« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月27日 (木)

今日もさいたまスーパーアリーナなう♪

小雨が降ったり止んだり。しかも昨日よりも寒し。

今日は、完全防寒装備でちょうど良い感じです。

20140327

本日のお席は、審判の向かい側2階席。

全体が見渡せる良いお席でございますheart

|

2014年3月26日 (水)

さいたまスーパーアリーナなう♪

いよいよです!

20140326

体調不良のため、最初っからは参戦出来ませんでしたが、力の続く限り応援がんばって来ます!

|

2014年3月24日 (月)

びえ~ん!

金曜日から急に、鼻がムズムズし出しましてcatface

くしゃみ連発、鼻水垂れ放題状態にshock

こりゃー、いよいよ、花粉症デビューか?!と思ったんですが、先週の月曜日に高熱出しましたcoldsweats01
熱が出た後は、くしゃみも少しずつ減って来て、くしゃみが減ったら今度は木曜から咳が。どうやら、花粉症ではなく、風邪だったようです。

風邪程度では病院へ行かない私ですが(インフルエンザの可能性があるときは行きます。でもインフルエンザだったことは今のところナイ)、連休の土曜日からは、低気圧接近や季節の変わり目のときになる耳に栓をされたような症状が出始めました。

これも私には、時々ある症状で、でも、いつもは眩暈とセットなんですが、今回は閉塞感だけ。ところが、昨夜から、耳鳴りがし始めて、それも今まで経験したことのない低音耳鳴りなものですから、心配になり、病院へ行って来ましたhospital

色々検査をしてもらったところ、「風邪が引き金のアレルギー性鼻炎の一種」ということになりました。くしゃみは止まったけど、鼻水は一向に治まる気配がなくて、「やっぱり花粉症?」とか思っていたんですが、まさかアレルギー性鼻炎だったとは...catfacesweat02

耳の閉塞感と耳鳴りは、鼻の奥の炎症によるものだそうです。まさか鼻炎で耳に影響があるとはびっくりです!...が、まぁ、口と鼻と耳はつながっていますから、影響あってもおかしくはないですもんね。

先生はベテランな感じの女医さんだったんですが、「風邪を引いたらこういうふうになる前にいらっしゃい」と言われてしまいました。耳鼻咽喉科で風邪って、結びつかなかったんですが、そう言えばどなたかのブログで、「風邪のときはいつも耳鼻咽喉科へ行っています。オススメよ♪」とか読んだことがあったかも?

ネブライザーやりました。たぶん子どもの頃にやったことがあったとは思うんですが、大人になってからは初めてだったので、結構ドキドキしましたよ(笑)

先生に、「ネブライザーすると、改善されるわよ。」と言われたんですが、本当でした!終わって、鼻から外して待合室でお会計を待つときには、すっかり耳の聞こえも良くなって、耳鳴りも止まっていたので、びっくり~wobbly

時間が経ったら、またおかしくなっちゃったけど、一回やっただけじゃ、治りませんよね。

点鼻薬と飲み薬が出ました。点鼻薬をすると、しばし回復するので、やっぱ鼻なんだなぁ...と実感しているところです。実家通いやら、心配事やらで、心身の疲れもあるんだと思います。胃の調子も悪いので。ストレスにめっちゃ弱いんですわ。そういう自分に落ち込んで、またそれがストレスになるという悪循環よcoldsweats01

しばし回復に専念します~bearing

|

2014年3月16日 (日)

ワンコとニャンコとフェレットと

今日は、「震災で消えた小さな命展~複製画展~京都展」のイベントの様子が、Ustream配信されるというので、ボランティアを一緒にさせていただいているKさんのお招きで、Kさん宅におじゃまして、一緒に観させてもらうことになりましたhappy01

