« おねいちゃん、ますます上々です | トップページ | 今日から旦那は冬休み »

2010年12月29日 (水)

クランベリーのサプリとオススメの本

猫娘たちは(特にチビちゃんが)、尿のpH値がアルカリ性に傾きがちなので、クランベリーのサプリをあげている。
(サプリの詳細は、9/28の日記をご参考にどうぞ~heart

今日から、2個目に突入notes
2匹で1個を約3ヶ月で消費なので、意外とコストパフォーマンスもいいかもlovely
フードもF.L.U.T.D.(下部尿路疾患)対応のものなのだが、結晶の出来やすいコは、普段からサプリなどで防止に務めるといい、という話もあるので、pH試験紙同様、これからも続けて行こうと思うconfident

ちなみに、pH試験紙も、12月の頭に、2個目に突入したが、これもサプリ同様、2匹で1パックを約3ヶ月で消費なので、高くないと思う。
旦那も私も、猫の尿検査にも、かなり慣れて、ちょちょいのちょいっだscissors
他に流用出来る技術じゃないのが残念だけど(笑)

私は、ちゃんと猫を飼ったのは、猫娘たちが初めてだ。
おじいちゃん、おばあちゃんの家で飼ってた猫の世話をたまにしたり、野良猫を家にあげてご飯をあげたりかわいがったり...そういう経験はあったけれど。
大人になって、自分で責任を持って飼った初めての動物がのんちゃんで、私はのんちゃんから、動物と暮らすことの意味を教わった。大切なことは全て、のんちゃんが教えてくれた。

猫飼いとしては、超初心者だった私は、不安なので、色んなハウツー本を読みまくったcoldsweats01

その中で、特にオススメなのが、この2冊。

①『もっともくわしいネコの病気百科<改訂新版>』
矢沢サイエンスオフィス:編 学習研究社 \3,780 

人間で言うところの「家庭の医学」の猫版だ。猫のありとあらゆる病気やケガの知識と対処方法、治療方法に至るまで網羅されている。難し過ぎる専門書かと言えば、そんなことはなく、誰が読んでも理解出来るようなわかりやすい説明がなされている。病気やケガの話だけではなく、豆知識なんかも載っていて、結構楽しい本だwink
飼い猫に異変が見られたときは、ただちに獣医さんに連れて行くことが大切だが、病院へ行くまでの心構えを養うために、あったらとっても便利かなぁと思う本。

②『うちの猫の健康をまもる本』
学習研究社 \1,470

この本は、①の本に比べると、かなりカジュアルで、コンパクトで、とっつきやすく、読みやすい。うちが、買ったのは、こっちの方が先。マッサージやツボ押しなども載っていて使えますhappy01
猫娘たちをお迎えして、真っ先に役立ったページが、あげてはいけない食べ物のページと、危険な植物のページ。
あげてはいけない食べ物は、意外なものがたくさんあって、ちょっとびっくりした。かつては、問題ないと認識されていたものばかりだったから...。
危険な植物は、我が家は、お義母さんとのんちゃん、仏さまにお花をお供えしていたので、危険な花の名前がわかって、本当に役に立った。一説によると、猫が中毒を起こす危険性のある植物は、700種類以上あるとも言われているそうで、よくお供えしていた花も、その中に含まれていたので、ギョッとしたshock
猫を飼っている友人の家に、花を持って行くようなときにも、すごく役立った。
価格といい、読みやすさといい、①の本よりもオススメかも。アマゾンに定価が載ってないということは、絶版の可能性もあるのかも知れないけれど、中古で半額以下で手に入るから、むしろお得?smile

フェレットの①のような本もあるといいのだけれど、どうやら洋書にはあるらしいのだが、日本語に翻訳されてないのが残念weep
英語に堪能な方は、取り寄せて、自分で翻訳していた。翻訳したものを、獣医さんに教えていた方も居たくらいcoldsweats01
こういうところ、フェレは、まだまだワンちゃんネコちゃんには追いつかない。いつかあの本が翻訳されて、フェレの飼い主さんのもとに届けられるといいなぁ...

