweats01

その後、一時間だけカラオケに。ビッグエコーだと、彼女の好きな某韓流ボーカルグループのライブ映像で歌が歌えるそうで。彼女ね、その中のY君に恋しているのでね。恋する乙女は一途でかわいいwink

カラオケ店を出たら雷と雨が!小降りなら急ぎ足で帰ればと思ったが、駅に着いたときにはしっかりと降って来てしまったのでタクシーで帰る。家に着いてしばらくしたら、どしゃ降りになったのでギリギリだった。ちょうど家に着いたとき、NORIちゃんと私の共通の「お兄さま的存在」の方から、グッドタイミングで私の携帯にメールが入る。雷と大雨を心配してのメール。お心遣いありがとうございますheart04

お風呂に入り、パジャマに着替え、NORIちゃんがお土産に持って来てくれたFLOのマンゴープリンタルトを肴にビールで乾杯する。ああ、写真撮るの忘れちゃったよ~。NORIちゃんからはその他にも、永平寺のゴマ豆腐をいただいた。NORIちゃん、いつもありがとう!あまり気を遣わず今度は手ぶらでおいでね~!

猫娘たちに一番会っている友だちがNORIちゃんなので、チビちゃんは当然のことながら、人見知りするわけもなく、無遠慮にNORIちゃんの持ち物チェックをし(少しは遠慮したら?チビちゃん…)、愛想を振り撒き、かまってください光線を出し、普段よりもかわいい声で鳴いて挑発(笑)
おねいちゃんは、最初だけはちょっと警戒したけど、すぐに慣れてナデナデもさせてくれたし、近くでご飯を食べたり寝そべったりもして、かなり寛いだ様子だった。

旦那が居ると、部屋の扉を閉めてNORIちゃんに寝てもらうのだが、昨日は二人だけだったし、扉を開けたままで寝てもらったのだが、猫娘たちも平気でNORIちゃんの寝ている横で遊んだりバトルしたり休んだりしていた。ドタバタ騒いだりもしたので、NORIちゃんも夜中に何度か目が覚めて熟睡出来なかったのではないだろうか…NORIちゃん、ごめん~!
でも、猫娘たちのこれだけ寛いだ様子を見ると、ほんと、ホッとする。一時期、おねいちゃんはお客さん恐怖症になっていたので。よくぞ立ち直ってくれたと思って感無量であるcrying(感涙)

お客さまが居ようと居まいと関係ない猫娘たち。今朝もいつもと同じ時間に起き、ご飯を催促されたので、私は平日と同じ時間に起きて猫娘たちの相手。昨夜の雨のおかげで地球もだいぶ冷やされたのか、今朝は午前10時頃まではエアコンを入れずに過ごせた。梅雨明け以来久し振りのことである。エアコンは快適だが、やっぱり自然の風は心地よいhappy01

NORIちゃんが起きて来たので朝ご飯。その後、テレビを観ながら二人でまったりしたり、猫娘たちをじゃらしたりしてのんびり過ごす。午後2時頃に近所のパスタ屋さんで遅めのランチを済ませて、NORIちゃんはまたバスに揺られて帰って行ったのであった。

来月も旦那は泊まりで仕事があるので、またNORIちゃんが泊まりに来てくれると嬉しいな。NORIちゃん、読んでる?お泊まり期待してますのでよろしくねー!今度はご飯作っておもてなししますのでrestaurantbeer

「アタチ、もうお客さまは大丈夫ですのconfident」 byねい
Img_5332

| | コメント (4)

2010年7月23日 (金)

日に焼けた

今日は給料日。10時半頃銀行へ行ったら珍しく空いていた。いつも給料日には外まで列が出来ちゃうのに。
早く終わったので、上りの電車に飛び乗って急行で1つ目の駅へ。そこの駅前パルコの中には、普通のスーパーじゃ売ってないナチュラル系のキャットフードが置いてあるペットショップがあるのだ。…が!欲しいヤツは置いてなかった。がっかり~!でも、かわいい仔猫がたくさんいたから、まぁ良しとしようcatcatcat
のんちゃんのお供え用のご飯も買えたしネhappy01
バーゲンやってたので、半額になってたラメ入りの黄色いストールも買えたしネ~bleah
明日は旦那は休出でしかも泊まり。でも仲良しのNORIちゃんが泊まりに来てくれるので淋しくないやい!夕飯はタイ料理に行くことに決定♪その後は我が家で女同士、パジャマdeビールだbeer

今日も暑くて、たぶん昨日よりも日差しがキツくて、銀行から帰って来たら腕が日に焼けてジンジンするしちょっと痒い。生活紫外線焼け。気をつけねばcoldsweats01

| | コメント (2)

猫娘たちとの出会い/おねいちゃん編

(7/17の日記の続きです)

外から仔猫の声が聞こえるような気がして、探しに出た私が向かったのは、家の近くにあるゴミ置き場だった。
実は、前日の夕方に出先から戻った私は、そこで仔猫を1匹見ている。その仔猫は、てっきり私が午前中に保護した仔猫だとばかり思い込んでいた。でも仔猫は二匹いたのだ。私が前日に見た仔猫が、きっと鳴いているに違いない!そう思ってゴミ置き場の底板の下を覗き込むと…やはり仔猫はいた!まっ白い仔猫だった。底板の下に腕を差し込んで掴もうとしたが狭くて入らなかった。そのゴミ置き場が面した道路は裏道になっていて、車の通りも多く、驚かして飛び出したところに、うっかり車でも来たら大変なので、周囲をキョロキョロ確認しながらの救出作業となった。誰か近所の人が出て来てくれないものかと期待したが、人っ子一人通らず。でもありがたいことに、車も一台も来なかった。

仔猫を底板から追い出したとして、そのまま裏の畑へ逃げられてしまったらおしまいだ。何か良い方法はないものかと、しばしゴミ置き場と格闘。どうやらゴミ置き場の底板は、外そうと思えば外れないこともなさそうな感じがする…。うちのアパートのゴミ置き場ではないので、本来ならば町内会長さんなどに確認を取るべきなのだろうが、誰も見ていないのをコレ幸いと、私は力いっぱい底板を引っ剥がした。右手で思い切り底板を持ち上げて、びっくりオメメで私を見上げている仔猫を左手でむんず!と掴み、そのままバタン!と底板を落とし足でドカドカドカと踏み収めて逃げたcoldsweats01 (良いコの皆さんは真似をしたらいけませんよ)

写真は件のゴミ置き場。
Img_7915

仔猫はこの隙間に居た。
Img_7914

お留守番してもらうためチビちゃんをキャリーに入れ、保護したばかりの白い仔猫は洗濯ネットに入れて抱えて獣医さんへ向かう。午後3時ちょっと前のこと。その日は午前中はそうでもなかったが、午後から急に晴れて暑くなり、白い仔猫を保護したときは相当気温も高くなっていたハズ。チビちゃんを保護してから6時間以上も経っている。心配なのは脱水症状だった。心なしか元気もないような気がするし…。

「また拾っちゃいました!」と言って動物病院へ駆け込むと、午前中に診てくださった獣医さんに「また拾ったの?!(笑)」と吹き出されてしまったcoldsweats01

チビちゃんのときと同じように、検温、検便、触診、内診、耳ダニ点検、ノミとり、埃で黒く汚れた鼻の穴の掃除も念入りに(笑)
同じようにワクチンの説明も受けるが、獣医さんは「たぶんこの人は貰い手を捜すだろう。」と思ったのだろう、「これくらいの年頃はかわいいので、貰い手もつきやすいから、早く探した方がいいですよ。」と言われた。とりあえず「ハイ。」と答える。いや、実際にこの時点では、私も貰い手を捜すつもりでいたのだ。それがなぜに二匹ともお迎えすることになったのかは、また別の機会にconfident
心配していた脱水症状の方は、なんとかギリギリで大丈夫だったが、お水を多めにあげてくださいねと言われる。お会計はチビちゃんのときと同じく無料で、盲導犬の募金箱に募金をしておしまい。

家に帰ると、一人ぼっちにされたチビちゃんが不安で「みょー!みょー!」と、外まで聞こえる大声で鳴いていた。その声を聞いた途端、洗濯ネットの白い仔猫が同じく大きな声で鳴き出した。白い仔の声を聞いたチビちゃんも、更に大声で鳴き出す。洗濯ネットから出した白い仔猫を、キャリーに入れてあげると、二匹ともまるで再会を喜び会うようなはしゃぎ様で、抱き合って物凄い勢いでお互いを舐め合い、ゴロゴロと喉を鳴らし始める。何分も何十分も舐め合っていた。そしてそのまま絡み合って眠ってしまった。その様子を見て改めて「やはりこのコたちは姉妹だったのだなぁ…。」と思い胸が熱くなる。生き別れになった肉親と再会するってこういうことなのだなぁ…と。

午後に保護した白い仔猫。
Img_7765

絡み合って眠る姉妹。
Img_7763

あ、起きた(笑)
Img_7757

獣医さんからもらった試供品のキトンフードをふやかしてあげると、白い仔の方もちゃんと食べた。その時にお水も飲んだ。少し落ち着いたので旦那にメールをする。「また一匹拾ったよ。」と。そして会社を早目に上がって、ペットショップで仔猫用のフードを買って来てくれるように頼む。とりあえずユーカヌバを。フェレ友さんでユーカヌバをあげている人が居たので、なんか良さそうな気がして。ついでに夕飯も買って来てくれるように頼む。「仔猫から目が離せないし~。」というのは言い訳で、疲れちゃって夕飯の支度なんてとんでもないぜ!っていう感じだったのでcatface

クローゼットの中には、のんちゃんのケージが大小2つあった。仔猫の大きさから言うと小の方でも充分なのだが、小のケージは使い込んだ思い出深いケージなので使わせたくなかった。仕事から戻った旦那に真っ先にやってもらったのは、大のケージの組み立て。ケージの中に入ってもらわないと、なんだか落ち着かなくて。ちっこくてどっかに入り込んじゃったら見失ってしまいそうなんだもんshock

底にバスタオルを敷き、その上にペットシーツを敷いて仮トイレに。暗がりがあった方が落ち着くだろうと思い、のんちゃんの段ボール別荘を入れてあげる。のんちゃんのものを使わせることには、正直もっと抵抗があるかと思ったが、平気で提供出来るのが自分でもちょっと意外だった。緊急事態とは言え、そういうとこ、案外と割り切れるんだね、私って、みたいな…。

件の段ボール別荘の中の姉妹。ちっちゃかったな~gawkImg_7787

見知らぬ人にさらわれて(笑)、見知らぬ家に連れて来られたわりには、落ち着いていたのが不思議。二匹で居るという安心感もあったのか?

