« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

6月も今日で終わりですね!

ニャンとも体調不良な一ヶ月となってしまいましたcoldsweats01

まだ不調ですcatfaceトホホ

一旦、良くなりかけたんですが、思いがけないことで腰に負担をかけてしまうことになり、坐骨神経痛も併発してしまいました。人生初の坐骨神経痛の痛いのなんのってshock

生理痛は、でっかいかさぶたをゆっくり剥がすような鈍痛ですが、坐骨神経痛はスポットをキリでキリキリと刺すような鋭い痛みで、一時は、ダブルで痛みに襲われて、もうダメかも知れないと思ったほどでした...←大げさcoldsweats01

整形外科で頑張って牽引を続けています。婦人科のお薬は、今回は間に合わなかったようで、今ちょっとヘロヘロですdespair

ボーナスが出たら、旦那が、タブレットを買ってくれるかも知れないので、そしたら、ブログに復活出来るかもsign02lovely

そんなワケで、家探しも進んでおりませんhouse
段々熱も冷めて来て、もう一生賃貸でもいいかな?という気もして来ました。そもそも、坐骨神経痛のもとになったのが、家探しだったという裏話もありまして...ちょっとブログには詳細を載せ難いんですが...

七月は、どんな月になるのかな。元気にお逢い出来るといいのですがconfident

猫娘たちは、元気にしております。涼しいので、昼寝がとっても気持ち良さそうですcatsleepycat

2014063001

| | コメント (10)

2014年6月22日 (日)

誕生日でした☆

今日は、私の誕生日でしたbirthday

本当は、川越の方へ食事に行く予定だったのですが、足腰が痛く遠出不可だったので、

近所の中華屋さんでお祝いしましたbeershinebeer

2014062201

2014062202_2

2014062203_2

2014062204

プレゼントは、旦那に絵を描いてもらいました。

ずっと頼んでいたんだけど、5年目くらいにして念願叶う?

でも、額に入れてプリントアウトして欲しかったんだけど、

まだデジタルな状態...catface

はよプリントアウトして額装してくり!

|

2014年6月11日 (水)

10年経ちました

あれから10年経ちました。

今日はのんちゃんの命日です。

先週、私の体調不良のために休みをとってしまったので、

のんちー父は、仕事を休むことが出来ませんでした。

10年間で初めてのことです。

淋しいけれど、しょうがない。

私が体調を崩さなければ...

のんちゃん、ごめんね。



お供えのお花は、花キューピットで頼んだのですが、

とっても不思議なことがありました!

不思議なこと
 → 『虹の架け橋別館/のんちゃんと歩く道 004.再会

2014061101



バナナのケーキは、アンナミラーズのスモールパイ/バナナをbanana

予約しておいて、仕事帰りに、のんちー父が買って来てくれました。

2014061102



2014061103

もしかしたら、来年は、このアパートにいないかも知れない...

そう思ったら、すごく淋しくて泣けて泣けてしょうがありませんでした。

何度も何度も思うけど、のんちゃんが元気なうちに、

お家を買っておけば良かったな。

そしたら引っ越さなくても、一生その場所で一緒にいられたのに...

どこに行っても、のんちゃんは、ついて来てくれるだろうけど、

思い出だらけのこのアパートを離れるのは、すごく辛い。

| | コメント (2)

更新日記

『ねこもいるいたち部屋』

・「虹の架け橋~のんちゃんと歩く道~」を更新しました。

|

2014年6月10日 (火)

わこさんありがとー!

デートする予定だったのは、『わこ わーるど』のわこさんでした。

ずっとずっと逢いたかったので、やっと念願が叶う!と夢心地で、その日を指折り数えていたのにweep

近いうちに逢えるといいな。元気になったら、私が逢いに行っちゃう?!lovely
それを励みに、治療を頑張りますshinepunchshine

わこさんから、ステキな贈り物が届きましたpresent
本当は、わこさんの手から受け取る予定だったのに...と思うと泣けてくるcrying

2014061001

筑紫もちは、うちの旦那がわこさんと同郷なので、とっても懐かしがっていましたheart04
ぜんぶ美味しくいただきました。わこさん、どうもありがとうheart


こちらは、粘土ちゃんたちlovely
2014061002
私専用の飾棚で暮らしてもらっていますhouse

ふんわりとして、ほっこりとして、いつもかわいい粘土ちゃんたちheart02
見つめていると、自然と笑顔になるから不思議happy01

わこさん、いつもどうもありがとうheart

今度は、うちに泊まりに来てね!わこさんを案内したいとこ、いっぱいあるんだよー!happy02



明日は、のんちゃんの命日ですbanana

朝からセッセと掃除に励み、のんちゃんの祭壇(タンスの引き出し)を整えましたshine

とうとう明日で10年です...