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日は、午後から整骨院へ。明日から1/5までお休みだから、今日行っておきたかった。今日は、首と顔と頭蓋骨と背中の骨。ハムカツ先生のにくまれ口が、しばらく聞けないかと思うと、なんかつまんない(笑)

整骨院の帰り道に、昔ながらの金物屋さんがあって、昨日、そのお店で、猫ちゃんを目撃。目の前の女性が、床の辺りを見ながら、「チチチッ♪」と言っていたので、「もしや猫か?!」と思ったら、やっぱり猫だったsmile

ちょっとムッチリ系のキジトラちゃんで、足の指先だけに白い毛がちょっとだけ生えていて、指サックみたいでかわいかったぁ~lovely

しかも、すご~く人懐っこくて、呼んだらすぐに来てくれた。呼んだと言っても、名前を知らないので、「ニャーちゃ~ん♪」と...(笑)

スリスリゴロゴロぐりんぐりんをして、しばし戯れるcatheartvirgo

私のその様子を外から見ていたご婦人が、「そのコ、このお店の看板猫ちゃんで、ご主人さまの代わりに、店番しているのよ♪」とおっしゃっていた。偉い猫ちゃんだ~lovely

そう言えば、店には店員さんと思しき人は見当たらなかったかも...(笑)

今日も会えるかなぁ~と期待して行ったけど、今日の店番は人間だった。ちぇっ!がっかり~gawk

|

« おねいちゃん、ますます上々です | トップページ | 今日から旦那は冬休み »

ペットの健康」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おねいちゃんよくなってよかったね。happy02
心配だったでしょう。
ほんとお話できたら…といつも思います。
わんちゃんもねこちゃんも人と変わらない病気になるし、身体が小さいからか病気もなりやすいような気もして…despair
病気事典、ふだんから読んでおくのはいいかもしれないですね。
ほんと元気になってよかった。happy01

投稿: まま | 2010年12月29日 (水) 21時14分

クランベリーって私も好きなんですけど・・・(笑)ネコちゃんもいろいろサプリがあるんですね。私の親友にも獣医さんがいるのですが~年末年始は「お預け患者さん」がいるそうなので、盆暮れは休めないって言ってました。ねこちゃんもわんちゃんも話しが出来ない分、心配ですよね。

投稿: ロッキングチェア | 2010年12月29日 (水) 21時44分

健康を気づかうのはとても大切なことですね~!
お気に入りの本などがあれば、
ちょっと気になることがあったら見つけやすそうだし♪
危険な植物も前に少し見たのですが、細かくは見れてないです~!
(あと名前がわからなかったりcoldsweats01

看板猫ちゃん、いい仕事しますねnotes

投稿: ひかり | 2010年12月29日 (水) 21時51分

そうか~、
心配でしたね despair
でも だいぶ良くなってよかった happy01
フェレットの本ってホント見かけないですもんね・・
フェレットそのものを知らない人もまだ多くて
つい先日なんだけど、
田舎のおばちゃんも聞いたことないみたいで
説明しようと「いたち」という単語を出したら
ヾ(.;.;゚Д゚)ノ「え~~っ!!」って、なんちゅうものを
飼ってるんだという感じ、、、
まるぴーのかわいさは言葉じゃ伝わらないなと
説明もそこそこにあきらめました coldsweats01

投稿: わこ | 2010年12月29日 (水) 23時01分

にゃんこ達の健康管理は大切ですよね。
うちも トイレの管理表を作って 毎回必ずチェックしています。
おねいちゃんの事を心配していたのですが
大丈夫のようで 安心しましたhappy02

投稿: みぃこのおっちゃん | 2010年12月29日 (水) 23時01分

猫を本格的に飼ったのは、私の場合もたら(♀)が初めてです。
何にも知らなかったのによくもまあ飼えたなぁ~と思うことたくさんありました。
水が嫌い(シャンプーが嫌い)・・・ってことさえ知らなかったんだからbleah

投稿: 可惜夜 | 2010年12月30日 (木) 09時31分

bananaままさん
おはようございまーすsun
ありがとうございますheart
毛玉は時々吐くけど、連続で吐くのは異常なので、
何か知らない間に誤食してたのか、とか、胃腸系の病気かしら、とか
色んなことを考えてしまいましたsad

> 身体が小さいからか病気もなりやすいような気もして…
わかります~sign03そうなんですよねbearing
小さいから、病気にもなりやすいような気もするし、
ちょっとの病気でも弱っちゃうような気もしたりして、
心配、絶えないですよねweep

①の辞典、ワンちゃん用のもあるんですが、
ページ数は多いけど、情報量も多く、病気やケガ以外のページも
充実していて、読書にもオススメですwink
うち、人間の家庭の医学はないんだけど、猫のだけはマメに
読んじゃったりして、ふむふむふむ、とbleah
でも、夢中になって読んでいると、横にあるポテチの袋が、
簡単に1袋空いちゃったりするので、キケンでもありまーすhappy02sweat01

