« ごくどうのおんニャたち | トップページ | 今日もウォーキング »

2013年1月10日 (木)

ハム猫ちゃん

体調の方ですが、どうやら疲れが溜まっていたようです。

昨夜は、頭痛と発熱が。ドバーッ!と熱が出て、朝起きてドロドロに具合が悪かったんですが、お昼前には、ケロッとしてましたcoldsweats01

子どもの頃からなんです。疲れが溜まると高熱を出し、熱を出し切ると、ケロッとするという...

ヨガは電車に乗らないといけないので、さすがにお休みしましたが、基礎体力の無さも問題だなぁと思ったので、午後3時から一時間ほど、近所をウォーキングして来ました。

...とは言っても、折り返し地点と決めた淵の森で、ゆっくり森林浴したり、途中の猫を飼っているお宅で立ち話したりしたので、ウォーキングしたのは、40分弱といったところでしょうか。

でも、今日がウォーキングの初回ですから、ちょうど良い感じだったのではないかと思いますgood



猫を飼っているお宅では、ここしばらく猫ちゃんの姿を見かけなくて、ずっと心配だったので、お家の方と「こんにちは」とご挨拶を交わしたとき、思い切って聞いてみました。

かなり高齢の猫ちゃんだったので、もしかすると...と思ってはいたのですが、「3年前の6月、お空に帰って行ったのよ」と...18歳だったそうです。

耳も遠くて、歯もあまり残ってなくて、でも、それ以外は病気もなく、いかにもおばあちゃんという感じはありましたが、元気で愛想良しのカワイイ子でした。

ハムが大好物な猫ちゃんだったんですよー。「たくさんはあげられないけど、時々あげるのよ」って、以前、おばさんが話してくれたことがありました。旦那と私の間では、「ハム猫ちゃん」で通ってた。

お空は、ハム食べ放題かな...

そのお宅の庭先には、紫陽花が植えられていて、そこはとても日当たりが良いので、猫ちゃんはよくそこで日向ぼっこしていました。

亡くなったときには、その紫陽花が満開だったので、棺にたくさん入れてあげたそうです...近所の方たちも、たくさん見送りに来てくれたって...おばさんが話してくれました。

目の前に、そのときの様子が、パーッと浮かんで、思わず、涙がポロポロとこぼれ落ちてしまいました。紫陽花の棺の中で、猫ちゃん、微笑んでた...

「こんなふうに思っててくれる方がいて、あの子はしあわせねぇ...ありがとう」と言われ、もっと泣きそうになりました...こらえたけどbearing

今ね、そのお宅には、ワンちゃんが二匹いるんですって。

...って、実は、ワンちゃんが居ることは、だいぶ前から知ってました。だって、そのお宅の前を通ると、「ワンワン!」って元気な声が聞こえて来てたし(笑)

猫ちゃんが亡くなって、淋しくて、しばらくしょんぼりと暮らしていたそうです。何匹もの猫ちゃんをお空に見送って、もう、こんな辛い想いはこれで最後...と決めていたそうです。ご自分の年齢が高齢である、ということもあったのでしょうね...

でも、別に暮らしている息子さんがね、「ペット不可のマンションに引っ越すから、おふくろが飼ってくれ!」って、ある日突然自分が飼っていたワンちゃんを二匹、連れて来たんだそうです。

絶対にイヤ!って、しばらくは断わり続けたそうなんですが、根負けして飼うことに...

なかなかお世話の大変なワンちゃんのようで、「朝から晩まで犬のお世話に明け暮れて、へとへとなんですよ...自分の子どもを育てるよりも大変かもー!」と言いながらも、おばさん、以前よりも若返ったような気がしました。

「大変」と言いながら、とっても嬉しそうだった。

息子さんも、もしかすると、わざとお母さんに、ワンちゃんを預けたのかも知れませんよねwink

新しくお迎えしようよ、と言っても、きっと、おばさんは聞かなかったでしょうし、強引に仕向けなければ、飼うことはなかったんじゃないかな...って。

天国の猫ちゃんが、息子さんに頼んだのかも?



動物と暮らす、命を預かる、ということは、大変なことです。

私なんか、猫娘たちを保護したとき、一ヶ月で6キロ痩せたもん(笑)

だけど、

「大変だけど楽しい」「大変だからこそ楽しい」んですよねconfident

猫ちゃんが、お空に帰ってしまったのは淋しいけれど、おばさんが、元気そうでよかった!

ワンちゃんたち、これからも頑張って、おばさんに世話を妬かせるんだよー(笑)

|

« ごくどうのおんニャたち | トップページ | 今日もウォーキング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

泣けちゃった・・・crying
最後まで看取ることを考えると
自分も元気でいなきゃねsweat01

投稿: marumi | 2013年1月10日 (木) 22時25分

こんばんは。
インフルエンザなどではなかったようでよかったです♪
「疲れがたまると熱をだし…」のところ、私も似たような感じです。疲れがたまっていたとき、3週間くらい38度程度の熱が出続けたことがありますsweat01。(でも、仕事はしていました…^^;)
ほんとう、ハム猫ちゃん、幸せな猫生を送って、今は天国でハム食べ放題ですね。二匹のわんこさんが、ハム猫ちゃんの暮らしを引き継いだみたいです。confident

投稿: きいろひわ | 2013年1月11日 (金) 01時16分

↓2月22日、絶対見に行かなくちゃmovie
2人ともが迫力ある目つきをするのって、なかなかないチャンスだったね!
チビちゃんのお手手が「いつでもかかってきにゃさいよ!」みたいなのも、感じが出てるsmile
ハム猫ちゃん、みんなに愛されて、幸せだったね。
悲しい時は忙しくしている方が、かえって立ち止まらずにすんでいいのかも。
ハム猫ちゃんもきっと、お母さんが元気で良かったって、お空から安心して見守っているでしょうね。
大変だからこそ楽しい、ほんとだねconfident
ところで私も、今年は基礎体力をつけるためにウォーキングしようと決意したんだけど、10日を過ぎて、まだ実行せず…クシネちゃんえらいわ!
風邪、酷くならなくて良かったね。ぶり返さないように、お大事にしてねheart02

投稿: イルカねこ | 2013年1月11日 (金) 11時04分

調子戻って良かったですね!
よく内科医も「若いうちは自分の熱で
ウィルス退治したほうが早く治る」と言ってますhospital
まさにクシネさんはそれを実践されていますねgood
自分はすぐ薬に頼ってしまう根性無しですがcoldsweats01sweat01
ハム猫ちゃんのお話
クシネさんのおっしゃる通り息子さんの策ですね!
よほどの落ち込みようだったのかもしれません。
ワンちゃん達も出逢うべくして逢ったお母さんと
楽しく元気に過ごせたら良いですね〜dogdog

投稿: コメッコ | 2013年1月11日 (金) 15時18分

その猫ちゃん、周りの方々に愛されて幸せな猫生でしたね。
私も、涙が溢れちゃいましたsweat02
命を育てるって・・・それがどんなに小さい命でも、責任重大ですよね。
だからこそ、大変。でも、大変だけど、愛情には愛情が帰ってくるから・・・大変も大変じゃなくなるんですよね。

そのおばさま、わんちゃんと息子さんの愛情のお陰で若返って、また張り合いが出て、きっと『大変』って言いながら・・・楽しいんじゃないかしら?って想像しちゃいましたconfident

投稿: ai | 2013年1月11日 (金) 16時02分

うん・・動物と一緒に暮らすって
最後の時を思うと辛いのよね~
まるちゃんのかわいさにメロメロだった
旦那も息子もフェレットをまた飼いたいみたい。
でも私自身まだまだそんな気になれないな~ (u_u。)
でも、ひょっこりうちにやってきたのなら
すぐにメロメロなるのはわかってるけどね heart01happy01

「一ヶ月で6㌔痩せた・・」
一生懸命にお世話されたのね、クシネさんえらい! lovely
つい、その数字に食いついた私です ∑(=゚ω゚=;)


投稿: わこ | 2013年1月11日 (金) 23時09分

大事な命だからこそ 悲しみも大きいですね。
幸せに 楽しく 一緒に暮らして行きたいですね。
良いお話でしたhappy01

投稿: みぃこのおっちゃん | 2013年1月13日 (日) 15時11分

命あるものを飼うってことは生半可なことじゃないですよね。覚悟がいります。
楽しいことばかりじゃないから 人間と同じように動物も病気になるし歳をとるし、いずれは…。
せっかく我が家に来た子なんで一生面倒みてあたり前だと思っています。
だってたくさんの楽しいことを教えてくれたし、癒してくれたんだから

でも、虹の橋にいっちゃうと 本当にさみしい

投稿: おーぺいこ | 2013年1月18日 (金) 20時26分

bananamarumiちゃん、こんにちは。コメントどうもありがとうheart
お返事遅くなってごめんなさい。

かわいい動物たちと、私たち人間の時間は、
進む速度が違うから、たくさんの命を見送らなくちゃいけなくて、
切なくて淋しくなるよね...
かわいいあのコたちのためにも、元気で健やかで長生き出来るよう
私たちも頑張ろうねっshinepunchshine

投稿: クシネ | 2013年1月19日 (土) 12時51分

bananaきいろひわさん、こんにちは。コメントどうもありがとうheart
お返事遅くなってごめんなさい。

体調のこと、気遣ってくださってどうもありがとうheart
うわぁー!38度以上の熱が三週間も続いてしまったなんて、
きいろひわさん、それはかなり大変なことでしたねcoldsweats02
しかも仕事を休まないでいたなんて...coldsweats01
その時は、きっと、そうせざるを得なかったんでしょうけれども、
もう、そんな無理をしてはいけませんよぅweep

ねー!きっと天国で、ハム食べ放題でしょうねheart
お歳のせいで、お耳の遠かった猫ちゃんなんですけど、
「ハム」っていう言葉だけは、しっかりと聞き取れたみたいです(笑)
猫に比べると、ワンコのお世話は、10倍大変よ!と言いながら、
おばさんは、とっても楽しそうでしたhappy01
ハム猫ちゃんを含んで、今まで4匹の猫ちゃんと暮らしたそうですが、
きっとその猫ちゃんたちが、ワンコ2匹となって、
生まれ変わって来たから、色んなことが凝縮されているのかも知れませんよネsmile

投稿: クシネ | 2013年1月19日 (土) 12時58分

bananaイルカねこちゃん、こんにちは。コメントどうもありがとうheart
お返事遅くなってごめんなさい。

ニャンニャンニャンの日の公開、お楽しみにね~notessmilescissors
イルカねこちゃんも、チビちゃんの鉄拳に気がついてくれたのね(笑)
なんか、もー、極道と云うよりは、ただのヤンキー猫みたいだよね(笑)

ハム猫ちゃん、とっても愛想の良い猫ちゃんでね、
近所の人も、私みたいな通りすがりの人にも、
愛嬌を振りまいてくれたの。
みんなの心をいつも明るく和ませてくれた、イイコちゃんでしたheart
ハム猫ちゃんが、きっと、しょげちゃったお母さんを心配して、
ワンコのお世話をお願いしたんじゃないのかな、なんて思っちゃったconfident
忙しそうに、だけど笑顔で、かいがいしくお世話に励むお母さんの様子を
お空の上から眺めながら、きっとハム猫ちゃんも安心して、
ハムをハムハム食べているに違いないよネwink
ねー♪大変だからこそ楽しくて、大変だからこそ愛も育つよねheart04

ウォーキングすると、やっぱり体調が良い気がして、
頑張ろう!と思ったんだけど、雪が降っちゃって滑るので、
しばし中断中よcoldsweats01
イルカねこちゃんも、始めたかな?run
体調へのお気遣いもどうもありがとうheart
なんでも歳のせいにするのはよくないけれど、
どうやら色んな不調が、更年期障害に続いている感じよcoldsweats01

投稿: クシネ | 2013年1月19日 (土) 13時06分

bananaコメッコさん、こんにちは。コメントどうもありがとうheart
お返事遅くなってごめんなさい。

体調へのお気遣いどうもありがとうheart
「若いうちは」というところが、私にはもう当てはまらないかも知れないので、
ほどほどにしなきゃいけないネbleah
男の人は、仕事に行かなきゃいけないから寝てられないもの、
お薬飲んで早く治さなきゃ!ってなっちゃうよね。

ねー!やっぱり息子さんの策だよね?wink
歳を重ねてからの別れは、とても辛いからね...
その少し前には、ご主人さまも亡くされたようなので、
ご主人さま、ハム猫ちゃん、と悲しみが続いて、
とてもお辛かったんだと思います...
ワンちゃんたちも、張り切って、おかあさんにお世話を妬かせているみたいよんsmile
お庭から部屋の中まで、ワンコグッズだらけだったよ~(笑)

投稿: クシネ | 2013年1月19日 (土) 13時15分

bananaaiさん、こんにちは。コメントどうもありがとうheart
お返事遅くなってごめんなさい。

うんうん、そうなの!みんなに愛されて、幸せだったと思うheart
私みたいな通りすがりの人にも、愛嬌を振りまいてくれてね、
とってもかわいいイイコちゃんでしたheart04

お庭のお花でも、畑の作物でも、動物でも、人間の子どもでも、
命を預かる、命を育てるって、大変なことだよね。
ほんと、aiさんがおっしゃるように、愛には愛heart
だから大変だけど大変じゃないんだよねheart02

おばさん、すっごく楽しそうで若返ってたよ~smile
大変って言いながら、ニッコニコだったもんnotes
ワンちゃんたちも、お空のハム猫ちゃんも、
「大成功だったね!」と思っているに違いないよねwink

投稿: クシネ | 2013年1月19日 (土) 13時22分

bananaわこさん、こんにちは。コメントどうもありがとうheart
お返事遅くなってごめんなさい。

ねー...愛したからこそ、別れが辛いのは、わかってはいるんだけど、
あの辛さと言ったら、思い出しただけで涙止まらなくなるし、
呼吸も苦しくなっちゃうよね...
人生で、あんなに辛かったことはなかったわ...
こういうのって、無理をしないのが一番だと思う。
私は新しく動物を暮らす決意が出来るまで、
5年もかかってしまったけど、いざ、暮らし始めても、
最初の数ヶ月は、のんちゃんのことをよけいに思い出して、
とても苦しかったから...
きっと、わこさんのもとにも、いつか、まるちゃんが帰って来るheart
その時はね、きっと、すぐに「まるちゃんだー!」ってわかるよwink
またフェレかも知れないし、もしかすると、ワンコやニャンコかも知れない。
その時に、一番良いカタチに、必ず導かれるから大丈夫winkheart04

みんなから、「大丈夫?!」「どっか悪い?!」と心配されるほど、
ガクッと痩せてしまったんだよねcoldsweats01
夜泣きすれば、飛び起きて添い寝したりしてたので、
睡眠不足が、一番祟ったかも知れないわんcatfacesweat02
事情を話すと、「クシネちゃんらしい!(笑)」と
みんなに笑われましたとさ(笑)

投稿: クシネ | 2013年1月19日 (土) 13時33分

bananaみぃこのおっちゃんさん、こんにちは。コメントどうもありがとうheart
お返事遅くなってごめんなさい。

ほんとですね。大事な命だからこそ、悲しみも大きい。
たくさん愛したからこそ、別れも辛い。
幸せに 楽しく 一緒に、ずっとずっといつまでも、ねheart02
亡くなってからは、心の中で、ずっとずっと永遠に、ねheart02

投稿: クシネ | 2013年1月19日 (土) 13時37分

bananaおーぺいこさん、こっちにもコメントどうもありがとうheart04

ちっちゃな仔フェレの、のんちゃんを抱えて家に帰るとき、
私ね、その命の重さに、体が震えました...
「やっと逢えたね」っていう嬉しい気持ちと、
命を託された、預かったという、その責任の重さに、
気付くと、ぶるぶる震えてたこと、よく覚えています。
ほんと、楽しいことばかりじゃなくて、コミュニケーションがうまくとれなくて
泣いたり、いらだったり、嘆くこともたくさんあって...

でも、おーぺいこさんがおっしゃるように、
たくさんの楽しいこと、色んなこと、教えてくれるんですよねheart02
動物たちの癒しに、優るものなんて、この世にないしheart02

だからこそ、虹の橋へ行っちゃうと、こんなにも淋しくて切なくて
恋しくて胸が苦しくなるんでしょうね...

逢いたいですよね!
もう一度だけでいいから、思い切り抱きしめたいですよね...

投稿: クシネ | 2013年1月19日 (土) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ごくどうのおんニャたち | トップページ | 今日もウォーキング »