最初に保護した仔猫は、とにかくちっちゃかったので、仮の名前も早々に「チビちゃん」となる。安易な発想だが、あくまでも仮の名のつもりだったので…ね。
後から保護した白い仔は、二匹並べてみるとチビちゃんよりも一回りくらい大きかったし、面倒見が良かったので「お姉ちゃん」と呼ぶことにする。

チビちゃんと私。
Img_7786

旦那とお姉ちゃん。イヤそうな顔(笑)
Img_7795

結局この夜は、旦那にケージの横で添い寝してもらうことにする。私はもうヘトヘトでぐっすり眠りたかったので別室で。狭い家なので別室で寝てても、何が起きているのかしっかりと把握出来るし。
チビちゃんは、我が家で過ごした最初のこの夜、夜中に何度も寝言を言った。ぐっすり眠っていたのに、突然大きな声で「みょーーーーっ!」と鳴くので慌てて ケージを覗き込むと、起きて鳴いているのではなく寝たまま鳴いているのだ。一度だけでなく二度も三度も同じことが繰り返された。怖い夢でも見たのだろう…。そしてチビちゃんが寝言を叫ぶたびに、お姉ちゃんが起きて、チビちゃんのことを安心させるように、ずっと舐めてあげるのだった。その様子を見ながら、旦那と私は涙した。怯えて寝言を叫ぶチビちゃんも不憫だし、そして自分も心細いハズなのに、チビちゃんが叫ぶたびに起きて慰めるお姉ちゃんのやさしさに心を打たれて。

奇しくもこの日は金曜日。金曜日は我が家にとって特別な意味を持つ曜日だ。のんちゃんが亡くなったのが金曜日だったので。毎週金曜日には亡くなった時間にお経をあげているのだが、この夜、お経をあげながら、私はのんちゃんに尋ねた。『のんちゃん、猫拾っちゃったけど、どうしよう?』と…。

ほんと、夢中で保護したものの、内心は…

どうしようーっ?!sadsweat01

だったので。

明けて月曜の朝、洗濯物を干していたら、一緒にチビちゃんを保護して下さった方がうちの前を通りかかって声をかけてくださったので、あの日の午後にもう1匹も保護して今二匹いることを報告した。すごくびっくりなさっていた。キャリーに入れて外へ持ち出し、二匹の様子も見ていただいた。
その方も捨てられた仔猫は2匹居たことをご存知だったので、もう1匹はどうしたのかと気になっていたそうだ。私が「ゴミ置き場の下に居て、午後2時頃に盛んに鳴いていたんですよ。」と言ったら、自分もあの日は家に居たのに、朝チビちゃんの鳴き声は聞こえたのに、午後のお姉ちゃんの声はまったく聞こえなかったと言っておられた。確かにあの時の仔猫の声は本当に小さくて微かで、窓の閉まった家の中で聞こえたのが不思議なくらいだった。でもなんとなく耳元で聞こえたような、そんな気もするのだ。
怖いし不安だしお腹が空いたし眠いし暑いし…と、朦朧としてくる意識の中で、お姉ちゃんは最後の力をふりしぼって、あの時鳴いたのかも知れない。ご近所の誰にも聞こえなかったというその声を、私が聞くことが出来て本当に良かった。

| | コメント (6)

2010年7月22日 (木)

猫娘たちの術後の傷痕

7/12に抜糸をしたので、今日で10日経った。
抜糸したばかりの頃は、まだ傷痕と縫い穴は残っていて、剃られた毛もまだほとんど生えて来ていなかった。しかし動物の回復能力たるや素晴らしいもので、みるみる傷痕は消え、腹毛も復活して行く。写真は、今日の猫娘たちの術後痕。

まずはチビちゃん。
Img_5369

お次はおねいちゃん。
Img_5374

もう、開きようがないっていうくらい、傷痕はピッタリとくっついている!縫い穴なんてもう無くなってしまったし。ちなみに真ん中の線みたいなヤツは、術後痕ではなく体の中心線ってやつ。人間にもありますでしょ?私もヘソの下の辺りにある。私のはちょっとナナメってるので、中心線じゃないやん!?と、子どもの頃から気になっていたりするのだがcatface
(親には、「ヘソ曲がりだからだ~smile」とからかわれた。どんな親ぢゃcoldsweats01

昨夜と今夜も、ハーブボールをお風呂に入れてハーブ風呂にした。これがまた気持ち良いのなんのって!happy02heart04
一度蒸したハーブボールは虫が湧いたりするので、あまり長くは保存しておけない。夏場は特に。なので思い切ってお風呂に入れて、エキスを絞りまくった。お風呂がすごい色になるくらい絞りまくった(笑)
ついでにお風呂の中で、ふくらはぎとか肩とかお腹とかを、ぐりぐりぐりっとマッサージ。これまた気持ち良いlovely
贅沢三昧な二日間の風呂だった!明日の分はもうナイのが残念だ~。

| | コメント (2)

2010年7月21日 (水)

至福のハーブボールマッサージ

昨日は、お気に入りのサロンで、タイ式・ハーブボールマッサージを受けて来た。

タイの伝統医療の一つであるハーブボールマッサージ。大小合わせて4個の蒸したハーブボールを使用し、センを刺激しながらハーブのエキスを皮膚に浸透させていきます。ただ押し当てるだけでなく、数種類のテクニックを組み合わせ、身体をほぐしていきます。ハーブの薬効成分、温熱効果で体の機能を高め、筋肉の張りの緩和、リンパの流れや血行を促進し、老廃物排泄や冷えの改善につながります。(サロンのHPより抜粋)

我が家と同じ市内にあるサロンで、以前は電車で3駅の場所にあったのだが、6月に移転して1駅手前になった。いずれもサロンまでは駅から徒歩7、8分の距離なので、私にとっては駅前のようなものだ(笑)
以前は一戸建てを借りてその一階でサロンを営んでいらしたのだが、一戸建ての新居を建て晴れて自宅サロンをオープン!まだ20代の若いカップルなのに偉いなー!
新しいサロンへ行くのは初めてだったから、ウキウキしながら行って来たのだが、昨日は暑いのなんのって、Tシャツは絞れるほど汗だくに、化繊のクロップドパンツは腰から尻の下の部分まで汗が染みて、まるでおもらししたみたいに見えて大変なことにshock
この時期、綿以外は履くもんじゃないなcoldsweats01

自宅サロンは、濃い茶を基調にしたとてもシックでアジアンモダンな作りで、自宅兼の場合一番苦労なさるところは「生活感」をいかに見せない(出さない)ようにするかではないかと思うのだが、見事に生活感が出ていなかった。自宅の一室がサロンと言うよりも、建物全てがサロンみたいな雰囲気で、すごく贅沢な気分を味わえた。
玄関入ってすぐのお部屋が受付で、ハーブティーをいただきながらコンサルテーションを受ける。ローズヒップのハーブティーは入れ点てだが、この暑さの中、熱いままでは辛いだろうけど冷たい飲み物は体を冷やすのでそれも良くないということで、氷が1つだけ浮かべてあってほどよく冷めていた。その後、そこでサロン着に着替えて二階のお部屋へ案内される。サロン着は、オイルトリートメントの場合はガウンだけだと思うのだが、私はハーブボールなのでハーブボール専用のサロン着で、タオル地で出来たチューブトップとパンツの上下。移転前はタオル地のタンクトップとパンツだったのだが、ハーブボールは衣服の上からではなく、出来るだけ皮膚に直接当てて成分を浸透させたいということで、チューブトップに替えたのだそうだ。スナップが付いていて、背中のときはパチンパチンと外せて便利。チューブトップ上下の上にガウンを羽織って二階のトリートメントルームへ。着替えたものは籐製の衣装ケースに入れて仕舞えるのだが、中にやはり籐製の小物ケースも入っていて、そこに指輪や時計など小物が仕舞えるようになってい た。こういう細やかな気配りが嬉しいんだよね~。その衣裳ケースはセラピストさんが抱えて、トリートメントルームまで持って来てくださる。
チューブトップとはコレ → チューブトップセット

トリートメントルームは、室内に洗面台もあってすっごいオシャレ。こういうのって、お部屋の中にあっても違和感ないのね。まぁ、オシャレな洗面台だからなんだろうけど。もし宝くじが当たって家を建てることがあれば、ゲストルームにはこういう洗面台を置きたいものだと思い、思わずガン見してしまった(笑)
最初に足浴を5分ほど。以前はどのトリートメントメニューでも同じ足浴だったのだが、サロンを移転してからは、メニュー毎に足浴のタイプも変えたそうで、バリニーズはフラワーフットバスで贅沢なシャワージェルを使った足の洗浄付き、アロマとタイ古式は自宅で栽培しているフレッシュハーブを浮かべたフットバス、私が受けるハーブボールとアーユルヴェーディックはマッサージに実際に使うハーブボール(小)を浮かべ、その成分もしっかりと染み出たハーブ色のお湯の気持ち良いフットバスだった。足浴の種類まで変えているサロンはそうそうナイのでは?

