« 雪が降りました! | トップページ | バス事故る »

2015年1月24日 (土)

猫娘たちの手術の功名

猫娘たちは、「尿膜管遺残」でした。

これは猫だけのものではなく、最近では、フィギュアスケートの羽生選手が手術をしたことで、その名前を知った方も多いのではないかと思います。

尿膜管というのは、胎児のときに膀胱とおへそをつないでいる管のことで、母猫のお腹にいる時は、その管から尿を体外に排泄しているんですって。普通なら、出産のときに、管は自然と閉じてしまうそうなんですが、たまにその管が残ってしまう仔もいるようで、その残ってしまった状態のことを、「尿膜管遺残」と言うそうです。

猫娘たちの場合は、偶然、避妊手術中に見つかりました。チビちゃんとおねいちゃん、両方ともでした。先生が、「そんなところまで仲良しだね!」と笑っていました(笑)

なんらかの症状が出ていなければ、なかなか見つかり難いようです。例えば、膀胱炎を繰り返す、頻尿、排尿障害、頻繁にトイレを失敗する、等々...様々な症状が起きるそうです。おねいちゃんは無症状でした。チビちゃんは、時々トイレを失敗することはありましたが、仔猫だからだろうと思っていました。その他の症状は見つけることは出来ませんでした。

なので、「避妊手術をしなければ、おそらく見つけることは出来なかっただろうと思います。」と先生がおっしゃっていました。管の残り方によって、そのまま無症状のまま歳を重ねることもあるそうですが、年数を重ねて悪化してしまうこともあるそうです。悪化してからの手術はリスクも高まりますし、その時に見つかって本当に良かった!と思ったのでした。

しかも、「尿膜管遺残」の手術代は、先生の御厚意によりタダでしたcoldsweats02
(「避妊手術代に含む」でいいからね、とのことでした。)

先生曰く、「難しい症状ではなかったし、避妊手術のついでだったから、気にしないでいいですよ。」とのこと。「イヤイヤイヤイヤ!それでは申し訳ないので、お支払いさせていただきます!」と申し出てみたものの、先生が「いいから!いいから!」とおっしゃるので、最終的には、お言葉に甘えてしまいましたcoldsweats01

怪我の功名じゃないけれど、手術の功名でした。避妊手術をしたおかげで、他の病気も見つけることが出来たので。一度の手術で問題が二つクリア出来ました。

このブログを始めたのは、猫娘たちの避妊手術が終わってからだったので、もしかしたら、尿膜管遺残の話は載せたことなかったかも?と思い、書いてみました。

退院したばかりのチビちゃん。ぐったりですcoldsweats01
2015012401

おねいちゃんも、しおしおって感じ。眉間のシワが...coldsweats01
2015012402

なのに、退院してすぐに猫タワーに上るという...shock
2015012403_2

ダダダダダーッ!と駈け上るもんだから、傷口が開くんじゃないかとハラハラして、私の方が貧血で倒れそうでしたよ。はふーbearingsweat01

|

« 雪が降りました! | トップページ | バス事故る »

」カテゴリの記事

コメント

わかりにくい場所の病気がわかってよかったね!!
避妊手術で先生見つけてくれたんだね。
姉妹でそうだったって、ほんと、そこまで仲良しなんだ~~
手術後は疲れるよね~~confident
おねいちゃん、痛かったのかな。
先生も良心的で信頼できる先生だねgood
羽生くんもこの病気だったんだ。
寒い場所での競技だから余計に大変だよね。
うちの主人も風邪ひいてしまって
今日は仕事休むの~~><
うちも年下の主人だ~~

投稿: カメ | 2015年1月28日 (水) 07時40分

私も羽生君のニュースで知ったわ~。
男の子だけでも、人間だけでもない病気なのね。
猫娘ちゃんたち、運よく早いうちに見つかって、しかも無料で手術もしてもらえて、良かったねhappy01
猫に“安静”って言葉が分かるといいのにね(笑)
→ダンナ様、お大事にして下さいね。
そして、クシネちゃんにはうつりませんようにconfident

投稿: イルカねこ | 2015年1月28日 (水) 14時19分

bananaカメさん、コメントどうもありがとうheart

カメさんのご主人さまも風邪でお休みしたのねcoldsweats02
その後お加減いかがですか?良くなって来たかな...?
うちの旦那は、今日から仕事へ行きました。
カメさんのご主人さまも、お大事にしてね。
そして...カメさんと私は同い年で、
お互い年下の旦那と結婚していたなんて!
またまた共通点が見つかっちゃったねflairlovely

ねー!フィギュアの選手って、とにかく冷えるから、
色々大変そうだよね...冷えは万病のもとだものねweep

先天性の症状だそうなんだけど、兄弟姉妹で揃って同じって
結構珍しいなぁって先生笑ってました(笑)
さすがの猫娘たちも、退院した間際はぐったりしおしお、
いじけちゃって、と言うか、やさぐれちゃってと言うか(笑)
でも、ちょっと休んだら異常にテンション高くなって、
猫タワーを何度も雄たけび揚げながら、上ったり下りたりして、
傷口が開くんじゃないかと思ってハラハラしちゃったcoldsweats01
もう5年も前のことだから、写真の猫娘たち、
サイズがだいぶ小さいよね(笑)

投稿: クシネ | 2015年1月29日 (木) 11時24分

bananaイルカねこちゃん、コメントどうもありがとうheart

お腹を開いてみないと、なかなか見つかり難いみたいだし、
残っている場所によっても、見つかり難いみたいだから、
偶然とは言え、早いうちに見つかって、本当に運が良かったんだなぁと。
見つけてくれて手術してくれた先生には、深く感謝だわよねconfidentheart01

猫に安静(笑)
さしずめ、ことわざにするとしたら、
「絶対に不可能なこと」とかいう意味になるかしら?bleah

旦那は今日から仕事へ行きました。
お見舞いどうもありがとうheart04
おかげさまで、私には移らずに済んだよぅっ!happy02scissors

投稿: クシネ | 2015年1月29日 (木) 11時28分

おはようございます。
クタ~としていても、猫タワーには登るという…見ているほうはハラハラしますよね。ゆきもそうでした(猫タワーはないので、あちこちの家具に飛び乗りました)。
一石二鳥(?)で解決、良かったです。

投稿: きいろひわ | 2015年2月 3日 (火) 05時37分

bananaきいろひわさん、たくさんコメントどうもありがとうheart04

ねー!見ている方の身にもなってぇー!とshock
ゆきちゃんも、やっぱりそうだったのねshock
辛そうにずーっと元気なかったりするのも、
それはそれで心配なんだけど...coldsweats01
退院してすぐに暴れるっていうのもね...bearing

開腹しないと、わからなかったりする症状のようなので、
子猫のうちに見つかって手術してもらえて、
本当に一石二鳥でしたheart02

投稿: クシネ | 2015年2月 3日 (火) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪が降りました! | トップページ | バス事故る »