投稿: クシネ | 2010年12月30日 (木) 10時33分

bananaロッキングチェアさん
おはようございまーすsun
クランベリー、お好きですかheart私も好きで~すhappy02
クランベリージュース、ガブガブ飲んじゃいますscissors
どうやら、尿路疾患に良い成分が豊富なようですよ~(笑)
でも、女性にとっては、美容効果も期待出来るステキなクランベリー♪wink
動物へのサプリ、海外では進んでて豊富みたいですね!
うちがあげてるのも海外のヤツです。

そうですよね...獣医さんには、盆暮れ正月もないですよねぇcoldsweats01
入院中のコもいれば、24時間体制にもなるだろうし、頭が下がります...
そういった獣医さんの影のサポートのおかげで、
私たち、こうして元気でしあわせに、動物たちと暮らせるんだから、
感謝感謝ですheartheartheart

投稿: クシネ | 2010年12月30日 (木) 10時41分

bananaひかりさん
おはようございまーすsun
以前の私は、動物を飼うっていうことに、かなり無頓着だったので、
のんちゃんを飼い始めて、色んなことに目が行くようになりました~sadsweat01

この本ね、両方とも、ほんと、オススメですgood
まさか、猫があんなにも植物に中毒を起こしやすいなんて
想像もしていなかったので、びっくりしちゃったけどsweat01
一番驚いたのが、ユリの花で、ユリの花粉は、かなり危険度高いそうです。
うち、ユリは、仏さまにしょっちゅうお供えしていたので、
真っ青になっちゃった~shock
結局、花瓶を倒して、水びしゃにするので、どっちにしても、
生花のお供えは、出来なくなっちゃったんだけど(笑)
今、プリザーブドフラワーをお供えしてますwink

ちょっと長くなっちゃいますが、リストです。
・スズラン(全部)
・ポインセチア(葉、茎)
・アイビー(全部)
・ポトス(葉)
・アロエ(樹液)
・トマト(実は大丈夫だが、葉、茎は×)
・アサガオ(種)
・チューリップ(球根)

その他、ユリ、シクラメン、ジャスミン、ショウブ、ツツジ、
ジンチョウゲ、ヒヤシンス、ホオズキ、スイセン、キキョウ、
カラー、オシロイバナ、サクラソウ、アンズ、ウメ、ヒナゲシ 等

...が、その本に書いてあった一般的な植物のリストでしたpencil

沢山有り過ぎて覚えられないのが難点ですcoldsweats01

投稿: クシネ | 2010年12月30日 (木) 11時15分

bananaわこさん
おはようございまーすsun
猫って、そんなにも尿路疾患が多いなんて、全然知らなかったので、
びっくりしちゃったsadsweat01
子どもの頃に祖父母の家で飼ってた猫なんて、半分外猫で、
食べるものは猫まんま、尿路疾患なんて言葉すら知らなかったし、
たぶん獣医さんに連れてったことさえなかったんじゃないかなぁcoldsweats01
猫娘たちを拾ったとき、あまりにも不安だったので、
色々調べまくったおかげで、尿の結晶のキラキラにも早めに気付けて
対策が取れました~。結石が出来てからだと治療も大変らしいから...

フェレの飼育書、ほんと、少ないですよねsad
私がお迎えしたのは、1996年だったので、当時の飼育書と今の飼育書、
書いてあることが全然違う箇所もあったりして、
よく、病気もせずに元気で8歳近くまで頑張ってくれたなぁって思いますconfident

うちも、わこさんの田舎のおばちゃんと反応一緒~(笑)
イタチ飼ってるって言ったら、「昔、飼ってた鶏が食われた!」とか
「牛を襲った!」とかいう話ばかりで、
「あんな凶暴な動物を飼って、大丈夫なの?!」と言われちゃった(爆)
なかなかイタチのかわいさを、口で説明して理解してもらうのは
難しいですよね~coldsweats01

投稿: クシネ | 2010年12月30日 (木) 11時23分

bananaみぃこのおっちゃんさん
おはようございまーすsun
ちゃんとトイレの管理表を作って、チェックされてるんですねー!
みぃこのおっちゃんさんと奥さま、偉いlovely
うちね、チビちゃんのシッコに、キラキラが見つかるまで、
結構、無頓着にしていたので、サプリのメーカーさんから、
トイレの管理表作ってチェックしましょうね、と勧められて、
それからやっと始めましたよ~sadsweat01
出遅れちゃったけど、なんとか結晶が結石にならないで済むよう
頑張りまっすhappy02

おねいちゃんへの応援どうもありがとうございますheartheartheart
ご心配おかけしちゃいましたが、おねいちゃん、元気いっぱい復活ですwink
なんかね、経過が良過ぎて、食欲いっぱいで、
ちょっと太っちゃったような気も...(笑)