ハーブボールマッサージの内容については、さっきサロンの説明を引用させてもらったので省くけれども、私が受けたのは、30分のウォーミングアップマッサージ付き120分のコースで、最初にセラピストさんが手のひらを使って、脚から順番に圧を加えてストレッチ的マッサージをして下さる。全身がほどよく緩んだところでハーブボールマッサージへ。最初に体を緩めることで、よりハーブエキスの効果も高まるそうで。
セラピストさんは会話も上手だし話題も豊富で面白く、お互い動物好きということで動物の話でいつも盛り上がり、楽しいおしゃべりに花が咲く…のだが、いつも後半、あまりの気持ち良さに、私はだんだんと朦朧として来て眠りに落ちる。昨日もやっぱり寝てしまったcoldsweats01
体の背面から始まるのだが、横向きもまだ大丈夫、でも仰向けになって手のマッサージに入る頃には大体瞑想状態に。半分起きていて「ああ、気持ち良いなぁ~lovely」とは思っているのだけど、目を開いていてもつぶっているような感覚で、トロ~ンとしてしまって脱力して口が動かない。たまによだれを流してしまったり、鼻が「ンガッ!」と鳴ってしまうので、やっぱ寝てるよな(笑)
最後は小さなハーブボールで頭と顔をマッサージして下さるのだが、これが一番好きで一番気持ち良い。顔とか頭ってマッサージしてもらう機会ってここでしかないもの。ハーブボールの大きさと圧加減と温かさが絶妙で、ほんっと気持ち良いのだsleepy

マッサージが終わったら、そのお部屋で自分の服に着替えて、最初に通された受付ルームへ。終わってからいただくハーブティーは、その日の症状に合ったものを出して下さる。私は疲れや百日咳で免疫力が落ちているし血行もイマイチなので、レモングラス、ジンジャー、エキナセアのブレンド。ハーブボールの中身もほとんどジンジャーなんだけど、内からも外からもジンジャーで、私ってばつくづくしょうが好き。実際に料理にもよくしょうがを使うし。ハーブボールは大小全部で4つ、お土産にいただける。お風呂に浮かべて良し、足浴に使って良し、蒸して体に当てて良しで、2回程使えるのだ。蒸し器ないので濡らしてからラップに包んでレンジでチン。腰とか肩とかお腹に当てる。目の上も気持ち良い。お風呂に浮かべるとハーブバス。但しターメリックが入っているのでお湯が黄色くなるから、残り湯が洗濯に使えなくなる。すぐに排水しないと浴槽も黄色くなるので注意(笑)

夕食は、ツナとしめじの冷製パスタとエビの唐揚げとビールと缶チューハイ。本当はマッサージを受けた後は刺激物は避けたいところだが、あまりにも暑かったし、旦那が翌日(つまり今日)休みなので休みの前日はつい飲んでしまうんだな。食事の後で日記を書こう!と思っていたら、10時に眠くなってしまい、そのまま就寝。で、今日になってしまったというわけ。次の日書いたら「日記」じゃないよなcoldsweats01

話は変わって、旦那が先週の土曜日に出だったので、今日は代休だった。電車で20分くらいのところまで、函館ラーメンを食べに行き(味は普通だった。)、駅ビルをウロウロしてバナナものを探したら、バナナタルトとバナナスコーンを発見!行って良かったlovely

帰宅前に地元のデパートに寄り、やっと誕生日プレゼントを買ってもらった!一ヶ月前だよ、私の誕生日…。プレゼントは、猫のジェームスン。本当の名前は知らないけれど、なんとなくこのコたちを見かけてからずっと「ジェームスン」という名前が頭に浮かんで離れなくて。白とグレーと黒のジェームスンが居て、それぞれコスチュームも違うのだけれど、私がお迎えしたのはネイティブアメリカンなコ。小物もちゃーんとソレっぽくて凝っている。ちなみに出逢ったのはレイジースーザンね。

Lscat01

Lscat02

Lscat03

| | コメント (0)

2010年7月19日 (月)

のんちゃんの夢を見た

今日は久々に、のんちゃんの夢を見た!どれくらいぶりだろう。半年ぶりくらいかも知れない。以前はしょっちゅう見ていたのに、本当にたまにしか見られなくなってしまったのが淋しくて淋しくて…。
のんちゃんの夢に限らず、夢自体をめったに見なくなってしまった。夢も見ずに毎日眠りこけている状態。1年ほど前までは、夢を見ないことの方が珍しかったのにな。

夢の内容は、いつものんちゃんの夢を見るときの定番、平和な日常の夢。ただ一緒に暮らしている、という夢。今日見た夢には、親しいフェレ友さんが2人登場した。1人は男の人で、たわしで猫バスを作ってのんちゃんに持って来てくれた。もう1人はフェーブさん。フェーブさん読んでる?今日の明け方の夢に、あなた登場したよ~(笑)
のんちゃんは、カリポリとフェレ飯を食べていて、その食べっぷりを見たフェーブさんが、「のんちゃん、以前よりもよく食べるようになったんじゃない?!」と言うので、私は「そうなんだよねー!だから見てよ!すっかり太っちゃってムチムチニュージーみたいでしょう?」と答え、みんなで「丸々だねぇー!」と言いながら笑った、というただそれだけの夢。のんちゃんは、コテコテのセーブルなので、ニュージーっぽく見えたことは一度もないのだけれど、夢の中ののんちゃんは、確かにニュージーと言われてもおかしくない様子だった。セーブルって言うよりもパンダカラーに近い毛色になってたしdelicious

夢の中はいつも平和。みんな笑ってるし、のんびりしていて穏やかな時間が流れている。だから目覚めたとき、とても穏やかな気持ちになっている。そしてしばらく時間が経つと、『あのまま夢の中の住人になれたらいいのになぁ…』と、ちょっとだけ思うconfident

写真は、2003年の7月の のんちゃん。2004年7月の写真はナイ。その年の6月に、のんちゃんはお空の住鼬となったから…。
1060665_img

| | コメント (2)

2010年7月18日 (日)

レイクタウンへ行って来た

梅雨が明けた途端にこの暑さwobbly
それでも掃除はせにゃならんので、今日は早い時間から旦那と一緒に掃除に取り掛かる。暑いときこそテキパキ動いて、サッサと終わらせないと途中でイヤになってしまうので、黙々と掃除に取り掛かる。梅雨の間は明け方に冷え込むこともあったので、出したままにしてあった毛布も洗って干して仕舞うことにする。洗濯機を回すこと4回!だが、4回目の洗濯物を干すときには、1回目に干した洗濯物は乾いていた。さすが夏!happy02

10時半には掃除を終え、シャワーを浴びて汗を流し、着替えて越谷レイクタウンへと向かう。レイクタウン内のリカーショップでは、旦那が好きなスコッチウィスキーがちょっと安く手に入るので買ってあげようと思いましてね。せっかくスコッチを買いに行ったのに、結局買ったのは「山崎」だったけど(笑)

ちょうど昼時だったので、ランチをしようと思ったが、連休ど真ん中だしバーゲン中だしで、いつもの土日の倍は混んでいる感じのレイクタウン。どこで食べようかと一通り見たものの、結局どこも混んでいるのは同じこと。フードコートも満員。
とにかく並んでみようかね、と決めたお店はとんかつ茶づけすずや さん。表のメニューの「和風ネギ塩かつ定食」が美味しそうだったので。まずはビールで乾杯。私は生中をいくつもりだったのに、旦那が瓶ビールでいいよね、と言うので瓶ビールに。控え目だなぁー。夏は朝からドカーン!と生中飲まなきゃ!beer
結局頼んだのは、旦那が和風ネギ塩かつ定食のヒレ、私がお店の看板メニューのとん茶(とんかつ茶づけ)の大サイズを。普通サイズに200円プラスすれば、かつが1.5倍だそうで。

20100718

写真手前がとん茶で奥が和風ネギ塩カツ定食。どちらも揚げ物なのにサッパリ感のある味わい。ネギ塩ってとんかつにも合うんだなー!とん茶のとんかつの味付けは、だし醤油かカラシ醤油か選べて、私は普通のだし醤油を。キャベツも普通のとんかつの千切りキャベツではなく、茹でた温かいキャベツが乗っていた。上の黒いのは海苔。半分くらいこのまま食べて、残りの半分をご飯に乗せてお茶をかけて下さい、と説明を受ける。出汁ではなく、ほうじ茶(番茶?)だった。本当のお茶漬けね。お茶漬けにしたところの写真も撮っておけば良かったな。とにかくお茶漬けにすると、とんかつなのにサッパリしてしまう、という不思議な味だった。ふやけるので、かなりお腹が膨れる。普通サイズでも大丈夫だったかもcoldsweats01

