« 近所に讃岐うどんの店がオープンした | トップページ | そう言えば... »

2010年7月12日 (月)

猫娘たちの抜糸無事終了!

本日は、待ちに待った猫娘たちの抜糸の日。朝、記念に、エリザベスカラー最終日の記念写真を撮る。傷の写真も何枚か撮った。
腰の調子がイマイチの私、二匹抱えて行けそうになかったので、旦那に二時間だけ遅刻してもらって一緒に行ってもらった。このところ遅刻させてばなりなので申し訳なく。私一人でもなんとかなるように、軽量ソフトキャリーの購入を検討中。カートは無理だな。音や揺れに弱い猫娘たち、アスファルトの上を押して行ったら、振動と音で参っちゃいそうbearing
一応候補は肩からナナメ掛け出来るタイプとリュックのタイプ。重たいおねいちゃんは胸にリュックで抱え、軽いチビちゃんをナナメ掛けして手で支える、そんな感じでどうだろうかと思っている。
さて、肝心の抜糸だが、手術も初経験の私は抜糸も初めて。ドキドキで臨むも、アッと言う間に終わってしまい、ちょっと拍子抜け。まずは、おねいちゃんから診察台に引っくり返され、旦那が後ろ足私が前足を補綴し、先生がパチパチパッチンと糸を切ってピンセットでつまんで抜いてヨーチンで消毒しておしまい。その後、先生がやさしく抜け毛を梳いてくださった。「術後服を着ていてずいぶんと抜け毛も溜まっていたことでしょう。」と声をかけてもらうおねいちゃん。カラーと術後服が取れてすっきりしたのか、みるみるオメメキラキラ度数がアップしたような気がするshine
お次はチビちゃん。チビちゃんは術後服がイヤでイヤで、ストレスのあまりあちこち舐めまわしていたため、どうやら傷口にも少し届いてしまっていたようで、かさぶたが出来ていた。抜糸のときにかさぶたを除去したら少し出血。かさぶたのところだけ、まだ傷もふさがっていなくて、抜糸して大丈夫なのかと思ったら、その程度なら自然治癒力でなんとかなるとのこと。自分の傷や血は全然平気な私だが、自分以外の誰かの傷や血はとっても苦手なので、チビちゃんの傷口を見たら、「ひぃ~!」と思ってクラクラしたshock
チビちゃんもカラーと術後服が取れて身軽になって嬉しそう。チビちゃんの抜け毛も梳いてくださった。その時に術後服をイヤがって大変だった話をすると、先生が「ミケは神経質なコが多いですからね、こういう普段と違うことをされるのをすごく苦手とする場合も多いですね。」とおっしゃっておられた。ミケは社交的でやんちゃなイメージがあったが、確かに先生のおっしゃる通り、チビちゃんはとても神経質なところがある。おねいちゃんはそれに比べるとかなりおおらかだ。持って生まれた性格は弱点ではなく「個性」として、そのコに合った環境を整え、生きやすいようにしていってあげたいなぁと思う。
抜糸代は手術費に含まれているので、本日はお会計ナシで帰宅。
帰宅した猫娘たちは、キャリーから飛び出して、しばらく部屋の中をぐるぐる周っていた。旦那と私がそばに寄ろうとしたら逃げられた。「また捕まって病院へ連れて行かれたら、たまったもんじゃにゃい!pout」と思ったんだろうな、たぶんcatface
Img_5163 おねいちゃんは真っ先に、パイプハンガーの中へ逃げ込み隠れる。この場所は、おねいちゃんのお気に入りの隠れ家。知らない人が来ると、いつもここに隠れる(笑)
洋服がいっぱい下がっていて、うまい具合いに姿が隠せるので、落ち着くのだろう。
そのうち各々好きな場所で毛づくろいを始めた。カラーがじゃまで好きなように毛づくろい出来ず、不便な想いをしていたもんね、やりたかろう!やりたかろう!思う存分やりたまえ!!!毛を沢山飲み込んで吐いたっていいからね!猫は毛づくろいが仕事のようなもの。それが二週間Img_505802近く満足に出来なかったのだから、相当辛かったに違いない。
写真は、傷口が写っていて、苦手な人もいるかも知れないので、一応ハート印で加工。生々しい傷は見えないのでご安心を!
二匹とも少し経ったら落ち着いたので、近くに寄って私も毛づくろいのお手伝い。お迎え記念日に購入したピロコームが大活躍。取れる取れる見事に取れる!しかも後処理が楽!コーミングがあまり好きではないおねいちゃんでさえ、気持ち良さそうに梳かれてた。「結構Img_508202_2なお手前ですにゃん♪」とか言ってそう(笑)
猫娘たちは自分の姿を見られないので、自分にも相手にもエリザベスカラーが付き、術後服を着せられているというのは、わからなかったんだと思う。お互いが、お互いのことを「にゃんで首の周りに変な輪っか付けて、変なアミアミ服を着てるんだにゃん?!」と思っていたに違いない。遠巻きに観察しては、眉間にシワを寄せて怪訝な顔で見ていたから。今日、久々に元の姿に戻り安心したようで、毛づくろいしてあげたり、猫キック&パンチをくらわしたりしていました。二週間ぶりにジャレ合う姿を見て、私もやっとホッとした次第。でも、うっかり傷口に爪が引っかかって、裂けちゃったりしたらイヤだから、バトルはまだほどほどにして欲しいなぁcoldsweats01
少しでもストレスの軽減になればと、この二週間、いつもにも増して甘やかして来たおかげで、猫娘たちは以前よりも私たちに甘えてくれるようになった気がする。夜も暑くても必ず毛布に乗って来て、旦那か私の体のどこかに必ず自分たちの体をくっつけて寝るようになった。その方が安心だったのかな、なんて思うのだけれど、それって自惚れ?カラーが取れるまでの限定だったのかな?!だったら淋しい~~~crying
二週間、たくさんの方たちから応援&励ましをいただいた。ヘタレな私がなんとかここまで頑張れたのも、みなさんのおかげ。本当にどうもありがとうございましたheart04heart02heart04

|

« 近所に讃岐うどんの店がオープンした | トップページ | そう言えば... »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ウギっこも、飼い主公認の病院でのお泊まり後から、甘えん坊になったよ!
膝上に乗ってきたり、寝るときは近くにいないと叫ぶくらいにww
だから、自惚れじゃないと思う!!
まぁ、うちはビリー君がいてくれたから、1〜2時間程度出かけても大丈夫だったんだけどww

投稿: イオナ | 2010年7月12日 (月) 18時00分

bananaイオナっち
そっかー!
ウーギーたんも病院帰りから、
甘えん坊になったんだね?!lovely
じゃあ、猫娘たちもそうかな?!happy02
今夜、それがハッキリするよね。
寝るのが楽しみなような怖いような(笑)
王子は、ウーギーたんにしても、
息子っちのことにしても、
子守り上手って言うか、あやし上手って言うか、
天才的だね!さすが王子。
もしかして夜中うちらが寝静まった頃も、
王子やのんちゃんが来てくれて、
猫娘たちの相手をしてくれているのかな?heart04

投稿: クシネ | 2010年7月12日 (月) 18時56分

それが…
ビリー君の話題は息子氏からあまり…sweat01sweat01
お相手してくれるのはのんちゃんばかりみたいcoldsweats01
しーちゃんのこともよく話してくれるんだけどね〜

投稿: イオナ | 2010年7月12日 (月) 20時02分

bananaイオナっち
ありゃまcoldsweats02
いったい王子はどこのコを
あやしているのだ?!coldsweats01
息子っちの担当は、
しーちゃんとのんちゃんなのかな~?
もしかしたらフェレ保育士さんには、
ちゃんと決められた担当があるのかもねflair
もしや、じゃあ、やっぱり我が家で
猫娘たちの面倒をみてくれているのは王子?!lovely

投稿: クシネ | 2010年7月12日 (月) 20時51分

二匹とも、お疲れ様!

抜糸のトコ読んでたら自分がした抜糸を思い出してアイタタタってなっちゃったcoldsweats01

二週間のカラーから解放されて今はウキウキでしょうねnote

傷に障らぬ程度に暴れまくっちゃえ〜note

何はともあれ、ママ共々お疲れ様でした。

投稿: 優斗 | 2010年7月12日 (月) 23時30分

banana優斗さん
応援&励ましどうもありがとねーheart04
うひゃー!優斗さんは抜糸の経験あり?!
動物はどうやら抜糸のときに騒ぐコは
あまりいないらしく、痛みはないというのが
通説らしいのですが、優斗さんのお話を聞くと
人間はやっぱり痛いのねsad
私、大騒ぎしそうcoldsweats01

カラーが取れたら大騒ぎ!
昨日と今日とでこんなにも違うのか?!ってwobbly
傷口が開くんじゃないかと、
ドキドキハラハラしながら見てるよ~bearing

投稿: クシネ | 2010年7月12日 (月) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近所に讃岐うどんの店がオープンした | トップページ | そう言えば... »