| | コメント (2)

2014年6月 9日 (月)

色々ありました...

実家の親父が、かなり元気になってくれたので、6月からブログも通常営業再開だぁーっ!と思っていた矢先、色々ありまして、まだ復帰出来ずにおりますcatface

まずは嬉しいご報告。

実家の親父ですが、元気になりました!

目の前のスーパーが閉店し、体調の悪さも重なって、どんよりとしていた親父ですが、元気になると、やる気も出て来るものですねぇ!むしろ、「目の前にスーパーがない」ということが刺激になったようで、少しだけ遠出するようになりました。目の前のバス停からバスに乗って駅前に出て、駅近のスーパーへ行く方が体には楽みたい?とか、晴れた日はのんびりと自転車を押して、少し先のスーパーまで行ってみようか、とか、色々と考えて行動するようになりました。出かけると、肉体的には疲れますが、気持ち的には外へ向くので明るくなるように感じます。「大変だー」「疲れたー」を連発する割には、ちょっとだけ楽しそうでもあります。単調過ぎる生活よりも、大変ではあっても、ちょっとした刺激がある方がいいみたいです。そんなわけで、体調不良のとき程、実家へ通わなくてもいいようになり、私の体も楽になりました。私とて中年の身。若くてピチピチとして体力が有り余っているわけではないので、本当に助かりますconfident

ここからは、ちょっとした事件が3つ。

1つ目は、換毛のシーズンに突入して、毛玉を吐くことが増えた猫娘たちですが、5/27(火)の夜から、おねいちゃんの吐き戻しが激しくなり、5/28(水)に予定していたとても大切なデートをキャンセルせねばならなくなってしまいました。ブログを通じて仲良くなったフェレ友さんと、初めて逢う予定だったので、すごく残念で申し訳なくて、正直泣きました。

毛玉吐きも、一度吐けば、その場は大体落ち着くのですが、何度か繰り返すようなことになると、胃が荒れて、毛玉を吐き終えた後でも、何度も吐くようになってしまうのが、うちの猫娘たちの特徴です。先生曰く、「胃腸が弱い姉妹」だそうです。5/27の夜から、一時間に一度吐くという状態が、5/28の8時頃まで続き、徹夜となりました。獣医さんは10時オープンなのですが、その後は落ち着いた様子で、流動食なら少しずつ食べられるようになり、獣医さんも、吐かないようなら注射を打ったり薬を飲ませる必要はないでしょう、ということで、様子見となりました。お祝いのときにしかもらえない、ちょっとお高めのウェットフードがもらえて、おねいちゃん的には、ウハウハなようでした。目がキラキラして、いつもよりも嬉しそうにがっついていましたよ。チビちゃんが横で、「ズルーイ!」という顔をしていたので、チビちゃんにも、いつもよりも多めに、チルチル(トロ~りとしたスムージー状のおやつ)をあげました。何度も吐き戻すようなことがあると、その時に食べていたカリカリフードは食べなくなります。本猫的には、「吐いたときに食べていたもの」に原因がある、と思うようです。なので、胃が落ち着いてからは、カリカリフードをチェンジしました。以前飽きて食べなくなったフードですが、しばらく間が開いたので、また美味しく感じたようで助かりました。その後は、吐くこともなく、おねいちゃんもチビちゃんも元気に過ごしています。ホッconfident