お腹がふくれちゃったので、3時のスイーツを食べる余裕はなく、その後、ちょっとだけブラッとして帰宅。バナナパンを見つけたけど以前買ったような気も…。出口付近にあるミニストップでもバナナスイーツをゲット。帰りに地元のパステルで濃厚バナナプリンもゲット。バナナものが結構見つかって、のんちゃんに良いお土産が出来たheart04
が!ペットショップではピン!と来るものがなく、猫娘たちへのお土産はナシ。また今度ということで許して~!sad
レイクタウンの中にnaturalizer という靴屋さんがあるのだが、このブランドの靴はとても私の足に合っていて履きやすく、バーゲンですっごく安くなっていたのでさんざん悩んだ挙句、結局買わずに帰って来てしまったのが悔やまれるーーーっ!色といい、形といい、すっごくかわいくてイイ感じだったのに!履き心地も良かったのに!今夜夢に出そう(笑)

うちの近所でも、なっと蝉が鳴き始めた。ニイニイゼミかな?でもやっぱり去年よりも鳴き声が少ないと思う。木が少なくなると、こんなにも影響が出るものか…。なんか淋しいなぁーthink

| | コメント (4)

2010年7月17日 (土)

お好み焼き屋さんへ

三連休の予定だったのだが、旦那は土曜日に出勤となった。ちぇっthink
でもどんなに仕事がつまっていても、夕方の5時で上がらなきゃならないということで、それならせっかくだから、夕飯は外で食べよう!ということになり、駅前のお好み焼き屋さんへ。
生中で乾杯し、お好み焼きの豚玉ともちチーズ焼き、ベビースターもんじゃを食べ、ライムサワーとグレープフルーツサワーを飲み、〆に鉄板やきそばの大盛りを頼んで終了。4,000円也。美味しかったし満腹でしあわせhappy02

| | コメント (0)

猫娘たちとの出会い/チビちゃん編

のんちゃんとの出会いについては先日書いたので、今日は猫娘たちとの出会いを。
猫娘たちは、捨て猫だった。2009年7月9日、母猫ごとうちの近所に捨てられたらしい。母猫に仔猫3匹。3匹の仔猫のうち1匹は、捨てられてすぐに亡くなってしまい、誰かがご厚意で弔ってくれたそうだ。母猫は、見ず知らずの土地に連れて来られて放されたものだからパニックになり、仔猫を置いてすぐにどこかへ行ってしまったとのこと。そりゃーそうだ。母猫だって不安だもの、自分の身を守るのに精一杯だ。これからも自分の力で生き残って行かなきゃならない。母猫が去った後、仔猫たちもびっくりしてちりじりバラバラになったらしい。私はそれを、チビちゃんを救出するときに一緒に力になって下さった近所の方から聞いた。

2009年7月9日の夜、仕事帰りの旦那が、近所のお宅の物置の前に仔猫が居るのを見つけた。電話で呼び出されたので出て行くと、ちっこい仔猫が「みょー!みょー!」鳴いていた。うちの周りには野良猫、半ノラ、外猫も多く、その物置の横のアパートは、敷地内で半ノラを飼ってる?と思われるひともいて、またそこのお宅の猫が仔猫を産んだんじゃないのか?ということになり、勝手に連れ帰るのもどうかと思ったので、その時はその場を立ち去った。
しかし、どうにもこうにもその仔猫のことが気になり、私は眠れなくなってしまった。外からあの「みょー!みょー!」という鳴き声も聞こえて来るような気がする。こういうのは、一度見てしまったらおしまいだ。横で高いびきをかいて寝ている旦那が恨めしい。自分で見つけて来ておいて、外の仔猫のことが気にならんのか、コヤツは?!と思ってムカつくbearing
まんじりともせず夜が明けて、旦那は仔猫の話もせずに何事もなかったかのような顔で仕事へ出かけて行き、窓の外からは、やっぱりあの仔猫の声が聞こえて来るような気がして悶々とするばかり。ずーっと鳴いていたということは、母猫が近くに居ないのではないか?捨てられたのではないか?とますます気になり、いてもたってもいられずに、思わず外に飛び出してしまった。「私は保護するだけ、保護するだけ、飼い主さんを見つけてあげればいい!」と自分に言い聞かせながら…。飼うのはイヤだった。のんちゃんが旅立って5年、別れが辛過ぎて、もう二度と動物は飼うまいと思っていたから。
外に飛び出した私が仔猫を探してウロウロしていると、私と同じように辺りをウロウロしている人が居る。ご近所の方だった。ワンコとニャンコを飼っていること、我が家のベランダに遊びに来るクロちゃんという猫の飼い主さんだということも知っていた。でも私は知っていてもあちらは私のことは知らない。一人では心細かったし、なんだかその方も仔猫を探しているような気がして思い切って声をかけた。「仔猫の声が聞こえますよね…?」と。やはりその方も仔猫のことが気になって、探しに出て来たとのこと。そして前述の、母猫と共に捨てられた仔猫の話をしてくれた。
とりあえず、前の晩に旦那が仔猫を見つけた物置のところへ行ってみようということになり二人で向かうと、やっぱり「みょー!みょー!」という声が聞こえて来た。物置のところには、その物置の持ち主の奥さんも出て来ていた。やはり鳴き声が気になって心配で…とのこと。
かくして仔猫は、物置とブロック塀の間の5cmあるかないかの隙間に隠れて鳴いていた。手を差し入れて掴める余裕もない隙間だったので、もっと狭かったのかも知れない。物置の持ち主の奥さんがあさがお用の棒を引っこ抜いてくれて、その棒でクロちゃんの飼い主さんが物置の向こうから追い出し、私が捕まえることになった。棒に追われて出て来た仔猫は、やはり前夜に見た仔猫で、私が手を伸ばして捕まえても「シャーッ!」と怒ることもなくおとなしく捕まり、怖がることもなかった。体もあまり汚れていなかった。「やっぱり誰かに飼われていたとしか思えないわよね…。」と物置の奥さんが。
うちの周りは野良猫?外猫?が多い。首輪をしていない猫は、飼い猫なのか野良猫なのか区別がつかない。野良猫の可能性は高いとは思うけれども。お2人の話によると、猫好きな人が多い地域と知ってのことか、わざわざこの辺りに猫を捨てに来る人が後を絶たないのだと。猫好きな人たちは捨て置けないので、それぞれ保護して自分で飼ったり里親さんを探したりしているのだそうだ。個人で行う行動には限界があり、それでは追いつかないほど捨て猫は多いのだと。
うちのアパートは町内会にも入っておらず、ご近所の人に名前を名乗る機会は今までなかったので、私は名前を名乗り、あそこのアパートの一階に住んでいるもので、今日はご協力いただき本当にありがとうございました、仔猫の将来が決まったらまた改めてご報告させていただきます、と挨拶して別れた。

写真は、仔猫が隠れていた物置の隙間。
Img_7918_2

当日はいっぱいいっぱいでそんな余裕がなかったが、5日後にふと思い立ち写真を撮りに行った。カラスや他の野良猫に襲われることが心配だったが、もともと備わった知恵と生き残ろうとする強い意志とが成せる業か、この狭い隙間に隠れ、仔猫は一晩生き延びた。掴み挙げた仔猫は、軽くて小さくて、簡単に片手に納まった。仔猫は私の胸に身を寄せて、何を思ったのだろう?これで一安心だと思ったのかな?それとも、とんでもない人に捕まっちまったい!と内心焦っていたのかな?coldsweats01

写真はちょっと暗いけど、ストロボで脅かしたらかわいそうなので。
Img_7737

最初に保護したこの仔が、後にチビちゃんと呼ばれることになる。鼻の穴の中は真っ黒。ちょっと目もショボショボしている。部屋はとっ散らかっていて安全性に欠けるので、とりあえずのんちゃんが使っていた段ボール基地にペットシーツを敷き、その上に私のTシャツを乗せて入ってもらう。のんちゃんが使っていたペットシーツの残りを、捨てられずに残してあったのがこんなところで役に立つとは…。
チビちゃんを保護したのは朝の8時半。帰って来てからネットで近所の獣医さんの開院時間を調べたら、10時からとなっていたのでしばし自宅で待機。チビちゃんは箱から飛び出すことなく、中で遊んだり転がったりしていた。その後、ふと財布にろくにお金が入ってないことを思い出し、チビちゃんをキャリーに入れて銀行まで一緒に連れて行く。途中で、猫の保護活動をしていることで有名なお宅の前を通りかかったら、偶然にもそのお宅の奥さんが出て来て、すかさず私のキャリーを見て声をかけて下さったので、しばし立ち話。
仔猫が捨てられた状況を話し、朝保護したことを話し、これから動物病院へ連れて行くんだけどお金がないのでまず銀行へ行くという話をし(笑)
私が連れて行こうと思っている獣医さんの評判など教えてくださり助かった!さすが保護活動してらっしゃるだけに情報量が豊富だし信頼度も高い。私の気持ちを知っているかのように、「もしそのコの貰い手を捜すのなら力になるから、その時は遠慮なく家へいらっしゃい!」と言って下さり思わず泣きそうになる。別れを告げて銀行に。銀行内でも「かわいい猫ちゃん!」と言って、ロビーの案内係の女性がキャリーを覗き込む。チビちゃんの薄汚れた様子から想像がついたのか?「保護なさったの?」と聞かれ「そうなんですよー。」と手短に状況を説明する。銀行を出るときに「良かったわねー!」とチビちゃんに話しかけて下さった。なんとまぁ、次から次から私を励ますかのように、猫好きな人が現れるもので、その時はなんとも思わなかったけれども、今こうして改めて思い返せば、ちょっと不思議な気もする…。何気に誰かに後押しされていたかのような展開だなぁと…confident