※アーカイブ(録画)は、こちらで観られます。
http://www.ustream.tv/recorded/44950979

Kさんのお宅には、ワンちゃんが1匹、ネコ2匹、フェレが4匹もいるのですよ~lovely

中継も楽しみでしたが、彼らに逢うのも楽しみでしたwink

仲良くしてもらおう!と、おもちゃのお土産も忘れずに持参smilescissors

ワンちゃん(男の子・mix)
2014031601

黒いニャンコお姉さん
2014031602

黒いニャンコ妹ちゃん
2014031603

フェレは全員男の子。
写真のコは、一番ちっちゃいのに一番食いしん坊だった(笑)
2014031604

わらわらわら~っと、賑やかに(笑)
2014031605

盛んに宅オフやっていた頃のことを思い出し、懐かしくなりました。
2003年のことだから...もう11年前になるんですねぇ...しみじみconfident

Kさんのお家にいるコは、ワンコもニャンコもフェレットも、みんな保護されたコ。
今はこうしてKさんのお家で、みんなしあわせに暮らせて本当に良かったです。

黒猫姉妹の妹ちゃんは、まだ子猫なので、身軽だし、体力も有り余っていて、じゃらし遊びも際限なく、ずーーーーーーーっと。肩でハーハー息しながらも、まだ休まず(笑)

お姉ちゃんが、ひたすら自分の順番を待っていたんですが、ちっとも回って来ない(笑)
写真は、待ちくたびれて淋しげな様子...

子猫に遊んでもらったのは久々だったので楽しかったですnotes
うちの猫娘たちも、こんな時代があったっけ(笑)

フェレとは、久々にたわむれましたが、のんちゃんが旅立って以来、泣かずにフェレに接することが出来たのは初めてでした。まぁ、泣こうと思えば簡単に泣けるんですが(笑)、そっちの気持ちにさらわれることなく、その時間を楽しむことが出来ましたconfidentheart02

今年でのんちゃんが旅立って10年になりますが、やっと...やっと、ですわ。

それにしても!!!

マーシャルっ子ばかりのせいもあるかも知れませんが、みんな、細面で小柄なイケメンばかりで、改めて、「のんちゃんってば、でっかくて丸顔で肉体派だったな...」と思ったのでしたcoldsweats01

Kさんのお家のコたち、ウ●チも、ちっこかった(笑)

| | コメント (4)

2014年3月14日 (金)

実家行って来ました

あまり体の調子が良くないようなので、月曜に引き続き、今日も実家へ行って来ました。

ずっと食欲がない、ご飯が食べたくない、胃がもたれるような気がする、というので心配していましたが、実家へ行って様子を見ていると、お菓子を結構食べているんですよねー...catface

白い砂糖は摂り過ぎると胃を荒らしますし、高齢者ならなおのことでしょう...coldsweats01

お昼に何が食べたい?と聞いても、なんでもいいと言うので、とりあえず、何個かメニューを口頭で述べてみると、「ミートソーススパゲティが食べたい」というので作ることにrestaurant

最初は小盛りにして様子を見たところ、おかわりするし、おかわりはてんこ盛りにしてくれと言うし、最終的には、私よりもたくさん食べてましたcoldsweats02

その後で、おやつに、黒糖まんじゅうを食べてたし。

「食欲ないんじゃないかったの?」と聞くと、「好きなものは沢山食べられる」とのこと...

それは、親父に限らず、みんな一緒だよ。

ご飯が食べたくない、というのも読んで字の如し、「米の飯が食べたくない」という意味だったらしいのですが、思い切って魚沼産のこしひかりを買ってみたら、美味しくて、おかわりした!と言うんですわ。冬場は、暖房費がかさむので、安いブレンド米を買っていたようなんですが、どうやら美味しくなかったようで...

親父の不調は、精神的なものによる影響もあるんじゃないかと思います。

自分でも言ってたけど...

足を痛めてから、遠出が出来なくなって、サイクリングや写真撮影にも行かなくなり、結局2年前のクリスマスにプレゼントしたデジカメも、ほとんど使っていない状態で。去年張り切って始めた英会話のCDも、三ヶ月で飽きてしまい埃がかぶってます。続かなかったのは、教材が悪い、と文句言ってましたが...coldsweats01

仲良くしていた人たちは、うちの親父よりも年上だったので、病気されたり、亡くなったりで、一緒に遊びに行く仲間もいなくなり...もともとが、人付き合いの上手なひとではないので、自分から積極的に集まりなんかには行けないタイプ。趣味のカメラも碁もやらなくなっちゃったし...じゃ、ほんと、気晴らしもないですもんねぇthink

若い頃は、あちこち遊び歩いて、家にいなかったひとなので、アクティブなのかと思っていたら、誘ってくれるひとがいたから、ホイホイ出歩いていたみたいで。誘ってもらうと、喜んで出かけるけど、自分から積極的に誘えないタイプだったらしい...

どっかの誰かさんみたいだわー...と、つくづく思う。
(友人に、激しく似たタイプがいる...)