事件2つ目ですが、私、8年間通った婦人科を転院しました。
2年前に病院の体制と主治医が代わり、なんとなくしっくり来ない感じとなり、転院も考えたものの、しばらく通ううちには気心も知れるだろうと通い続けて来ましたが、とうとう打ち解けることが出来ませんでした。
5/19に定期検診に行き、内診が終わった後で、先生がカルテを見て気付き、「頸がん検診の時期だったんですね。今日はもう内診は終わったので、次回結果を聞きに来たときにでもしましょうか。」ということになりました。
なので、一週間後の5/26に結果を聞きに行ったとき、てっきり検査をするものだと思って、そのつもりで行ったのですが、結果を告げた後、「はい、じゃあ次はまた3ヶ月後ね。」と言われたので、「今日は、検診するんじゃなかったでしたっけ?」と催促しました。
すると先生は慌ててカルテをめくって、「そろそろでしたっけ?ご自分の市町村では、検診やってないの?やってるんだったら、そっちで受けてもらってもいいんですが。」と...。先週のやりとりのことはすっかり忘れている様子だったので、「結果を聞きに来たときにやりましょうかねって、先生がおっしゃってたので、そのつもりで来たのでお願いします。それに、うちの市では、持病があって通院している人はその病院で検査してもらうように、と言われてますし。」と私が言うと先生は、「でも、今日は内診がないから、わざわざっていうのもね。次回の定期検診が三ヶ月後にあるので、その時にすればいいんじゃないですか?どうしてもって言うんだったら、今日やらないこともないですが...」と、イライラした感じで言うので、私も、「そうですか。わかりました。」と言う以外ありませんでした。
診察室を出るときには、追い打ちをかけるように、「もし職場で健康診断するなら、ついでに頸がん検診もしちゃっていいですからねー!」と言われました。どんだけ私の頸がん検診をやりたくないんだよ?!pout
市の検診が始まると(病院があるのは隣の市です)、待合室が検診の人でいっぱいになります。受付でのやりとりを聞いていると、ほとんどの人が検診のときのみ訪れる初めての人。いわば一見さんです。私は先生が院長として就任して2年間、ずっと通っている、あなたの患者ではないんですか?と、先生に問いたかったです。検診の人の数をこなすのに、先生はいっぱいいっぱいって感じ。妊婦さんでもない、病気も特に進行しているわけでもない私なんか、とっとと帰ってよ的な...。そうじゃないかも知れないけれど、私には、そう取れるような先生の様子に、さすがにがっかりして、転院を決めました。次回の検診は8月なので、それまでに探そう!そう思いました。私の通院歴は長いですし、検査も色々やっているので、紹介状があった方が転院先で役立つのでは?というアドバイスをいただいたので、「引っ越しすることになったので」とでも理由をつけて、電話で紹介状を書いてくれるよう頼むことにしました。
検査結果は、まぁまぁで、本来なら足取りも軽く~なハズでしたが、そんなことがあったので、しょんぼり泣きたい気分になり、帰り道ツイッターでつぶやくと、たくさんの方から、励ましの言葉をいただき、私が転院を決める大きくて頼もしい後押しとなりました。みなさん、どうもありがとうheart02

が!