銀行から出たときには、ちょうど獣医さんに向かえば良い時間になっていて、そのまま獣医さんへ向かう。獣医さんの扉をくぐるのも私には大きなチャレンジで怖かったけども、そうも言っていられないので思い切って扉を開けて中へ突入!さほど待つこともなく、やさしそうな看護士さん、男性1名、女性2名に案内され診察台へ。院長先生は、ヒゲの生えたちょっとクマっぽい雰囲気の男性で50代中頃か。仔猫を保護したことを説明すると「この時期、多いですからねー…。」と。検温、検便、触診、内診、耳ダニ点検、ノミとりを手際よくパパパッと終え、問題ないとのこと。「せっかくのかわいい顔も、これじゃあ台無しだ~。」と、真っ黒な鼻の穴もキレイにしてくれた。一週間後にワクチン接種を、と説明を受けパンフレットを渡される。その時に「仔猫用フードのサンプル4種類」と「仔猫をお迎えしたときの手引書」などが入った『仔猫お迎えパック』のようなものも一緒に渡された。お会計を済まそうと思ったら、「お代はいりませんよ。受付のところに置いてある盲導犬の募金箱にお気持ちだけでいいですから入れていって下さい。それでいいですから。」と言われる。こちらの動物病院では捨て猫や捨て犬を保護したときの診察代はいただかない、ということになっているらしい。思わず何度も何度も「ありがとうございました!」とおじぎをしてしまうcoldsweats01

家に戻ったチビちゃんに、獣医さんからもらったフードをふやかしてあげてみると、「んまんま」と言いながら食べた。水も飲んだ。獣医さんへ行く途中でシッコもしたので尿がつまっている、ということもなさそう。その後、安心したのか、これまたのんちゃんの段ボール別荘(先に入っていたのとは違うやつ)の中に潜り込み寝てしまった。

Img_7746

私もチビちゃんの寝顔を見ているうちに眠くなり、そのまま一緒にウトウトしてしまったのだが、仔猫の鳴き声が聞こえて来たような気がして飛び起きる。チビちゃんが不安で鳴いているのかと思ったのだが、チビちゃんは相変わらずスヤスヤとよく眠っていた。昨夜のチビちゃんの鳴き声が耳に焼きついて離れないのかな?などと思って、また私もウトウトしかけたのだが、やっぱりどこからか鳴き声が聞こえて来るような気がしてならず窓を開けて確認すると、やっぱり外から鳴き声がするではないか!朝一緒にチビちゃんを保護してくれた方が、「仔猫は3匹居て、1匹はすぐに亡くなった。」と言っていたことを思い出す。3匹居て1匹亡くなって1匹我が家に居るということは、残りの1匹はまだ外に居るということだ。あの鳴き声はその仔に違いない!1匹保護してしまえば、それが2匹になろうと3匹になろうとたいして変わりはない。そう思ってまた私は外へ飛び出した。午後の2時半頃のことである。

おねいちゃん編につづくcoldsweats01

| | コメント (2)

2010年7月16日 (金)

10日経った

ブログを始めてから今日で10日経った。8年間続けたHPにピリオドを打ってブログに引っ越して来た。ほとんどのひとに知らせずに、当日突然「止めます」宣言して閉じてしまった。
私は泣き虫なので、閉じたときには感情が昂ぶって、すごく泣くかな、と思ったらそうでもなかった。猫娘たちが避妊手術したばかりだったので、猫娘たちの方に気持ちが向いていたからということもあったかも知れない。もっと時間が経つと淋しくなるかな、と思っていたら、やっぱりそろそろ淋しくなって来た。特に金曜日は、私にとって思い入れの深いテキストをアップしていた曜日なので、よけいに切ない。書きたいことはもっとあったんじゃないのか、という想いと、いやもうあれで充分だという想いの狭間で揺れる。
レンタルサーバは借りたままで、一年後まではそのままそこに残しておける。最初は一年経ったら解約して消してしまおうと思っていたが、一年後にはまた違うカタチで復活させてもいいんじゃないか、というような気持ちに変化して来た。考える時間はたっぷりあるし、ゆっくり考えてみようと思う。

結局、今日は、うちの周りでは、蝉は鳴かなかった。やはり木が少なくなったからだろうか。昨日、実家の周りでは、あんなに賑やかだったのにな。同じ県なのに、なんか変な感じ。

白髪も目立って来たので、午後にヘナで白髪染め。自宅deヘナ。自宅でなら、サロンで染める5分の1の値段で染められるし。もう何度もやっているので手馴れたもんだ。前回からメーカーを換えてみたのだが、染まりが良いような気がする。乾かしたらどんな感じになるかな。ヘナは少し時間が経った方が発色を感じられるので、明後日くらいが本当の色になる。赤毛が好きなので赤毛に染めたいと思うこともあるが、ケミカル染めは苦手なので、このままヘナ染めを続けることになるんだろうなー。
髪も伸びて来たのでカットするかどうするか悩み中。一応候補の髪型は決まっていて、ネットのヘアカタログからプリントアウトして用意してある。でも、裾を縛れるくらいまで伸びているので、夏は縛った方が楽だし涼しいような気もして悩んでいる。かわいいシュシュでも買って、縛って夏を過ごそうかな。

来週は、大好きなタイ式トリートメントの予約を入れた!久しぶり~。今回はタイのハーブボールマッサージを受けることにした。全身120分のコース。30分のウォーミングアップマッサージも付いている。咳がまだ少し残っているので、タイのハーブの恩恵を受けたくて、ハーブオイルとハーブボールのどちらにしようか悩んだので、セラピストさんに相談したら、まずは全身を緩めましょうということでハーブボールのマッサージに決まった。
タイハーブは、しょうががメインなので、血行が促進されるし免疫力アップも期待出来る。香りも私好みで心地よい。大小4つのハーブボールで、顔や頭もマッサージしてくれる。帰りは、そのハーブボールをお持ち帰りさせてくれるというサービス付き。ハーブボールはお風呂に入れてもいいし足浴に使ってもいいし、もちろんサロンと同じように、蒸して温めて体に押し当てても良い。蒸し器がないので、塗らしてラップにくるんでレンジでチンして使っているが、本当は蒸し器で蒸した方がいいんだろうな。ハーブボールマッサージは、とても気持ちよく、いつか時間とお金に余裕があったら習ってみたい。サロンを開くためではなく、家族にやってあげるため。旦那に教えて私がやってもらうため(笑)
長年アロマテラピーを愛用して来たが、アロマの精油は猫厳禁ということで(猫は精油の成分を解毒出来ない。)猫娘たちをお迎えしてから、アロマテラピーは封印してしまった。でも、タイ古式マッサージに出会い、タイハーブに出会い、今ではタイ式トリートメントは私の生活に欠かせないものとなった。良い出会いに感謝感謝heart04
しかもねぇ、サロンのセラピストさんが美人さんでねぇ!lovely
美人なだけでなくて、とても感じの良い方。もちろん腕も!勉強熱心で、タイにも惚れ込んでいるので、しょっちゅうタイに渡っては、タイの技術を学んで来てサロンに取り入れている。彼女から聞くタイの話は、とても魅力的で、気付くと私もすっかりタイの虜に。飛行機嫌いを克服して、いつかタイへ行ってみたいairplane

| | コメント (0)

2010年7月15日 (木)

蝉が鳴いた!

今日は実家へ行って来た。百日咳を患っていたので実家へ行くのは二週間ぶりか?!そろそろお米が切れるというので力仕事の要請(笑)
親父は5月から体調を崩し、まだなんとなく体調不良を引き摺っている状態。幾ら口うるさく言っても病院へ行かないし、無理矢理連れて行くわけにも行かないので本人任せだが、いよいよ行く気になって来たようだ。「来週行こうかなー。」とか言っている。「行こうかなー。」ではなく「行く!」と断言して欲しいものだthink
一緒にお昼を食べ、テレビを見ながらお湯を沸かしていた。何か音がするなぁ、やかんの音かな?と思ったら、蝉だった!蝉かー、蝉が鳴き始めたか。ミク友さんは、昨日、初蝉の声を聞いたと言っていたので、うちの方もそろそろかしら?と思ったら今日鳴いた。いよいよ梅雨明けかな?
ちなみに、自宅に戻ったら、自宅の周りではまだ鳴いてなかった。実家は埼玉の中央よりも北寄り、うちは埼玉南部で東京に接している。南の方が早く鳴きそうなものだけど、どうなんでしょ?!最近、うちの周りでは、雑木林や畑をつぶしてアパートを建てるのが流行っているようで、周囲に木々や草地がググッと減ってしまった。そのせいもあるのか。蝉が停まる木は、ほとんどなくなってしまった。明日はうちの周りでも、蝉の声が聞けるといいのだが…。

今日は、術後初めての猫娘たちだけのお留守番。うちは、お留守番のときは、ケージに入ってもらっている。ちっちゃい頃からケージに入っているので、おとなしく入っていてくれる。そこそこ広さもあるし、籠れる段ボールも入れてあるので、出たり入ったりノビたり丸くなったり出来る。真冬は二匹一緒に段ボールの中でおしくらまんじゅう状態になっているが、さすがに暑い時期はそれぞれ別の場所で寛いでいることが多い。外出の際は、別の部屋のエアコンをドライにしている。ケージが置いてある部屋にエアコンをかけるのは、冷え過ぎるような気がするので。
二匹とも良いコでお留守番出来たようだ。もう、ほぼ術前の暮らしぶりに戻ったと言っても大丈夫かな。ただ、おねいちゃんを抱き上げたときに気付いたのだが、左のふくふく(髭の生えたふくらんだところを我が家では「ふくふく」と呼んでいる。)の付け根の部分が、小さく丸くハゲているではないか!shock
たぶん足で掻いたときに毛が抜けちゃった、ということなのだと思うが、心配なので明日病院へ連れて行って診てもらおうと思っている。小丸ハゲの部分は、皮膚が赤くなっているということもなく、傷付いて血が出ているということもなく、ただ毛が抜けちゃった、という感じなのだが…皮膚病とかでなければいいのだが…今朝、コーミングしてあげたときにはなかったので、お留守番しているときに掻いてハゲたか、バトルして引っ掻かれたかどちらかかなー…。痛がる風もないので大丈夫だとは思うのだけれどもbearing

「ハゲって言うニャー! by-ねい」
Img_5305

| | コメント (2)

2010年7月14日 (水)

キャットベース

7/10は、猫娘たちのお迎え記念日だったので、
プレゼントを色々と購入したのだが、
その中にキャットベースというのがある。
猫娘たちも無事に抜糸が済んだので、
昨夜旦那に組み立ててもらった。

このまま贈り物に出来そうなオシャレなパッケージ。
猫娘たちも興味深々。
フェレもそうだが、猫も箱モノに弱い(笑)
Img_5192

部品は大体こんな感じ。
取説を見ながら組み立てる旦那。
Img_5255

しかし当の猫娘たちは、
本体よりもパッケージの方が気になる(笑)
Img_5259

まぁ、大体そんなものだよね(笑)

出来上がりはこんな感じshine
Img_5308

段ボールで出来た猫専用のジャングルジムって感じ。
キャッチフレーズがいい!
「こわして遊ぶ猫用おもちゃです。」と書いてある。
猫ってほんと段ボールが好き。
乗ったり隠れたり爪研いだり寝転んたり飛び込んだり。
そして最後は潰すかボロボロにして決壊するか(笑)
でもボロボロになり決壊するということは、
とてもお気に入りだったということで、
そういうおもちゃは、おもちゃ冥利に尽きるよねconfidentheart04

このキャットベース、小中大と3サイズあって、
猫娘たちは小柄な方なので中サイズを購入。
大きな猫ちゃんや男の子は、大がオススメ。
上部には爪とぎも付いていて、
この爪とぎは組み立てる前から、
猫娘たちの取り合いになる(笑)
入口用の体サイズの丸穴と四角穴、
下部には隙間サイズの横穴も開いていて、
中に隠れた猫がそこから手を出して、
外にいる猫にちょっかい出したり。
もちろん人間がその隙間から
じゃらしや手のひらを差し入れたりしてもGOODgood
ところどころに小さな穴も開いていて、
じゃらしを差し込んだり、
ヒモが垂らせたりするようになっている。
至るところが猫好みcatheart04
猫娘たちも出たり入ったり隠れたり昇ったりして
遊んでいたが、そういう写真はピンボケなので
載せられないのが残念weep

今日も暑いのに仲良くお昼寝。ぎゅうぎゅうで落ちそうcoldsweats01Img_5247_3

キャットベースのHP 『CATBATH』

| | コメント (4)

2010年7月13日 (火)

抜糸後の猫娘たち

抜糸の済んだ猫娘たちは、アッと言う間にいつもの調子を取り戻し、昨日は夕方からドッタンバッタン、追いかけっこにバトル、それプラス個々に弾けまくって、ひっちゃかめっちゃかな状態になった。二週間じっとしていたストレスを爆発させるような弾けっぷりだった。傷口が開くんじゃなかろうか?!とハラハラしたが、弾けたい気持ちもわかるので、じっと見守る。
はしゃいでもはしゃいでも、騒いでも騒いでも、足りないようだった。すぐに疲れる様子だったが、ちょっと休んでは、また弾ける、の繰り返し。体温は上昇し、鼻と耳と肉球が真っ赤になってもまだはしゃぐ。「去勢や避妊手術の後では性格が穏やかなになる。」という話は聞くが、その逆もあるようだ。猫娘たちの場合、お転婆度数が激しくアップした。でもその様子は本当に楽しそうで嬉しそうで、見ている私もしあわせな気持ちになったconfidentheart04
Img_5198 一緒に並んで、ベランダの外をじっと眺めていたりもした。エリザベスカラーが付いていたときは、じゃまで出来なかったのだろう、こうして仲良く並んでいる姿を見るのも二週間ぶり。なんだか胸がいっぱいになって涙が出て来た。術前は当たり前のように、毎日見ていた猫娘たちの様子だったので。また以前のように、こうしてその様子を見ることが出来るというのは、なんてしあわせなことなんだろう…。
昨夜は、旦那は仕事のトラブルで、帰りが遅かったのだが、旦那が帰るまで、ずーっと弾けたままだったので、旦那も帰って来てから久々に、二匹の弾ける様子が見られて嬉しかったに違いない。カラーもジャマにならずにダッコも出来るし。でもお腹の傷が気になって、まだちょっとダッコするのは怖かったりするcoldsweats01
以前のペースを取り戻したので、もう一緒の布団では寝てくれないかなぁと思ったら、チビちゃんはいそいそと寄って来て、ピタッと寄り添うように寝てくれた。おねいちゃんは、もともとがマイペースなタイプなので、自分のお気に入りの場所でノビノビ寝ていた。カラーが付いていたときも、おねいちゃんは甘えて寄ってくる夜もあれば、自分の落ち着く好きな場所で好きに寝ていることも多かったので。猫娘たちが好きにしてくれるのが一番だよねwink
今朝も元気いっぱい弾けまくりの猫娘たち。朝からたっぷり運動して、今は一緒にお昼寝している。
Img_5231 キャットタワーのこの位置は、猫娘たちのお気に入りのお昼寝スポットで、狭くてぎゅうぎゅうなんだけど、それでもピッタリ寄り添って寝ることが多い。冬場だけかと思ったら、暑い日も変わらず(笑)
こうやって密着して寝るのも二週間ぶりのこと。お互い交互に毛づくろいをしてあげたりなんかして、嬉しそうだ。カラーがあるときは、毛づくろいしてあげられなかったし、こうしてくっついて寝ることも出来なかったものね…。
姉妹猫って幾つになっても、ずっとこうして仲良しのままなのかな?ラブラブカップルのように仲良しだ。
Img_5235 動物って眠くなると体温が上がるので、鼻だの耳だの肉球だのが赤身を増す。その様子がまたかわいくて、見てるとメロメロになるんだな。これは猫に限らずフェレも同じ。のんちゃんも眠くなると、鼻のピンクに赤味が増して、つぶった目の周りなんかもほのかに赤くなり、すごくかわいかった。動物の寝顔って、無垢なんだな。人間の赤ちゃんもそうだと思うけど。この寝顔を守るためなら、何でもしてあげるからねっ!と、飼い主をその気にさせる魔力が寝顔にはあると思う(笑)
Img_5238 おねいちゃんは、お姉ちゃんだからか?よく写真のように、チビちゃんを抱くように眠っていることがある。これは不思議なことに、チビちゃんにはあまり見られないポーズだ。チビちゃんは、おねいちゃんに手を回して寝るのではなく、片足乗っけたり頭乗せたり、時には体ごと乗せて押しつぶしたり、そんなことが多い。あまりまわりに気を遣わないと言うか、天真爛漫と言うか…。これは人間で言うところの姉と妹のキャラの違いか?!(笑)
あ、でも、今見たら、おねいちゃんがチビちゃんの上に乗っかって押しつぶしてた!まぁ、たまにはそんなこともあるようで(笑)

避妊手術を無事終えて思うのは、こうして1つずつ何かを乗り越えていくたびに、絆は深まって行くのだなぁということ。飼い主として特に何か出来たかと言えば、私はただただ心配して、ワタワタオタオタしていただけなので、猫娘たちには頼りなかったかも知れないけど、一緒にワタワタ騒いだおかげで、なんとなく一緒に乗り越えた感があって。「3人一緒に避妊手術を受けたよネ!一緒に頑張った私たちは仲間よネ!」みたいな、仲間意識が強くなったような連帯感が生まれたような、そんな気がしてならない。本当は飼い主として、猫娘たちの信頼度がアップした!とかいう方がいいのかも知れないのだけれどもcoldsweats01

| | コメント (4)

2010年7月12日 (月)

そう言えば...

猫娘たちの抜糸のときに獣医さんが言ったひとこと。
「これからは、このコたちの精力は、すべて食欲に変換されますので、くれぐれも食べ過ぎ、太り過ぎには注意してあげてくださいね!」
ピンポイントで言いえているのだが、なんとなくおかしくて、病院を出てから「くすっ」と笑ってしまったdelicious

| | コメント (2)

猫娘たちの抜糸無事終了!