女性よりも男性の方が、こういうことが多いんじゃないの?と、同じく高齢の義父さんの世話を焼く友人がこぼしていました。うちの親父と、同年代のお義父さんなんですが、ほぼ状態も一緒なのでcoldsweats01

うちの旦那は、大丈夫かしらー...趣味は、ゲームとガンプラくらいしかなんですがshock

高齢になったら目が疲れて、ゲームもガンプラも出来るまい...

まだだいぶ先の話ではありますが、心配だわ~...

とりあえず、実家の親父の対策としては、今まで毎日一回夜にかけていた電話を、朝と夜の二回に増やし、実家へ行く回数も少し増やそうと思います。実家通いも大変なので、もうちょっと実家の近くに引っ越した方がいいのかな...

色々悩み多き年頃になりました。

若い頃の悩みなんて、これにくらべれば屁でもなかったわー...うぅむbearing

| | コメント (2)

2014年3月13日 (木)

飽きちゃったのねぇ~

おねいちゃんと、取り合いになるほど、お気に入りだったロイカナの療法食だったのに...

とうとうチビちゃんが、飽きてしまいましたcatdash

おねいちゃんも、あまり欲しがらなくなったcoldsweats01

五ヶ月も続くと、飽きて当然かも...

...というわけで、獣医さんに相談して、他の療法食にしてもらいました!

2014031301

日清 JP STYLE Dietetics のストルバイトブロックです。

以前、試供品をもらったことがあるのですが、

美味しく食べてくれているようなので、先生に聞いてみたところ

「あるよー♪」ということだったので、これにしてもらいました。

今のところ、がっついてくれていますgood

結石の出来やすいコは、水分を豊富に含んだウェットフードも

食べてくれると本当は助かるのですが、

チビちゃんは、ウェットフードを食べるのが苦手...

味が苦手なんじゃなくて、食べ難いようなんですcatsweat01

でも、色々試しているうちに、ペーストタイプなら、問題なく食べられることを発見flair

総合食ではないので、オヤツのようなものだけど、食べてもらうことにしました。

でも、近場のスーパーでは扱っていないので、

セールのときにネットでまとめ買いしてますwink

ふと思ったんですが、ウェットフードもミキサーでペースト状にしたら、

もしかしたら、食べてくれるかもflair

チビちゃん用なので、ちっちゃいのでいいから、ミキサー買ってみようかなー。

| | コメント (8)

2014年3月11日 (火)

祈りの日

東日本大震災からもうすぐ3年という3月4日、ある絵本が出版された。

2014031101

ぼくは海になった―東日本大震災で消えた小さな命の物語  さく・え うさ

そう。「震災で消えた小さな命展」の代表/うささんによって描かれた絵本だ。

店頭に並び始めたのは、3月4日頃からだけれど、出版の日付は、3月11日と記されている。

主人公は、たえちゃんという飼い主さんのもとで暮らす、ミニチュアダックスフントのチョビちゃん。

チョビちゃんは、たえちゃんのお母さんと一緒に、その胸に抱かれて津波に...

あの日、チョビちゃんのように、たくさんの人間以外の生き物たちも、犠牲になった。

うささんは、2011年の10月、宮城県の沿岸部にボランティアに行き、動物の家族を亡くして悲しい想いをしているたくさんの被災者の方たちや、動物保護のボランティアさんたちと出会い、お話しを伺ったことをきっかけに、「震災で消えた小さな命展」開催を決めた。

亡くなった動物たちと、飼い主さんの心を、自分たちが描く絵でつなぐことが出来たら...

うささんのその想いに賛同した国内外のたくさんのアーティストたちが絵を描いた。

「震災で消えた小さな命展」は、2012年の3月に始まり、パート1、パート2と被災地や日本各地及び台湾で巡回し、描かれた絵は、巡回展を終えた後、飼い主さんのもとへと帰って行った。

思い出の品や写真も、全て失ってしまった方もいらして、「それならば、なおのこと、少しでも似せて描いてさしあげられたら...」と、何度も何度も被災者の方とやりとりして、描かれた絵もある、と伺った。

画家の方が、絵を描いているときに、ふと浮かんだものを描いたら、生前その子が大好きだったものだった、というような、不思議なこともあったそうだ。

飼い主さんは、「やっと逢えたね!」「おかえりなさい!」そう言いながら、絵を迎えに来られるそうだ。そして、愛しそうに胸に抱いて、帰って行かれるとのこと。



「震災で消えた小さな命展」の目的は、実は2つある。

1つは、「亡くなった動物たちと、飼い主さんの心を、自分たちが描く絵でつなぐことが出来たら...」ということ。

そして、もう1つは、「動物も人間と同じ命、大切な家族だ」ということ。

彼らがもし人間だったら、助かった命が、救えた命が、たくさんあった...。

「人間だから」「動物だから」ではなく、「救える命はすべて救う」
「命は平等」なのではないですか?