転院の機会は、意外にも、早く訪れてしまいました。結果的には、良かったことになるのですが。

2年程前から、急に生理が重くなり、生理中の外出は、ほぼ不可能、痛みも出血もひどいので、2日目、3日目は、間断なく鎮痛剤のお世話になることもたびたび。検診のときに先生に相談するも、「手術するか、鎮痛剤で耐えるしかないですね。」と。鎮痛剤や漢方薬に何か良いものがないか相談しても、「市販の鎮痛剤で大丈夫なら、それを飲んでいればいいと思います。」と...。漢方薬はあまり詳しくないようで、「漢方じゃ良くならないから。」と一刀両断って感じ...catface
そんなものなのかな、と思い、頑張って来ましたが、今月は今までになく症状が重く、いつも飲んでいる鎮痛剤も5時間くらいで効果が切れてしまい、一日3回が限度なのに、午後3時には、その限界の3回目を飲んでしまいました。まったく動けない状態だったので、旦那に休みをとってもらっていたのですが、「本当に3回以上飲んじゃいけないんですか?」と、薬局に聞きに行ってもらいましたが、当然の結果ながら、「3回以上飲んじゃダメです」と...。でも、今日の感じだと、確実に、7時頃には効果が薄れて来るのが目に見えています。このままじゃ救急車かな...と思いましたが、旦那が、「薬が聞いているうちに、病院へ行ったらいいんじゃない?!」と言うので、私も思い切って病院へ行くことに。痛い痛いと泣いたり悶絶したりしていても、なんの解決にもなりませんものねcoldsweats01
実は、近所に気になっていた婦人科があったんです。転院を考え初めてから色々調べると、とっても良さそうな感じで。でも、あまりに自宅から近いので、知り合いに会っちゃうかも?!というので、躊躇してたんです。でも、この日は躊躇している余裕なんてなかったので、ゼーゼー言いながら、フラフラよろよろする体を旦那に支えてもらって行って来ました。6/4のことです。結果として、大大大正解でした!!!行って良かった!!!もー、神さまのお導き的な!!!happy02
結局、以前の病院に書いてもらうつもりだった紹介状は間に合いませんでしたが、今までの検査結果の用紙は、しっかり時系列で保存してあるし、それを握りしめて行って来ました。初めての人は問診表の他に婦長さんの面談があり、詳しく症状を聞かれ、持参した検査結果も渡してお願いしました。結構混んではいたけれど、30分くらいで名前を呼ばれ、診察室へ。先生は女医さんで私よりも5、6歳年上な感じ。サバサバした雰囲気だけど、丁寧に話しを聞いてくれて、説明もわかりやすかったし、私の顔もしっかり見てくれました。「間違いなく貧血だと思うから、血液検査もしましょう。」と。「歩いて来たの?!大丈夫ですか?!」と心配されるほど、真っ青だったようです...。自分でも、「今年はなかなか日に焼けないで、色白のままだなぁ。」とは思っていたんですが、まさか貧血のせいで必要以上に白かったとはねcoldsweats01

あまりにも痛いので、卵巣が破裂してるんじゃないか?!とか、色々と悪い想像をしてしまいましたが、卵巣は無事でした。良かったです~!検査結果の数値と、現状の卵巣の大きさなら、手術で摘出しなければならない、というほどでもないとのこと。先生からは、「内膜症の治療薬を使ってみませんか?」との提案があり、そんな治療薬があることは、私も今回初めて知ったので、思い切って試してみることにしました。一筋の光が見えたような気がして、思わず涙ぐんでしまいました。痛いし、辛いし、寝たきりになっちゃうし、一人で家にいて寝込んでいると、ものすごく不安で、それを二年間続けて来たので、精神的に弱い私は、結構しんどかったんですよ...weep
血液検査でも、すごく良いことがありました!私は昔から血管が出にくいので、採血がうまくいかないことも多く、辛い想いをして来ました。病院で一番苦手なのが採血っていうくらい。いつも一番細い針で採血してたんですが、新しい病院では、当たり前のように普通サイズの採血一式が出て来て、びっくりしました。左右の腕も、どっちから取れるかな...って時間をかけないと血管が出なかったりするのですが、新しい病院の看護師さんは、なんの躊躇もなく私の左腕を取って、ゴムで縛って、アルコールで拭いて、プスッと刺して、パパッと抜いて、ハイ、おしまい♪でした...。もーね、奇蹟ですよ、私にとっては。その間、数十秒で、何か起きたのかわからなかったくらい!鮮やかな手さばきに、思わず、看護師さんに向かって、「いつもなかなか取れなくて痛い想いをして来たので、採血が怖くて苦手だったんですけど、まったく痛くなくて、感激しました!こんなこと初めてです!すごく嬉しいです!どうもありがとうございました!」とお礼を言ってしまいました。すると看護師さんの方も、「そんなふうに言ってもらえたのは初めてで、今日は私にとっての記念日になりました!みんなに自慢しちゃいます!」って、すごく喜んでくださいましたheart04
心配していた痛み止めの件ですが、痛み止めとしては最強と言われているヤツの飲む方ではなく、座薬の方を出してくれました。市販の鎮痛剤では、もう、この痛みは抑えられないと思うし、座薬なら胃が荒れることもないので、ひと安心です。私が飲んでいた市販の鎮痛剤は、胃に優しい分、軽めのやつでしたし、痛くなってから飲んだのでは、効果が表れるまで下手すれば一時間半くらいかかっちゃって、その間結局、痛みでのたうちまわらなければいけないという状態だったので、ほんと辛かったです。座薬、30分くらいで効くみたいだし、効果の持続も長いし、ぐっすりと眠れて救われました。強い痛み止めではありますが、内膜症のお薬が効けば生理が止まり、生理が来なければ痛み止めを飲む必要もなくなるので、使うとしてもあと数回くらいかな、と思っています。
貧血の検査は翌日には結果が出て、今までで最低の数値が出てました。鉄剤を出されてしまいました。更年期障害だと思って、漢方を飲んでいましたが、なかなか改善せず、「むむ?」と思っていた諸症状も、貧血が原因の可能性があるというので、まずは貧血を改善して、それで良くならなかったら改めて他の検査もしてみましょうということになりました。「貧血は、昨日今日急激になったのではなく、だいぶ前から兆候が見られたと思ういますよ」と先生が。前の病院の主治医は、私の顔、見ませんでしたから...。先生は、患者の皮膚の色とか状態も診るって聞いていたので、私は病院へ行くときは、いつも素顔なんですが、そう言えば、最初の先生は、内診以外にも問診のときに私の顔色等もしっかり見てくれて、血液検査も内膜症の他にも貧血やホルモンの数値検査などもしてくれていたことを思い出しました。新しい先生になってからは、判で押したように定期的に内膜症の検査しかしてくれてなかったわ。二年も通ったけど、主治医と話すとき、毎回、初めてみたいな気分でしたよ。

病院替えて本当に良かったですconfident

そして3つ目。新しい婦人科へ行った次の日の朝のこと。足が痛くて歩けなくなりましたcoldsweats01
以前から、硬い椅子に長時間座った時とか、寝過ぎた時とか、たまに脛の外側辺りが、痛くなることがあったのですが、撫でてれば治っていたのです。...が!この日(6/5)は、幾ら撫でても痛みが治まらず、最初は右足だけ痛かったのに、午前10時くらいには、左足の同じ場所まで痛くなり、正座や横座り、体育座りなど、床座り関係が、まったく出来なくなってしまいました。しょうがないので、ソファに座って、湿布貼ってみたりひたすら撫でまくったりしたのですが、ちっとも良くならず。トイレに行くのにも這って行かなきゃいけないくらいで。でも、湿布を貼ったら右足だけ、少し痛みが軽くなって来たので、チャンスだ!と思い、近所の整形外科へ行って来ました。
先生に症状を説明すると、「腰は痛くないですか?」と...。腰痛持ちなので、腰は大体いつも重いんですが、その日は腰には痛みはなくて、「とにかく脚が痛いんですよぅー!」と、先生に半泣きで訴えるものの、先生は頑なに「足のこの場所が痛いという方は、ほとんどの方が腰椎のこの位置に何か障害が出ているものなのです。腰、痛いんじゃないですか?」と...。一瞬、先生のこと、疑いのまなざしで見てしまいましたよ。足の痛みと腰椎が、なかなか結びつかなくて。
そのやりとりの後、腰と足のレントゲンを撮ったんですが、先生の指摘通り、みごとにその場所の腰椎が横にズレてました...先生、疑ってスミマセンでした!bearingsweat01
そんなわけで、現在、腰椎椎間板ヘルニアの治療中です。温めたりほぐしたりした後、腰は牽引もするそうです。

色々重なって、まだヘロヘロな状態なのですが、無理のない程度に少しずつネットにも復帰したいと思っています。まだ足が痛いので、パソコンの前に長い時間座れないため、このエントリーも30分書いては3時間休み...を繰り返していたので、2日かかっちゃった。うちのパソコンデスク、床座りなんですよ...こんなことなら椅子用デスクにしておけば良かった...腰に負担がかかるので、しばらくは、床座り生活を控えなければなりません。腰痛持ちの方は、どうかくれぐれもお気をつけくださいね!

早く色んな痛みから解放されたいな...痛みって、どこの部位でも、本当に辛いものです。痛がっている人を見かけたら、やさしくしてあげなきゃ!と、しみじみ思ったのでした。

| | コメント (12)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »