« またまたレイクタウンへ | トップページ | コロの新盆 »

2010年8月12日 (木)

思い出多き友人宅

今日は友だちのお家で飲み会だった。もうすぐ彼女は新しいマンションへ引っ越す。あのマンションで暮らして17年余。私も何度もおじゃまして、何度も愚痴を聞いてもらったり励ましてもらったり、ただただ飲んだくれたり、ベランダ越しに花火見物をさせてもらったりと、思い出多きマンションなので、最後にどうしてもマンションにお別れを言いたかった。引っ越し前の忙しい時期と知りつつ、わがまま言っておじゃまさせてもらった。

心配された台風は、多少強風の影響はあったものの、電車が停まったり遅れたりすることもなく、問題なく行くことが出来た。

彼女のマンションへは、久々にバスで向かった。(違う駅から歩いても行ける。帰りは歩いた。)バスの窓から見る景色も、この17年間で随分と変わった。マンションも増えたし、ショッピングモールも出来ていた。

彼女との縁も19年、来年は20周年だ!キリが良いので一緒に旅行へ行くとか、都内のホテルで個室を借り切って豪華なディナーを食べるとかしてみたいものだなぁhappy01heart04

酒盛りの用意は全てその友だちが整えてくれていて、至れり尽くせりでおもてなししてもらってしまった。おしかけておいて、おもてなしされる私って…!coldsweats01

まずはビールと枝豆lovely
20100812_01

サラダに焼き鳥につくねに餃子lovely
20100812_02

大変美味しゅうございました!ごちそうさまでした~happy02heart04

彼女のお家には、スコティッシュフォールド(立ち耳)のももちゃんが居るcat
20100812_03

私はお迎えして間もない頃から知っているのだが、手のひらサイズの彼女も、もう七歳!年齢的には、ちょうど私たちと同世代に成長してしまった(笑)

お迎えして間もない頃の写真もあるのだ。ちっちゃーっい!まさに手のひらサイズlovely
20100812_04

まだあるのだ~smile

20100812_05_3

3月生まれのももちゃん、上の2枚のお写真は5月に撮ったもの。

20100812_06

…で、これは、それから3ヵ月後の8月に撮ったもの。アッ!と言う間に大きくなっちゃった(笑)

そして、7年後の今日の彼女cat

20100812_07

20100812_08

20100812_09

大きくなっても、かわいさは当時のままネlovely

ももちゃんに会えたし、彼女のマンションにもお別れが言えたし、私の中でも色んなことに改めてきりがついたような、そんな気持ちになったconfident

Hちゃん、マリアちゃん、今日はどうもありがとうheart04

彼女の新しいマンションは高層マンション。果たして高所恐怖症の私は、無事に遊びに行けるのだろうか?!coldsweats01

|

« またまたレイクタウンへ | トップページ | コロの新盆 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

んー、ニャンコももちゃんってお名前なの?
なんか、しっくりくるお名前upwardright

3ヶ月で風格あるももちゃん、かわいいw
手足が太い子は長生きするって確か聞いたことある。
でも宮野先生曰く、関係ないよ~そんなもん!だそうです・・・・
すべては飼い主さんの管理!って言われたな~(遠い目)ww

私も、友達のおうちで思いいれがあるお宅があったんだけど、その子も母子家庭だったんだけどさ、市営住宅みたいな団地に住んでたの。で、弟さんもいたので1部屋じゃ狭くて、それぞれが思春期で『自分の部屋がほしい!』ってなったので、隣の部屋を借りたんだって。
で、2つ目の部屋はトイレやお風呂は使わない約束で、友達の部屋になったんだけど、高校時代、よくその部屋に仲良しで集まっておしゃべりしてた。
勢い余って急遽お泊りになったりとかww
うちの母も、夜に出歩くのはいい顔しなかったんだけど、その友達の家にいるかその友達と一緒なら快く送り出してくれた。
今は友達も嫁いで、弟さんもニュージーランドに移住して、2つ目の部屋は解約されちゃったそうだけど、それを聞いた時は寂しかったなー・・・

投稿: イオナ | 2010年8月13日 (金) 09時12分

bananaイオナっち
そうなのよ、ももちゃんと言うのheart
たぶん彼女もヒラめいちゃったんだろうネwink
7歳のももちゃん、病気知らず。
ダイエットにも成功して元気いっぱいよ~happy01
あっちの部屋に居ても、「オヤツ」と言えば、
すっ飛んで来るの(笑)
友だちがご飯を用意しているときは、
待ち遠しくて台所をぐるぐる廻っちゃうの(笑)
そう言えば!イオナっちは今も宮野先生?

自分だけの部屋を持つのは、
子どもの永遠の憧れだったりするものねconfident
娘さんのために新たに隣のお部屋を
借りてあげたお母さま、偉いわーlovely
そうやって親に信頼されているのがわかると、
子どもは案外、無茶出来ないしね(笑)
なんか子ども時代は、あの子となら、とか
あの子の家なら大丈夫!って、
親が言ってくれる友だちやお宅が、
必ずあったよねぇhappy01
仲良しの友だちの家は、自分の別宅のようでもあり、
そういうお家が無くなってしまうというのは、
なんだか淋しくなっちゃうのよね~…

投稿: クシネ | 2010年8月13日 (金) 10時20分

なじみのお家だとホント自分が引越しするようで、寂しいですよね。

私もこの部屋は4年だけど、前は真上の部屋だったからこのマンションには8年いるんです。
毎年友達呼んで屋上で花火見たり、事あるごとにパーティ開いていたりしてたので、引越し連絡したらお友達も寂しく思ってくれるかなぁ。

花火が見れなくなるのは、私が一番寂しく、ダメージが大きいんでしょうけど(笑)

投稿: なちこ | 2010年8月14日 (土) 12時13分

bananaなちこさん
そうだよねー!
なちこさん、同じマンションでお引っ越ししてるんだったflair
8年は長いよねー…8年と言ったら、
色んなことがたくさんあるもの~!
屋上の花火、去年誘って下さったのに、
行けなかったんだよねー…
こうして引っ越しが具体化して来ると、
まだおじゃましたことのないお家なのに、
なんだかとっても淋しい気持ちがするわ~…
私でさえそうなんだもの!
お友だちはみんな、とってもとっても
淋しく思うに違いないよ。
またいつか花火の見えるところに住めるといいねshine
私もこのアパートの前は、ベランダから
花火が見えたの!
のんちゃんと一緒に見たことを思い出し、
夏が来るとちょっとだけ切なくなりますconfident
今のアパートはドーン!という音だけ聞こえる(笑)
音だけで花火見えないっていうのは、
すっげー淋しいよ(笑)

投稿: クシネ | 2010年8月14日 (土) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またまたレイクタウンへ | トップページ | コロの新盆 »