本日は、待ちに待った猫娘たちの抜糸の日。朝、記念に、エリザベスカラー最終日の記念写真を撮る。傷の写真も何枚か撮った。
腰の調子がイマイチの私、二匹抱えて行けそうになかったので、旦那に二時間だけ遅刻してもらって一緒に行ってもらった。このところ遅刻させてばなりなので申し訳なく。私一人でもなんとかなるように、軽量ソフトキャリーの購入を検討中。カートは無理だな。音や揺れに弱い猫娘たち、アスファルトの上を押して行ったら、振動と音で参っちゃいそうbearing
一応候補は肩からナナメ掛け出来るタイプとリュックのタイプ。重たいおねいちゃんは胸にリュックで抱え、軽いチビちゃんをナナメ掛けして手で支える、そんな感じでどうだろうかと思っている。
さて、肝心の抜糸だが、手術も初経験の私は抜糸も初めて。ドキドキで臨むも、アッと言う間に終わってしまい、ちょっと拍子抜け。まずは、おねいちゃんから診察台に引っくり返され、旦那が後ろ足私が前足を補綴し、先生がパチパチパッチンと糸を切ってピンセットでつまんで抜いてヨーチンで消毒しておしまい。その後、先生がやさしく抜け毛を梳いてくださった。「術後服を着ていてずいぶんと抜け毛も溜まっていたことでしょう。」と声をかけてもらうおねいちゃん。カラーと術後服が取れてすっきりしたのか、みるみるオメメキラキラ度数がアップしたような気がするshine
お次はチビちゃん。チビちゃんは術後服がイヤでイヤで、ストレスのあまりあちこち舐めまわしていたため、どうやら傷口にも少し届いてしまっていたようで、かさぶたが出来ていた。抜糸のときにかさぶたを除去したら少し出血。かさぶたのところだけ、まだ傷もふさがっていなくて、抜糸して大丈夫なのかと思ったら、その程度なら自然治癒力でなんとかなるとのこと。自分の傷や血は全然平気な私だが、自分以外の誰かの傷や血はとっても苦手なので、チビちゃんの傷口を見たら、「ひぃ~!」と思ってクラクラしたshock
チビちゃんもカラーと術後服が取れて身軽になって嬉しそう。チビちゃんの抜け毛も梳いてくださった。その時に術後服をイヤがって大変だった話をすると、先生が「ミケは神経質なコが多いですからね、こういう普段と違うことをされるのをすごく苦手とする場合も多いですね。」とおっしゃっておられた。ミケは社交的でやんちゃなイメージがあったが、確かに先生のおっしゃる通り、チビちゃんはとても神経質なところがある。おねいちゃんはそれに比べるとかなりおおらかだ。持って生まれた性格は弱点ではなく「個性」として、そのコに合った環境を整え、生きやすいようにしていってあげたいなぁと思う。
抜糸代は手術費に含まれているので、本日はお会計ナシで帰宅。
帰宅した猫娘たちは、キャリーから飛び出して、しばらく部屋の中をぐるぐる周っていた。旦那と私がそばに寄ろうとしたら逃げられた。「また捕まって病院へ連れて行かれたら、たまったもんじゃにゃい!pout」と思ったんだろうな、たぶんcatface
Img_5163 おねいちゃんは真っ先に、パイプハンガーの中へ逃げ込み隠れる。この場所は、おねいちゃんのお気に入りの隠れ家。知らない人が来ると、いつもここに隠れる(笑)
洋服がいっぱい下がっていて、うまい具合いに姿が隠せるので、落ち着くのだろう。
そのうち各々好きな場所で毛づくろいを始めた。カラーがじゃまで好きなように毛づくろい出来ず、不便な想いをしていたもんね、やりたかろう!やりたかろう!思う存分やりたまえ!!!毛を沢山飲み込んで吐いたっていいからね!猫は毛づくろいが仕事のようなもの。それが二週間Img_505802近く満足に出来なかったのだから、相当辛かったに違いない。
写真は、傷口が写っていて、苦手な人もいるかも知れないので、一応ハート印で加工。生々しい傷は見えないのでご安心を!
二匹とも少し経ったら落ち着いたので、近くに寄って私も毛づくろいのお手伝い。お迎え記念日に購入したピロコームが大活躍。取れる取れる見事に取れる!しかも後処理が楽!コーミングがあまり好きではないおねいちゃんでさえ、気持ち良さそうに梳かれてた。「結構Img_508202_2なお手前ですにゃん♪」とか言ってそう(笑)
猫娘たちは自分の姿を見られないので、自分にも相手にもエリザベスカラーが付き、術後服を着せられているというのは、わからなかったんだと思う。お互いが、お互いのことを「にゃんで首の周りに変な輪っか付けて、変なアミアミ服を着てるんだにゃん?!」と思っていたに違いない。遠巻きに観察しては、眉間にシワを寄せて怪訝な顔で見ていたから。今日、久々に元の姿に戻り安心したようで、毛づくろいしてあげたり、猫キック&パンチをくらわしたりしていました。二週間ぶりにジャレ合う姿を見て、私もやっとホッとした次第。でも、うっかり傷口に爪が引っかかって、裂けちゃったりしたらイヤだから、バトルはまだほどほどにして欲しいなぁcoldsweats01
少しでもストレスの軽減になればと、この二週間、いつもにも増して甘やかして来たおかげで、猫娘たちは以前よりも私たちに甘えてくれるようになった気がする。夜も暑くても必ず毛布に乗って来て、旦那か私の体のどこかに必ず自分たちの体をくっつけて寝るようになった。その方が安心だったのかな、なんて思うのだけれど、それって自惚れ?カラーが取れるまでの限定だったのかな?!だったら淋しい~~~crying
二週間、たくさんの方たちから応援&励ましをいただいた。ヘタレな私がなんとかここまで頑張れたのも、みなさんのおかげ。本当にどうもありがとうございましたheart04heart02heart04

| | コメント (6)

2010年7月11日 (日)

近所に讃岐うどんの店がオープンした

先週、近所(徒歩10分くらい)に、丸亀製麺 という讃岐うどんのお店がオープンしたので、お昼を食べに行って来た。うちの辺りは「武蔵野うどん」というつけ麺タイプのうどんが有名で、当然そういうお店は多いのだが、讃岐うどんはあまりなく、何年も前にはなまるうどん もつぶれちゃったし、地元で讃岐うどんが食べられるのは久々のこと。
オープンしたばかりなので混んでいるだろうなぁとは思っていたけれど、案の定混んでいて、お店の外まで人が溢れて並んでいたcatface
並ぶのが苦手な旦那と私。普段なら諦めてしまうところだが、残念なことにその辺りには、他にご飯が食べられるようなお店はナイし、せっかくだから並ぶことに。
諦めて列から出てしまう家族も何組かいたが、これが意外にも、思っていたよりも随分と早く順番が周って来た!30分は待つかなぁと思っていたら、たぶん10分も待たずに済んだのではないかと思う。たまには諦めずに並んでみるのも良いものだ(笑)
厨房はシステム化されていて効率よく動いているし、店員さんも沢山居て役割分担もしっかりしているようだ。注文した商品も手際よく出され会計もスムーズ。人材教育も行き届いているのねん、きっと。
今日は蒸し暑かったので、冷やしぶっかけ(大)と釜玉(大)にちくわ天、ナス天、エビ天、かしわ天をプラスし、割引券\200分を使ってお会計。
混んでいるので席は大丈夫かしら?と思ったら心配には及ばず、そこそこ空席が。カウンターに並んでシェアしながら食べた。久々の讃岐うどんは、うまかったhappy01heart04
相変わらず外まで並んでいるので、のんびり写真なんか撮るのも申し訳なく思え、夢中で食べてそそくさと退散。なので残念ながら写真はナシbleah
代わりに猫娘たちの写真でも。昨日記念に、旦那と私とそれぞれダッコして写真を撮った。写真は二枚とも旦那と撮ったもの。下手に顔を塗りつぶすとなんか怖いなcoldsweats01
一年目の記念日は、エリザベスカラー付き。これはこれで良い思い出になるんだろうなぁconfidentImg_506001Img_506401

| | コメント (9)

2010年7月10日 (土)

猫娘たち 祝・一周年

今日は、猫娘たちを保護した記念日だ。一年前の今日、猫娘たちは我が家にやって来た。保護したときの経緯は長くなるので、またの機会にするとして。Img_7757
写真は、一年前の猫娘たち。旦那が帰って来るまでケージが出せなかったので、キャリーの中で過ごしてもらっていた。捨てられて怖い想いをして、知らない人に保護されて知らないお家に連れて来られたというのに、この態度のでかさ!(笑)
保護したときには、もう離乳していて、病院でもらった試供品のカリカリをふやかしたご飯をパクパク食べて、トイレもちゃんと自分で出来たし、自立心旺盛な手のかからない仔たちでした。
一年目のお祝いに、『56nyan』さん で、色々とプレゼントを購入した。ギリギリになってしまったので当日に間に合わないかと思ったが、なんと素早い対応をして下さって今日の午前中に届いた!感謝感激lovely
Img_5049 一番下の箱がキャットベース。
要するに段ボールで出来た猫のジャングルジムみたいなもの。爪とぎもあるし、大小の穴が開いていて入ったり出たりすることが可能で、小さな穴にはネコジャラシなんかを差し込んだり出来るしくみになっている。結構じょうぶらしいので、上に乗ることも可能。まだ猫娘たちはエリザベスカラーを付けているので、これはカラーが取れてから作ってあげようと思っている。出来上がりのお写真は、また後日。
左に写っているのは、ご飯の器。そろそろ小さい頃に使っていた食器では不自由そうになって来たので、ショップのオススメの食器を購入してみた。やっぱりこれも使うのはカラーを取ってからになりそう。右上のは、ピロコームと言って、被毛ケアブラシ。毛換わりの季節なので、毎日ごっそり毛の抜ける猫娘たち。いつも『ねこのきもち』のふろくに付いて来たラバーブラシでブラッシングしているのだが、それでは追いつかないくらい抜けるようになって来たので、むだ毛がバッチリ収穫出来るという噂のコームを買ってみた。これは早速明日の朝のブラッシングタイムで使ってみようと思う。楽しみだ!右下のは首輪。首輪は本当の目的ではなく、迷子札を付けるために首輪に慣れてもらわねばならないのだ。今回、エリザベスカラーには意外と早く慣れたので、これなら首輪もイケるかも?!と思い、ショップオリジナルの成猫用はじめて首輪に挑戦!色白のおねいちゃんにピンク、ちょっとミケのチビちゃんに赤の予定。付けてみて様子を見ながら変更になるかも?ただし、これも抜糸が済んでからのことになるので月曜日以降のお試しとなる。せっかく一年目のお祝いに色々と揃えたけど実際に今日使ったものは何ひとつナイと言う…これでいいのか?!coldsweats01
Img_5037 一年間、アッと言う間だったような気もするし、まだ一年しか経っていないのかと思うほど濃厚だったとも言える。
いずれにしても思うのは、ただ1つ。我が家に来てくれてありがとう!我が家の子になってくれてありがとう!天国から自分の娘たちを私に託してくれて、のんちゃんありがとう!一年間、色んなかたちで私たちを支えてくれた方たちありがとう!ありがとう。ありがとう。ただそれだけである。

| | コメント (4)

2010年7月 9日 (金)

テレビを観る猫

今日は普通の日記を書いてみよう!

我が家の猫娘たちは、6月末に避妊手術を受け、来週の月曜日が抜糸予定。まだ術後服を着て、カラーをつけている状態だ。カラーはいいとして、この術後服が問題で…という話は、長くなるのでまた後日にして。

Img_5036_2 写真の猫は、チビちゃん。
『いいとも』をつけたら画面に釘付けになっていた。今日のゲストはマツコ・デラックスさんだったのだが、もしかして好み?
彼女(彼)が出ている間中、ずーっと観ていた。引っ込んじゃったら、ぐに~っ!とノビをして段ボールから下り、お気に入りの座椅子の上に移動して、今はお昼寝中。
猫は、テレビをよく観るが、大体が動くものに反応する。フィギュアスケートとか大好き。今日のマツコ・デラックスさんは、別に画面の中で激しく動き回っていたわけではなく、ただタモリさんとトークしていただけの静かな画面だったのに、何故にこんなにガン見してるんだろう?!
改めて聞きます。チビちゃん、マツコ・デラックスさんのことタイプなの???

| | コメント (4)

2010年7月 8日 (木)

のんちゃんとの出会い

昨日の七夕は、雨ザーザーだったと言うのに、今日は、皮肉なくらいよく晴れている…。天の采配も意外と行き届かないものだなぁ。
私は「のんちゃんと夢で会いたい!会わせて!」とお願いしたが、残念なことに夢に登場したのは、のんちゃんではなく唐沢寿明さんだった。まぁ、唐沢寿明さんは大好きなのでいいのですがね…。嬉しいっちゃー嬉しいんですがね…。でも、のんちゃん…ブツブツブツthink

七夕は、我が家の結婚記念日でもある。私は、連れ子再々婚なので(連れ子=フェレットのんちゃん)、結婚と言うよりは、3人が家族になった日ということで、我が家では「家族記念日」と呼んでいる。今年で10年。結婚は3度目だが、10年持ったのは初めてで、続けば続くものなのだなぁ…と感心してみたり。だが、10年目の家族記念日は、旦那は仕事で残業、私は百日咳に罹患中なので外食をするわけにもいかず、一人冷やし中華を作ってチルチルと食べた。侘しいものだなぁcatface

さて、我が家のメンバー紹介でもしておこうかな。

まず筆頭は、なんと言っても「のんちゃん」。のんちゃんは、困り眉(のような毛の模様)が自慢なセーブルのフェレットだ。フェレットには、「ファーム」という出身地を特定するものがあるのだが、のんちゃんはファームが不明である。まだフェレットが今ほどメジャーじゃなかった頃の話なので、フェレットを扱うショップも、結構いい加減だった時代だ。出身ファームも誕生日もわからないフェレットは多く、のんちゃんも、お店の人に尋ねても調べてもらっても、結局わからず仕舞いだった。

出会ったのは、1996年の11月20日のこと。当時私は、今の旦那ではなく2番目の旦那と暮らしていて、出張が多い人だったので、留守の間私が退屈しなくて済むようにと、フェレットを飼うことを思いついたらしい。その少し前、2人でよく行くホームセンターで、とても人懐っこくかわいいフェレットに出会い、私がものほしそうにケージの前に釘付けになっていたのを覚えていたのであろう。動物の飼育禁止の県営住宅だったので、「鳴かない」からバレないだろうとも思ったのだろう。
仕事から戻った元旦那に連れられてホームセンターのペットコーナーへ行き、「好きなのを選びな!」と言われびっくりした。好きなのを選べって言われても、とてもじゃないけど選べなかった。コーナーには、たぶん20フェレくらい居たと思うのだが、どのコもかわいくどのコも「自分をお迎えしてくれー!」と、アピールしているように見えた。その中から1匹だけ選んで連れ帰るのは、私にはなかなか勇気のいることだった。連れて帰れないコに申し訳ないではないか!もしお金が山ほどあるのなら、たぶん全員連れ帰っていたと思う。「全員連れ帰れないのなら、1匹も連れて帰りたくないよ!」というのが本音だった。
いつまでもうだうだ悩んでいるので、業を煮やした元旦那が「このコでいいじゃん!」とケージの中からつまみ出し、私にひょいっ!と渡したのがのんちゃんだった。のんちゃんは、他のコたちよりもちょっぴり小柄で、他のコたちに踏み潰されたりして、ちょっとかわいそうな感じの気弱なコだった。

まだフェレットを飼うことになったという実感も沸かないまま、売り場の人に「ハイ、このコですね!」と確認され、空気穴が数箇所空いた小さな段ボールに入れられたのんちゃんが手渡された。ホームセンターのオープニングセールで、なんとフェレットは1匹\9,800で、オマケにプラスチックのキャリーまで付いていた。ケージがいるということで、アイリスのケージ(61×45×42 \4,980)も一緒に買った。そして私は、まだボーッとしたまま車に乗り込み帰路へ着いた。
家へと向かう車の中で、私は腿の上に乗せたのんちゃんの入った小さな段ボール箱を開いてみた。そこにはちっちゃくて、黒々として、ふわふわの生き物がいて、クリっとしたまんまるの目が、じっと私を見ていた。その途端、私の目から涙がこぼれた。腿の上の段ボールはあまりにも軽く、のんちゃんはあまりにも小さく頼りなく儚げで、「私が守ってあげるからね...」そう思った。私は、今日のこの日のために生まれて来たような、このコに会うために生まれて来たような、そんな気がしてならなかった。胸がいっぱいだった。「やっと会えたね!」のんちゃんは私をじっと見つめながら、そう言っているようだった。

今でもそのときのことを思うと泣けてくる。私はこのコを託されたんだと思った。のんちゃんのフェレットのお父さん、お母さんから「人間のお母さんとして、このコをよろしくね。」と、託されたんだと思った。責任は重大だし、命の重さは計り知れない。だけど私はしあわせだった。のんちゃんと出会えた喜びは、何ものにも変えがたい。

2006112002

| | コメント (4)

2010年7月 7日 (水)

ブログデビュー

人生、曇りのち雨、ときどき晴れ。
ならば、晴れた日には、虹をかけるように生きたい。
そんな気持ちで名付けたブログタイトル。
…とかなんとかカッコイイこと言って、
要は、ただの日記です。
長いので、通称「ハレニジ」で。
ニックネームの「coussinet(クシネ)」は、
フランス語で「小さなクッション」=「肉球」のこと。
肉球大好き!lovely

天使イタチ1匹(のんちゃん。1996.11.20~2004.6.11)、
猫娘2匹(2009.07.10自宅近くで捨て子姉妹猫を保護。
チビちゃん=ちょっとミケ ねいちゃん=白)、
旦那1頭(7つ年下)と暮らすお気楽中年専業主婦。
かに座。いつもB型さんから「B型でしょ?」と言われるA型。ひとりっ子。

生き物全般が好きで、特にニョロっとした動物
(イタチ、オコジョ、カワウソ、猫など)にそそられる。
平日は、猫娘たちのお世話に追われ、
休日は、旦那と一緒に野鳥観察を楽しむ。日本野鳥の会会員confident

好物は、うなぎとバウムクーヘン。タイ料理もいいな。

読書が趣味だが、読むのは、動物が登場する児童書や絵本ばかり。
子どもの頃からずっと愛してやまない作品は、
『ナルニア国ものがたり』と『コロボックル物語』
最近のお気に入りは、リチャード・バック氏の『フェレット物語』シリーズ。

山下達郎氏のファン歴、今年で30年。他のボーカルは、あまり聴かない。
クラシックでは、鈴木大介氏のギターが好き。甘くて切なくて艶っぽくて
恋心がくすぐられる。鬼怒無月氏とのデュオ「THE DUO」もイイね!

が~まるちょばが大好き。
彼らの生のステージを観てから、人生観が大きく変わった。
見えないものが見えるってすばらしい!想像力ってステキ!

フィギュアスケートを観るのが好き。
私の中の永遠のスタアは、キャンディちゃん(フィリップ・キャンデロロ)と
伊藤みどりちゃん。今夢中なのは、ジョニたん(ジョニー・ウィアー)。
彼の愛らしさと独特の表現力に惹かれます。

好きな癒しは、ヨガとタイ古式マッサージとせんねん灸。
ヨガは最近サボりぎみ。

天使イタチのんちゃんの好物は、バナナなので、バナナものを収集中。
スイーツやらグッズやら色々と。

ぬいぐるみが好き。特にクマさん(テディベア)が好き。

私のことを既にご存知の方も、初めての方も、
どうぞよろしくお願いイタチますheart04

今日は七夕、みなさんの願い事が叶いますようにshine

| | コメント (10)

トップページ | 2010年8月 »