« クリスマスは... | トップページ | ワーイ!\(^o^)/ »

2012年12月25日 (火)

ロイヤルカナン『栄養学セミナー』レポート

先週の火曜日(2012年12月18日)のことになるのですが、「ロイヤルカナン『栄養学セミナー』に参加させていただきました。

HAPPY EVERYDAY」のひかりさんに誘っていただいたのが、参加の経緯です。

今日は、そのときのまとめを。



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+



ロイヤルカナン『栄養学セミナー』

日時:2012年12月18日(火)
    13:15 ~ 16:00

場所:ロイヤルカナン ジャポン 本社

主催:アセラブログ

プログラム:
(1)はじまりのご挨拶
(2)参加者による自己紹介
(3)栄養学の基礎知識
(4)ステアライズドのフードについて
(5)おさらいクイズ
(6)HNLP(ヘルス ニュートリション ラーニング プログラム)について
(7)歓談タイム



ひかりさんから誘っていただいて、すごくありがたかったです!
フードメーカーさんから、直接お話を伺える機会なんて、めったにありませんでしょう?
自分のコが、どういうふうに作られたフードを食べているのか、知りたいじゃありませんか!

ロイヤルカナン ジャポンの本社は、品川駅から程近いきれいなビルの中にありました。

入口を入って、まず、目に飛び込んで来たのは、アメショーの猫ちゃん。

2012122501_2

一瞬、生きた猫ちゃんかと思いましたが、お話を伺ったところ、キッザニア東京の動物病院パビリオンでお仕事をされていた動物たちなのだとか。猫ちゃん以外にも、ワンちゃんが2匹いましたよー。

帰宅後調べてみたら、ロイヤルカナンがスポンサーとなって、キッザニア東京に動物病院のパビリオンを開設しているのですね。
子どもたちは、そこで、診察や手術、入院動物のお世話などを体験することが出来るそうです。

あまりにもかわいいので、つい抱き上げてしまったのですが、びっくりするほどリアルな体重と肉球に、ハートをわしづかみにされました。「連れて帰りたい...」と、心の中で思ったことはヒミツです(笑)

魂が宿っているように見えたのは、このコの中に、「お仕事をしている」という強い意志があるからなのかも知れませんねheart

こちらは、やはり入口すぐのところに掲げられた、ロイヤルカナンの理念。
「Dog and Cat First ~すべては犬と猫のために~」
2012122502

ロビーには、たくさんのフードが並んでいましたが、このお写真は、そのほんの一部で、実際のロイヤルカナンの製品は、この何倍もの種類が揃っています。
2012122503

20~30人の大規模なセミナーを想像していたのですが、入室してみると、なんと6人という少人数制のセミナーだということがわかり、一気に緊張感が高まりました...ひかりさんが一緒に居てくださって本当に良かった~~~bearingsweat01


(1)はじまりのご挨拶

2012122507_2 ロイヤルカナン獣医師の原田先生が、スライドによるお写真や資料を交えて、ロイヤルカナン設立の経緯や、南フランスのロイヤルカナン本社について、お話しして下さいました。

きっかけは、1968年のこと。
ジャン・カタリーという獣医師が、皮膚病を抱えたジャーマン・シェパードのために、薬をなるべく使わずに食事で症状を改善出来ないものかと作ったのが、イエロースープという名のフードで、その食事で症状が目に見えて改善したのをきっかけに、口コミで噂が広まり、フード販売の依頼が多く寄せられるようになったため、ロイヤルカナンの設立に至ったそうです。

南フランスのロイヤルカナンの本社は、東京ドーム20個分の敷地内にあり、そこには約350頭のワンちゃんネコちゃんが暮らしているそうなのですが、私が、とびきり心惹かれたお話は、ロイヤルカナンでは、「動物たちに苦痛を与えない」「動物実験を行わない」というのを理念に掲げている、という件。
血液検査も、必要最低限のものしか行わないそうです。
すばらしい!!!lovely