講演会で、うささんはそう問いかける。

すべての人たちに、命の大切さと平等について、考えてもらうきっかけになれたら...その想いで、全国各地を飛び回っている。

絵になった子たちは、飼い主さんの元へ戻って行ったので、「震災で消えた小さな命展」は、現在、60点を複製し、「複製画展」として全国各地で開催されている。

3月15日~19日は、京都の立命館大学国際平和ミュージアム1階中野記念ホールにて。
3月20日~25日は、神戸の南京町ギャラリー蝶屋にて。

詳細は、コチラ → 



去年の9月のこと。

被災地の動物たちに関する講演会に参加した。

ある地で、長年ボランティアとして活動して来た女性の方が話して下さったことが忘れられない。

3.11以前にも大きな地震を経験しているその地では、自治体が独自でペットの同行避難を認め、ボランティア団体の協力のもと、同行避難の訓練を何度も積んでいたそうだ。

そして、3.11のあの日。

ペットを連れて避難所へ向かった。

ところが、同行避難が認められているにもかかわらず、その通達が隅々まで行き渡っていなかったがため、避難所で同行避難を断られてしまったというのだ。

「ペットは入れられない」

そう言われて、「わかりました」とペットを置いて逃げるひとは誰もいなかったそうだ。

何人もの人が、「自分だけ助かるわけにはいかない」と、ペットを胸に抱いたまま、津波に飲まれていった、と、ボランティア団体の代表の女性が、声を詰まらせて語った。

無念です、と、悔しいです、と、何度も何度も言っていた。

なんのための同行避難の訓練だったのか、と。

環境省で同行避難のガイドラインが提示されたが、それはあくまで最初の第一歩でしかない。

大切なのは、もっと小さな単位でのガイドライン、行政や町内会など、いや、本当に大切なのは、個人個人の心がけなのだと、その時に思った。いくら国が決めてくれても、知らない人にとっては、なんの意味も持たない。

でも、もし、すべてのひとが、「命は平等」と思えたら、そんなガイドラインなんて、必要なくなるだろう。



今日で3年の月日が流れた。

時間が解決する、と、よく言うけれども、悲しみや苦しみは、そんなに簡単には癒えないし、癒せない。

のんちゃんは病気で、心の準備期間を得たにもかかわらず、私はそこからなんとか立ちあがるまで5年の月日を要した。

突然の災害で、愛しい誰かとのつながりを、いきなり断たれてしまった方のお気持ちを想うと、どうお慰めしたらよいのか、言葉も見つからない。胸が痛い。

あの日、空に昇って行ったたくさんの大切な命を想い、今夜は星に祈る。

どうかすべての魂が、安らかでありますように、と...

| | コメント (4)

2014年3月10日 (月)

カモさんありがと♪

だれぱんださんのご主人さまから、バレンタインデーのお返しをいただきましたheart

2014031001

チョコとプレーンと2つの味のマドレーヌlovely

美味しかったぁー!

KASUGAMOさん、どうもありがとうheart02

| | コメント (0)

役所巡り

親父から電話があって、「代わりに役所に行って手続きして来て欲しい」と言われたんですが、色々聞いてみると、本人確認が必要な様子...

委任状とかあればいいのかも知れないんですが、親父は「いらないと思う!」の一点張りで委任状を書いてくれそうにないし、今日が手続きのタイムリミットだと言うので、役所に問い合わせている時間もないので、「付きそうから一緒に行きましょう」ということになりました。理由を聞いたら、体調が悪くて行けないというわけではなく、面倒臭いから代わりに行って欲しいというものだったのでcoldsweats01

親父の地元の役所は、駅から微妙な距離なので、バスで行くことに。役所のHPを調べても、アクセスのところへどのバスを使ったらいいのか、とか、何も書いてない。イマイチ不親切なHPだわーthink