投稿: クシネ | 2010年12月30日 (木) 11時28分

banana可惜夜さん
おはようございまーすsun
そうですよね、可惜夜さんも、たらちゃんが初めてだったんですものねぇ...
なんか、でも、可惜夜さん、ずっと猫と一緒に居られたような
雰囲気がありますwink
前世でも、猫飼いさんだったのかも~catheartvirgo

フェレは病気が多くて、大変なことも多いので、
猫娘たちをお迎えしたときも、その感覚が抜けず、
私、かなり神経質になり過ぎて、ヘトヘトになって痩せました(笑)
慣れるうちに、アッと言う間に体重は取り戻したけどgawk
時が経つと、あんなことも、こんなことも、
楽しくてステキな笑い話になりますよネbleah

投稿: クシネ | 2010年12月30日 (木) 11時34分

おねいちゃん。本当によかったですねhappy01
雌猫は雄猫に比べて…尿路結石の確率はかなり低いけれど。
雄猫に比べて…膀胱炎の確率がかなり高くて…そこから…それが怖いですsweat01
クシネさんも詳しくお調べだからわかっていますよねcoldsweats01
私も…本当はお外でcatとか触りたいけれど…控えているんだぁ。
もし何かの病気を持ち帰ってしまったらと思うとthink
以前は…靴も玄関内には直接入れないほどに…気をつけてましたsweat01
やり過ぎですよね~sweat01

投稿: うらら ほのか | 2010年12月30日 (木) 19時47分

やっぱり反映されていないよね~
このての本、猫を飼い始めた時に数冊買っただけで、最近は全然見ることがありませんでした。
わが家も高齢猫が増えたことだし、一冊あってもいいかな。。。
植物のリスト。。。けっこうあるのね。
これを見たら、室内には植物を置かないほうがいいかなと思っちゃいました。

投稿: katzenmama | 2010年12月30日 (木) 21時40分

bananaうらら ほのかさん
こんばんはnight
心配かけちゃってごめんね。そして応援どうもありがとうheartheartheart
雌は膀胱炎になりやすい体の構造してるものねsad
実はチビちゃん、ちょっと膀胱炎を起こしぎみな体質でもあるのweep
二匹とも尿膜管遺残っていう先天的な病気もあったし、
(避妊手術のときに一緒に手術してもらって今は治ったんだけど)
尿路関係は弱いみたいだから気を抜けないよね...

外猫ちゃんに触れるのを控えてる気持ち、すごくわかるsign03
私、一時期、外出したら玄関で服脱いで風呂場直行で、
シャワー浴びてから部屋に入ってたもんcoldsweats01
靴の件も同じだ~sign03
のんちゃんのときは、靴は玄関の外で脱いでたのsweat01
猫娘たちは玄関の方へ行けないようになっているから、
今は玄関に靴入れちゃってるけど...
やり過ぎっていう意見もあるかも知れないけど、
どんだけやっても足りないくらいな気持ちになるよねーsweat01
ブログに全部書いたら、異常?!って思われちゃうかしら、と
書けないでいるんだけど、
他にもかなりセーブしていることがあったりする...(笑)
もしかして、うららほのかさんも同じかも?!と、
ちょっとホッとしてみたり...confidentheart04

投稿: クシネ | 2010年12月30日 (木) 22時26分

bananakatzenmamaさん
こんばんはnight
コメント書けたみたいで良かった~heart
ココログ、時々おかしくなるよねsad
自分とこに自分でコメント書けないときもあるもんshock

ママンも初めてのときに買ったのねlovely
最初のときって、右も左もわからなくて右往左往しちゃうから、
本を読みまくったり、ネットで調べまくったりしちゃうよねcoldsweats01
①の分厚い方のやつ、最初が2002年で5年後の2007年に、
この改訂版が出ているので、あと数年で更なる改訂版が
出るような気もするんだけど、今のところこの本が、
一番情報量が多く使い勝手が良いような気がするwink
ちょっと高いけど、マメにアマゾンをチェックしていると、
中古で安く出たりもするのでオススメですgood

危険な植物、意外な植物の名前があって、ちょっとショックだよねsad
うち、唯一の鉢物がポトスで、ポトスにはかわいそうだけど
お手洗いに住まいを移動してもらっちゃったもん...
(お手洗いは猫は絶対に入らない場所なので)
猫が完全に立ち入らない部屋が確保出来たらいいのになぁって思う。
うち、全部屋開放なので置かないことでしか防げないんだよねweep

投稿: クシネ | 2010年12月30日 (木) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おねいちゃん、ますます上々です | トップページ | 今日から旦那は冬休み »