(2)参加者による自己紹介

人数が6人とわかった時点で、もしかすると自己紹介なんていうことになるのではないかと思ったら、やはりそうでした。心の準備が...shock

2012122504_2 アセラブログの編集長さんが、それぞれのお家のコのお写真を用意して下さっていました。
わざわざありがとうございました。うちのは、ホットカーペットでくつろぐ猫娘たちのお写真でした。

HNのクシネが、珍名だったおかげで、話題を振っていただけて助かりました(笑)
ちなみに、フランス語で肉球を意味する単語です。
猫娘たちは、女子ですが、おねいちゃんは5キロ超え、チビちゃんも4.8キロという、なかなか大きな猫なので、果たしてこれは「ただ単に大きな猫なのか?」それとも「肥満なのか?」が悩みどころです、とお話しましたが、後に登場する「ステアライズドのフードについて」というお話にもつながるので、参加して良かったわ~!と、改めて思った次第です。


(3)栄養学の基礎知識

こちらの授業も、引き続き原田先生が。
たくさんのスライドを用いて、とてもわかりやすく、丁寧にお話しして下さいました。

ドッグフード、キャットフードと、ひとくくりには、決して出来ないものなのだということを、改めて深く考えさせられる内容でした。

人間だって、赤ちゃんと高齢者、運動選手と事務職では、必要な栄養が違って来ます。それは、犬猫も同様なのですよね。
ライフステージや、サイズの違い、品種の違い、健康状態の違いによって、必要な栄養バランスは、異なってくるわけです。

特に、ワンちゃんの場合は、フード選びも繊細になることを実感しました。

例えば、チワワとセントバーバード。セントバーナードは、チワワの50倍もの体重になるんですって。こんなに体重差(大きさ)の違いがある動物は犬だけ、と、先生がおっしゃっていましたが、サイズの違いは、見た目の大きさだけではなく、細部にも大きく影響を及ぼしていました。
体重1kgあたりに必要なカロリーや、高齢期が始まる年齢、身体にしめる消化管の割合など、まったく違うと言ってもいいくらい。

ワンちゃんほどではありませんが、猫だって同じことです。

犬種別、猫種別のフードがあるのは、当然のことだと改めて感じました。むしろ、そうじゃなきゃ困るんだなぁって...

他にも、ギブル(粒)の形や大きさにも、意味があるというお話があり、これは、実際に、ワンちゃんやネコちゃんがフードを食べる様子の動画を流してくださったので、更に違いを実感することが出来ました!

ワンちゃんなら、例えばシーズーは、粒を咥えるのが苦手なので、咥え易いように「ヘ」の字型にしてあるとか、丸飲みしがちなラブラドールは、真ん中に穴を空けた形状にして、ゆっくりよく噛んで食べ過ぎないよう工夫してあるとか。

ネコちゃんなら、例えば、メインクーンは、お皿に盛ったフードにガブッと噛み付いて食べるけれど、ペルシャは舌にくっつけて食べるタイプなので食べ易いようにラグビーボール型になっている、とか。

これは、実際に見せていただいたサンプルです。ワンちゃん用ですが。
こちらは、犬種別によるもの。
2012122505

こちらは、サイズ別によるもの。
2012122506

これは、ほんの一部だそうです。

うちの猫娘たちは、典型的な日本猫だと思うのですが、食べ方は、メインクーンのようではなく、ペルシャに近いです。ガブッとかぶりつくのではなく、舌にくっつけて食べるタイプ。おねいちゃんも、チビちゃんも両方です。
なので、フードを選ぶときには、その形状にも気をつけてあげた方が良さそうです。

酸化防止剤として使用されているBHAについても、その安全性について、詳しく、時間をかけて、丁寧に説明して下さいました。

発がん性について、閾値が明確であることで、その安全性がしっかりと確認出来ること、また、体内に蓄積されて悪さをする心配はないということが、ヒトの経口投与で確認されているとのことでした。

限られた地球資源を、人間と動物が取り合うようなことは望ましくない、ということで、持続可能性のある植物性のものを利用出来ないか、研究も重ねておられるそうです。

「犬や猫を見れば見るほど(観れば観るほど)人との違いが見えて来る」
「ロイヤルカナンでは、決して犬や猫を擬人化しないというのが理念の1つです」と、
先生がおっしゃっておられたのが、とても印象的でした。


(4)ステアライズドのフードについて

2012122508 休憩を挟んで、ステアライズドのフードについての授業がありました。

先生は、ロイヤルカナン獣医師の五十嵐先生にバトンタッチ。

ステアライズドのフードは、ズバリ、「避妊・去勢によって太りやすくなってしまった犬猫用のフード」だそうです。

自分でも激しく実感していることですが、一旦太ってしまった状態を、ダイエットによって絞るのは、至難の業ですcoldsweats01

必要な栄養素をしっかり抑えつつ痩せるのが、どれだけ難しいことか...

授業の最初の部分で、とても興味深いお話が聞けました。
ワンちゃんは、もともとが太りやすいように出来ている、というお話。
それは、群れで狩りをする狼が祖先であることに由来するそうです。
群れには、厳しい上下関係があり、下っ端はいつ食事が出来るかわらないので、食べられる時に食い溜めしてしまう習性があるから、なのだそうです。なるほどーflair
更に、太りやすい犬種、というのもあって、そのほとんどが使役犬で、そのため運動量も多く、お腹も空きやすいという条件も重なってしまっているという...

じゃあ、ネコちゃんは大丈夫なのかと言うと、決してそんなことはなく...ネコちゃんは、散歩をしないので、エネルギー消費が難しいのが問題という...ね...特に室内のみで暮らすネコちゃんは、食っちゃ寝、食っちゃ寝ですからね。狩りをしなくても、飼い主さんがご飯を用意してくれますし...coldsweats01
糖尿病に関して言えば、ワンちゃんの場合は、「インシュリンが出なくなることによる発症」が主だそうですが、ネコちゃんの場合は、人間と同じく、「肥満から発症」することがほとんどだそうです。

どういう状態の犬猫が太りやすいのか、というお話に始まり、痩せさせるのと太らせないのはどちらが簡単か、というお話を経て、では、「太らせないためにはどうしたらいいのか?」という核心へと進みます。

①低カロリー(低脂肪で高タンパク質)
②満腹感を維持すること
  ・豊富な食物繊維 … 量と質が大切
  ・高タンパク質で低デンプン … 急激に血糖値が上がらないで済む
  ・ギブルの形状 … 粒の真ん中に穴を設けてサイズアップを図る→嵩が増える
③基礎代謝の維持 … 高タンパクであることが大切。筋肉量の維持につながる
④効率的なエネルギー産生 … L-カルニチンを配合することで脂肪の燃焼を高める

以上の4つのポイントを抑えた食事を摂ることで、太らない体質を維持出来るそうなんですね。それを、ロイヤルカナンから発売されているステアライズドというフードが可能にするというお話でした。


(5)おさらいクイズ

今までの授業で学んだことや、その応用によるクイズ7問と、上級問題3問、計10問のクイズが出題されました。6問正解が3名!ひかりさんもその中に!!!
私は、5問正解でした。ホリスティックケアの資格、有効に活かせず(笑)


(6)HNLP(ヘルス ニュートリション ラーニング プログラム)について

ロイヤルカナンの栄養学が、Webで無料で学べるというのがHNLP。
登録も利用料も全て無料で、各コースを学習した後にテストを受け、合格したら次の段階へ進めるという徹底したもの。
最終コースのスペシャリテに認定されると、スペシャリテならではの特典も色々あるようで、実際にその特典の現物も見せてくださいました。
特別セミナーや勉強会などの予定もあるそうなので、心惹かれました。
現在、スペシャリテとして認定されているのは、たったの18名!すごいですねー!!!
時間が取れるようになったら、私も挑戦してみようと思いますshinepunchshine


(7)歓談タイム

2012122509 最後は、紅茶とケーキをいただきながらの歓談タイムでしたcafecake

五十嵐先生が、横にいらして下さったので、食事の回数について、お聞きしてみました。

猫娘たちは、毎朝、その日に必要なフードを計って容器に入れて、それを4~5回に分けてあげています。理由は、「なるべく沢山の水分を摂って欲しいこと」と、「一度にたくさんの量を食べると吐いてしまうことがあるので、一回の量を少量にしている」ということがあるのですが、先生曰く、「猫はもともと食事の回数が多い動物なので、特に問題はないでしょう。」とのことでした。

「女子猫にしては体重が重たいような気もするのですが...」という件も、お聞きしてみたところ、「罹りつけの獣医さんから特に肥満の指摘がなければ大丈夫ではないでしょうか。」と。
獣医さんからは、「大きくなりましたねぇ!」とは言われますが、「太っていますね」と言われたことはありません。どうやら、猫娘たちは、「太った猫」ではなく「大きい猫」で大丈夫そうです(笑)

その他、「人間には、ウエストが○cm以上だとメタボリック症候群、というような基準値や、計算で理想体重を割り出す数式などがありますが、猫にはそういうものはないのでしょうか?」と伺ってみました。

過去、ロイヤルカナンに、そういうメジャーがあったそうです!

自宅へ戻って調べたら、以前、猫の肥満度が測れるメジャーと測り方、チェック表が、フードの景品として配布されたことがあったようです。2010年のある方のブログに載っているのを発見しました。

ぜひ、また、その景品、配布していただきたいものですlovely


最後に、たくさんのお土産をいただいて、セミナー終了となりました。

ロイヤルカナンの皆さま、主催のアセラブログさま、今回は、とてもためになる貴重なセミナーに参加させていただき、どうもありがとうございました。

誘ってくださったひかりさん、本当にどうもありがとう!!!



セミナーの資料shine
スライドがそのまま印刷されているので、自宅へ戻ってから復習するのにも、とても便利です。
2012122516

HNLPでスペシャリテになると、こんな感じで、ペットの写真入り名刺も作っていただけるそうですshine
2012122515

ロイヤルカナンについて紹介されたリーフレットcatdog
2012122510

たっぷり入るエコバックhappy02
こちら面はネコちゃんですが、もう片面はワンちゃんがプリントされています。
2012122511

ロイヤルカナンオリジナル手ぬぐいshine
手ぬぐいメーカーの「かまわぬ」製ですって!
2012122512

来年の卓上カレンダー。毎月かわいい猫ちゃんのお写真が載っていますlovely
2012122513

オリジナルポストカード。
スタッフの方からの手書きのメッセージに感動しましたheart02
2012122514

(4)のところに登場したステアライズドのフードを2つもheart04
2012122517



猫娘たちに、早速食べてもらいましたcatcat

カリポリカリポリcatnotes
2012122518

むしゃむしゃもぐもぐcatnotes
2012122519

おねいちゃんもチビちゃんも、美味しそうに食べていましたhappy01

|

« クリスマスは... | トップページ | ワーイ!\(^o^)/ »

ペットの健康」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

クシネさん こんばんはhappy01

ロイヤルカナンのセミナー良さそうですね。

我が家では猫ちゃん5匹、インドアのロイヤルカナン食べています。
高価なので、毎月のお食事代が大変なのですが
価格の安いペットフードは、どんなものが入っているか心配です。

私もロイヤルカナンのセミナーに参加してみたいですlovely

投稿: マリーちゃん | 2012年12月25日 (火) 23時20分

レポート、おつかれで〜す^^;
フードの犬種別って、あまり細かいのは必要ないとおもうけど、
超小型とか、大型とか、狩猟に特化して筋肉使う犬種用は必要でしょうね〜、
体格がそれで決まっていくのですしね、
日本犬でもかつては、肉肉肉〜っと食べて野山走ってた頃は筋骨隆々だったけど、
最近は、普通っぽくなってるって犬種もいると本で書いてましたから。
だから〜、、、太りやすい犬種って、食わせ過ぎなのかなって、思いますね〜、
例えると〜、スポーツ選手が引退後同じように食って、、月日の流れって残酷(笑)と、

ま〜、笑い取るのはこの程度で〜^^;
うちのテトだって、フードの袋や猫の飼い方本に書いてる給餌量の目安の量より、
かなり少なめにして、ご飯あげてますから〜、その通りに、ご飯あげてれば今頃は、
くびれがまるで無い樽猫だったろうし、、、、名残で腹がたれてますが(汗)

そうそう〜、体重があっても、体つきが適正なら太ってるとは言いませんよね〜、
引っ越し後に初めて行った病院が「1k(キロ)痩せさせて」と言ったので、、、、
即変えましたね、病院を^^、、。
新しいフード?のステラライズドを美味しそうに食べてますね、お二にゃん、
お味はどうでしたか〜?

投稿: 草之丞 | 2012年12月26日 (水) 00時22分

bananaマリーちゃんさん、こんばんは☆コメントどうもありがとうheart
長い文章、読んで下さってありがとうheart04

かなり本格的な内容で、かと言って専門的過ぎるわけでなく、
今、まさに、自分の家のコに応用出来ることをたくさん教えて下さる
とても有意義なセミナーでしたheart
ペットフード選びは、色々と気を遣いますよね!
おっしゃるように、フードに何が使われているのか、
どんなふうに作られているのか、心配だから、
信頼のおけるメーカーさんから買いたいですものねgood

私も機会があれば、また参加したいですheart
何か情報が入ったら、メリーちゃんさんにお知らせしますねloveletter

投稿: クシネ | 2012年12月26日 (水) 17時48分

banana草之丞さん、こんばんは☆コメントどうもありがとうheart
長い文章、読んで下さってありがとうheart04

私の子どもの頃なんて、ドッグフードはビタ○ンくらいしか、
なかったような記憶があるんですよね~coldsweats01
(それ以外は、汁かけご飯をあげてたりとか...)
フード選びは大切!て思っていたつもりだけど、
お話を聞いて更に強くそう思うようになりました。
草之丞さんがおっしゃるように、体格が決まっちゃいますもんね。
きっと、本当は、飼い主さんが一匹ずつ、細やかに栄養を計算して
手作りご飯を作ってあげるのが、一番なんだろうなぁ...
現実的には、なかなかそれは難しいから、
それぞれに適したフードがあると、すごく助かるかも知れませんね。

スポーツ選手の例え、バッチリです!バッチリ過ぎて、
色々と想像して笑ってしまいました(笑)
思い浮かぶスポーツ選手、たくさんいるんだもんbleah

猫娘たちは、避妊手術をしていて、やぱり以前よりは食欲は増したんですけど、
お腹いっぱいになると食べないので、助かります~!
ワンちゃんは、どうやら、お腹いっぱいになっても
食べたがるコが多いようなので大変そうwobbly
逆に、食が細過ぎて困る犬種もいるんですってcoldsweats02
私、ワンちゃんは、幼少の頃にしか飼ったことがないので、
わからないことばかりで、セミナーのお話は、結構、衝撃的でしたsweat01

テトちゃんのお腹のたるみ、たぶん、ルーズスキンでは?
うちの猫娘たちも、ガリガリに痩せてた仔猫の頃からルーズスキンなんですheart
諸説あるようですが、喧嘩の時に直接内臓を傷付けられないように
たるんだ皮で守っているという噂が有力かもですwink

そう言えば、草之丞さん、お引越しして間もない頃、
病院探しで苦労されてましたものね...
体重って、軽ければいいっていうもんでもないですもんね!
テトちゃん、男の子だし、筋肉量の体重に占める割合とかも、
獣医さんなら、ちゃんと考えてよ~!ってねぇ。

「ステアライズド、なかなかのお味でちたheart
ダイエットフードって、風味があんまり良くなかったりちて、
食べても楽しくないことも多いんだけど、
これなら、食べてあげてもいいかも?って感じ~catcat
                      by-チビ&ねい」
...って、何故か上から目線の猫娘たちなのでした(笑)

投稿: クシネ | 2012年12月26日 (水) 18時15分

しっかり詳しく書かれてますね~!
ちゃんと調べたこともあってさすがです。
また更に勉強になった感じです(笑)
こちらの日記も記事内でリンクさせていただきましたshine
ご一緒してきただきありがとうございました!

投稿: ひかり | 2012年12月27日 (木) 00時02分

とても充実したセミナーで有意義な1日でしたねscissors
設立の経緯や理念には安心してこのフードを与えられるという
飼い主さんへの心の不安も最小限にしてくれるのでしょう。
それにしても6名とはクシネさんも頑張りましたねshine
アセラブログの編集長さんがクシネさんのHNを見て
「いただき〜っ」と心で思ったこと間違い無しですgood
今回も参加したみたいに分かりやすいレポートありがとうございましたhappy01

投稿: コメッコ | 2012年12月27日 (木) 10時49分

キッザニアの動物病院、とても人気なんだよ~。
いつもいっぱいで、くじら姉弟はまだ一度もやったことないの。
ロイカナさんがやっていたのね。本格的なのね。
レポート、とってもお勉強になりました。どうもありがとうhappy01
フードの味や“○○に配慮”なんてことは注意して見てたけど、形はそんなに気にしてなかったなぁ。
ココアはどんな食べ方してたかな。
WEBの方も見てみたいと思いました。
お土産も素敵なものばかり~shine
猫娘ちゃんたちも美味しいものもらって、良かったねhappy02

投稿: イルカねこ | 2012年12月27日 (木) 16時40分

bananaひかりさん、こんばんは☆コメントどうもありがとうheart
長い文章、読んで下さってありがとうheart04

そして...改めて誘ってくださってどうもありがとうでしたheart04
次回は、ぜひぜひ、beerwineで、ゆっくり会いましょうねsmilescissors

ひかりさんのように、分けて記事を書いた方が、
読んで下さる方も、後から自分で読み直すにも、
読みやすいし、わかりやすいですね!
書いてから、「失敗した~...」と後悔しちゃいましたよ~coldsweats01
また、こういう機会があるといいなぁ!
私の方も何かあったら、お誘いしますねloveletter

投稿: クシネ | 2012年12月28日 (金) 17時20分

bananaコメッコさん、こんばんは☆コメントどうもありがとうheart
長い文章、読んで下さってありがとうheart04

フードメーカーさんから、こんなに開かれた情報開示があるのも
珍しいような気がしますよね!ロイカナさん、太っ腹lovely
自信と誇りをもってフードの開発に臨んで下さっているというのがわかると、
コメッコさんがおっしゃるように、飼い主として安心感が高まりますup

参加された他のみなさんは、ブログのアクセス数も多い
有名な方ばかりだったのかも...coldsweats01
私は、HNが面白いだけで、オハズカシイ感じでしたhappy02sweat01

フェレットにも、こういうセミナーがあるといいのにな!
現在は、ネットの情報もだいぶ豊富にはなったけど、
まだまだエキゾチック系の情報は少ないものね...
のんちゃんをお迎えした当時は、ほとんど情報がなくて、
苦労したことも、懐かしい思い出ですheart02

投稿: クシネ | 2012年12月28日 (金) 17時35分

bananaイルカねこちゃん、こんばんは☆コメントどうもありがとうheart
長い文章、読んで下さってありがとうheart04

そっかー!キッザニアの動物病院、人気なのねぇlovely
私も、現場で、「キッザニアの...」と伺ったときは、知らなかったので
ピンと来なかったんだけど、帰宅して調べて、そうだったのかー!とhappy02sweat01
くじら姉妹ちゃんたちも、いつか体験出来るといいねー!
私も参加したいくらい、本格的で楽しそうなパビリオンだったわlovely

うちは、フードの形によっては、すごくウケの悪いのがあって、
やっぱり食べにくかったんだなぁと、動画を見て改めて思ったよ~sad
小さい粒のは、丸飲みしちゃうし、丸飲みするよりは、
よく噛んで食べた方が、満腹感も高まるっていうのも、
改めてよくわかったし...←これは自分にも当てはまる(笑)
Webのトレーニングシステムは、ほんと、かなりためになると思うので
ちびくじらくんとおねえちゃんと一緒に、楽しみながら、ぜひどうぞheart

良い内容のフードも、美味しく食べてくれないことには始まらないんだけど、
いただいたフード、とっても美味しかったようで、
チョーダイチョーダイ!と、おかわりされちゃったsmile
でも、ここでおかわりをあげると、結局太っちゃうので、
心を鬼にして、控え目にあげてるよんwink

投稿: クシネ | 2012年12月28日 (金) 17時43分

へぇ 私もお勉強になりました。
もっと早く知っていたら、芽依のためにいろんなことをしてあげられたかも
勉強不足でした。
もっと近かったら行ってみたいなあ

芽依は最後のほうでは私の手作りご飯では栄養を摂れなかったのでロイヤルカナンの流動食に大変お世話になっていました。薬を飲むときのタブポケットは芽依が大好きでしたね。
今も残りを処分できずにおいてあります。
権ちゃんは尿路結石が出来やすいのでPHコントロールにずっとお世話になってます。
こうやってみるとロイヤルカナンにはお世話になってたんですね。

投稿: おーぺいこ | 2012年12月28日 (金) 21時25分

こんにちは!
盛りだくさんの内容のセミナーでしたね!happy02とても勉強になりましたpencil。奥がすごく深そうです。フードの形状については、目からうろこでしたeye
ゆきも現在脂肪がついてしまったようなので、フードには気を付けたいと思っています。おねいちゃんもちびちゃんもおいしそうに食べていますね♪

投稿: きいろひわ | 2012年12月29日 (土) 07時41分

bananaおーぺいこさん、こんばんは☆コメントどうもありがとうheart
長い文章、読んで下さってありがとうheart04

フードメーカーさんがこういうセミナーを行うのも珍しい気がしますよねflair
おーぺいこさんは勉強不足だなんてことありませんよ!
これ以上はないというくらい、一生懸命、芽依ちゃんのために、
色々と頑張ってらっしゃいました。
その姿に、いつも私は心打たれていました。
こうして、おーぺいこさんが「もっと...」と思われるのも、
愛情深くて熱心な証拠なんですよheart

残りが処分出来ないでおられるのも、わかります...
私も未だに処分出来ないものが色々と...
でも、それでいいんだって思いますよwink
全てが思い出深くて大切なんだもん!それでいいんですよheart04

うちもチビちゃんが、結石出来やすいので、PHコントロールの
お世話になることがあります。
療養食って美味しくないイメージがあるけど、
ロイカナさんの療養食は美味しいみたいで、
チビちゃん、がっついて大変でした(笑)
権ちゃんは、いかがですか?
PHコントロールを食べる必要のないおねいちゃんも、
欲しがって困りましたcoldsweats01
良薬は口に苦しとは言いますが、
療養食が美味しいことも、やっぱり大切ですよねwink

投稿: クシネ | 2012年12月29日 (土) 17時12分

bananaきいろひわさん、こんばんは☆コメントどうもありがとうheart
長い文章、読んで下さってありがとうheart04

大切な話がギュギュッと凝縮され、なおかつ、結構多方面にも渡る
まさに盛り沢山なセミナーでしたhappy02heart04
フードの形状もね、食べやすそうなのと、
食べにくそうなのがあるなぁとは思っていたんですが、
やはり、ちゃんと形によって、意味があったのでしたflair
種類によって変えてあるというのには驚いたけど、
考えてみれば、口元のとがったコ、平らなコ、
食べ方も違うから、食べやすさ、食べにくさのポイントも、
違うってことなんだなぁって。ほんと、奥深かったですwobbly

新しく出たステアライズド、太りにくい体質に導くフードだそうなので
体型、体重を維持したい場合に、ピッタリだと思いますgood
ダイエットフードで、少し体重を落とした後に食べると、
バッチリなんじゃないかしらheart

投稿: クシネ | 2012年12月29日 (土) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリスマスは... | トップページ | ワーイ!\(^o^)/ »