私だったら歩く距離なんですが、高齢者にとっては大変な距離でしょう。私なら徒歩7、8分ってところですが、うちの親父ならゆっくりしか歩けないし、途中で何度も休むから、20分はかかりそう...市内の巡回バスはあったけど、一時間に一本しかないんじゃ頼りにならない。車の運転が出来るひとばかりじゃないしね。これから益々高齢者が増えて行くのだから、このままだと不安ですね。

役所に入って親父と向かった課には、うちみたいに、子ども?や孫?に付き添われた高齢者の方たちばかりでした。ああ、みなさん、同じなんですねぇ、とcoldsweats01

窓口でのやり取りを横で見ていると、なんとも要領を得なくて心もとない感じ。役所の窓口の方も、大変だろうなぁ...。耳が遠い人が多いので、大きな声でしゃべらないといけないし、何度も同じことを聞かれて説明を繰り返したり...。みなさん、嫌な顔ひとつせずに、丁寧に対応してくださっていたけれども。

役所だからいいですが、これが他の窓口だったら...と思うとちょっと怖い。出さなくてもいいような大切な書類とか印鑑とか、平気でバッと出しちゃうし。高齢者が詐欺の類にあいやすいのも、なんとなく想像がつくような...。

私が高齢者になる頃は、街のほとんどが高齢者という時代になってしまうわけですが、どんな世の中になっているのだろうかと思うと、ちょっと背筋が寒くなる...今より良くなっているといいなぁ~!なんて、楽観的には思えないかんじbearing

| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

結果は異常なしでした

先日のマンモグラフィーの結果が届きました。

今回も「特に異常なし」とのことで、ホッと胸を撫で下ろす...

市の検診は二年に一度。2013年度の検診ということなので、お次は2015年度内に受けることになるのですが、マンモを受けない年にも、触診と超音波の検査は受けておいた方がいいかな、と思っています。

| | コメント (0)

季節のあんみつ

バレンタインデーのお返しを買いに、池袋のキットカットショコラティーへ行って来ました。

開店して間もなく着いたんですが、既に長蛇の列でしたcoldsweats02

開店前から並ばないと、数量限定品は買えないのかも?

でも、キットカットショコラティーは、ここにしかないので、ここで買うものは一応全て「限定」ってことで、「サクラグリンティー」のチョコを買って来ましたhappy01scissors

のん父(旦那)にチョコをくださった方は、どうぞお楽しみにheart

40分程並びましたが、数量限定品は開店一時間程で売り切れてしまったみたいでしたよ。



買物の帰りに、東武のみはしに寄って、甘味いただきましたぁhappy02

私は、季節限定/桜あんみつをcherryblossom
20140308

のん父(旦那)は、田舎しるこ(粒あん)を。

今、中に入っているお餅を、無料で、「あわ餅」に換えてくれるんです。1個からでもOKとのこと。2個入りなので、1個は普通のお餅を、もう1個はあわ餅にしていただきました。嬉しいサービスlovely

3月末には、桜の開花の知らせが届きそうですが、年々早まっていますねぇ...

今から20年前は、確か4月の中頃にお花見に行ったような気がするんですがcatface

| | コメント (0)

のんちゃんの夢見ました☆

今日は久しぶりに、のんちゃんの夢を見ました。

メインは、のんちゃんなんだけど、その他4匹もフェレが出て来て、わらわらわらっと、かなり賑やかな夢でした。4匹のうち、2匹は高齢で2匹は若造でした。若造が高齢フェレの4倍は賑やかという、ね(笑)

私はその賑やかな様子を、のんちゃんをダッコしながら見ているという夢でした。

のんちゃんも、若造フェレのやんちゃっぷりに混ざりたくて、私の腕から逃げようとするのを、ちょっとだけ意地悪して引きとめたりして。

それだけなんですがね。

何事もない日常のほんのひとコマ。

それがなによりも楽しくてしあわせ。

...という夢でした。

| | コメント (0)

2014年3月 6日 (木)

実家へ

...というワケで、一日延期になった実家行き。

駅で親父と待ち合わせして用事を済ませ、

スーパーでお刺身を買って実家でお昼にすることに。

ところがスーパーで買ったお刺身のパック、

ふたがちゃんと閉じてなかったようで、

袋に入れようと持ちあげたら、ガバッとひっくり返って中身がおじゃんにshock

よく見たら、他のパックはちゃんとビニールテープで止めてあったのに、

うちが買ったパックは、テープが付いてなかったthink

自分の地元のスーパーなら、文句の1つも言うんですが、

親父の地元のスーパーなので遠慮して、

自分でお金出して買い直しましたわ。とほほweep

実家へ行ったら、部屋が散らかりまくっていましたcoldsweats01

昔から親父は、片付けられないひと、なので、

ちょっとの間に、とんでもないことになる...

もうちょっとマメに通わねばならないですな、これは...

昨日の雨が嘘のように、よく晴れましたが、

風はものすごく冷たくて、ここに来てこの寒さはないだろうよ。さむー!bearing

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

あまおうマカロン♪

昨日、Hちゃんにいただいたあまおうマカロンheart
20140305

美味しゅうございましたlovely

Hちゃん、ごちそうさまでしたheart



本来なら、今日は実家へ行く日でしたが、どしゃ降りの雨のため、

「明日に延期して!」と親父から言われて、明日行くことになりました。

以前は、「どうしても5日じゃなきゃダメなんだ!」と、

ガンコに言い放つ親父でしたが、

どうやら、5日じゃなきゃ絶対にダメ、というわけではなかったみたいですcoldsweats01

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

打ち上げ~♪

NちゃんとHちゃんと三人で、ソチ五輪の打ち上げ(応援の)しましたbeershinebeer

20140304

言いたい放題!飲みまくり、食べまくり、しゃべりまりで楽しかったなっしー!(酔っ払い)


| | コメント (0)

2014年3月 2日 (日)

セールというので...

某ショップのセールが今日まで、ということで、リュック型のキャリーを探して行って来ました。

置いてあったんですが、予算よりもだいぶ高くて断念despair

ネットで見つけたリュック型キャリーを基準の値段と考えていて、それよりも安かったら買おうと思っていたんですが、セールになっても、かなり高かったshock

帰りに、地元の駅のホームで、駅そばを食べて帰りました。

ここの駅そば、美味しいと評判で、ファンが多く、一時閉店していたんですが、ファンの復活を求める声があまりにも高くて、再度ホームに開店することになったんです。

なんでしょうかねー、店員さんの感じの良さもあるんじゃないかしら。ニコニコで、そば出されると、美味しさ増すような気がしますよnoodle

旦那は月見そば、私は山菜そばを、ずぞぞぞぞっとすすって、帰って来ました。

美味しかったーheart

| | コメント (0)

2014年3月 1日 (土)

チケットが届く

フィギュアスケートの世界選手権が、さいたまスーパーアリーナで今月開催されます。

地元埼玉での世界選手権、この先もうないかも知れないので、なんとしてでも行っておきたい!...というわけで、多数のアカウントを駆使して駆使して駆使して駆使して、何度もはずれては挑戦して、やっと確保出来たのは、ペアSPと男子SPのA席二枚。これは旦那と。

翌日のペアFSと女子SPは、フェーブさんがS席のチケットを譲ってくれたので、友人Hちゃんと一緒に。最近はフェーブさんと行くことの多い私。若い頃はHちゃんと行ってたので、超久しぶりの一緒観戦。Hちゃんも私も、最近は旦那と一緒に行くことが多いんですわ。

フェーブさんは、なんと全日程通し券で行くんですって。うらやましいっ!

フェーブさんは元スケート選手だし、Hちゃんは私と同じくらい昔からのフィギュアスケートファン。仲良しには、フィギュアファンも多いんだけど、不思議と好きな選手の趣味が合わない(笑)

でも、合わない方が、会話をしていて盛り上がるから不思議(笑)

うちの旦那は、私と付き合うまでフィギュアスケートを観たことのなかった人だったけど、私の影響で、今や私に負けないフィギュアファン。語らせると、結構語る。視点が結構面白いので、自由に語ってもらいながら一緒に観る。

えー、そんな旦那ですが、今日は友だちの仕事のお手伝いで出かけてます。
仕事が終わると、飲み会っていうのが定番なんですが、今日も飲んで帰って来ました。

その打ち上げで、フィギュアスケートの話題が出たそうで。

しかも!

旦那の友だちってば、伊藤みどりのファンだって言うじゃないですかっっっ!

なんで私を呼ばなかったーーー?!

呼んでくれれば、相当盛り上がったハズなのに。次回は呼んでくれたまえ。ぜひ!!!

20140301

| | コメント (4)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »