ペットの健康

2014年9月20日 (土)

チビちゃんのお耳カイカイ

チビちゃんは、以前から、時々耳を痒がることがあるのですが、数日で治まっていたので、特に病院で診てもらったことはありませんでした。

ところがここ数日、お耳カイカイがひどくなり、耳に傷が出来て痛そうだし、原因がわからないのは良くないので、病院へ行って来ました。

耳垢やかさぶたから、ヒゼンダニを確認することは出来なかったのですが、症状から言って、ヒゼンダニの可能性が高いということで、駆除剤(注射)を10日間隔で1本、それを3回打つことになりました。肉眼でダニを確認することも出来るようですが、今のところ正体を発見出来ていません。

日光アレルギーやフードアレルギー、花粉症によるアレルギーやノミアレルギー、蚊アレルギーなどの可能性もあるかも知れないようなんですが、注射が効いているような感じがあるので、耳ダニの可能性が高いような気もします。

同居猫がいる場合は、同居猫の耳の中にも、ダニが移住している場合があるので、気をつけねばならないようです。今のところ、おねいちゃんには、カイカイも耳ダニも見られないよで様子見です。

早く良くなりますように...

| | コメント (0)

2012年12月25日 (火)

ロイヤルカナン『栄養学セミナー』レポート

先週の火曜日(2012年12月18日)のことになるのですが、「ロイヤルカナン『栄養学セミナー』に参加させていただきました。

HAPPY EVERYDAY」のひかりさんに誘っていただいたのが、参加の経緯です。

今日は、そのときのまとめを。



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+



ロイヤルカナン『栄養学セミナー』

日時:2012年12月18日(火)
    13:15 ~ 16:00

場所:ロイヤルカナン ジャポン 本社

主催:アセラブログ

プログラム:
(1)はじまりのご挨拶
(2)参加者による自己紹介
(3)栄養学の基礎知識
(4)ステアライズドのフードについて
(5)おさらいクイズ
(6)HNLP(ヘルス ニュートリション ラーニング プログラム)について
(7)歓談タイム



ひかりさんから誘っていただいて、すごくありがたかったです!
フードメーカーさんから、直接お話を伺える機会なんて、めったにありませんでしょう?
自分のコが、どういうふうに作られたフードを食べているのか、知りたいじゃありませんか!

ロイヤルカナン ジャポンの本社は、品川駅から程近いきれいなビルの中にありました。

入口を入って、まず、目に飛び込んで来たのは、アメショーの猫ちゃん。

2012122501_2

一瞬、生きた猫ちゃんかと思いましたが、お話を伺ったところ、キッザニア東京の動物病院パビリオンでお仕事をされていた動物たちなのだとか。猫ちゃん以外にも、ワンちゃんが2匹いましたよー。

帰宅後調べてみたら、ロイヤルカナンがスポンサーとなって、キッザニア東京に動物病院のパビリオンを開設しているのですね。
子どもたちは、そこで、診察や手術、入院動物のお世話などを体験することが出来るそうです。

あまりにもかわいいので、つい抱き上げてしまったのですが、びっくりするほどリアルな体重と肉球に、ハートをわしづかみにされました。「連れて帰りたい...」と、心の中で思ったことはヒミツです(笑)

魂が宿っているように見えたのは、このコの中に、「お仕事をしている」という強い意志があるからなのかも知れませんねheart

こちらは、やはり入口すぐのところに掲げられた、ロイヤルカナンの理念。
「Dog and Cat First ~すべては犬と猫のために~」
2012122502

ロビーには、たくさんのフードが並んでいましたが、このお写真は、そのほんの一部で、実際のロイヤルカナンの製品は、この何倍もの種類が揃っています。
2012122503

20~30人の大規模なセミナーを想像していたのですが、入室してみると、なんと6人という少人数制のセミナーだということがわかり、一気に緊張感が高まりました...ひかりさんが一緒に居てくださって本当に良かった~~~bearingsweat01


(1)はじまりのご挨拶

2012122507_2 ロイヤルカナン獣医師の原田先生が、スライドによるお写真や資料を交えて、ロイヤルカナン設立の経緯や、南フランスのロイヤルカナン本社について、お話しして下さいました。

きっかけは、1968年のこと。
ジャン・カタリーという獣医師が、皮膚病を抱えたジャーマン・シェパードのために、薬をなるべく使わずに食事で症状を改善出来ないものかと作ったのが、イエロースープという名のフードで、その食事で症状が目に見えて改善したのをきっかけに、口コミで噂が広まり、フード販売の依頼が多く寄せられるようになったため、ロイヤルカナンの設立に至ったそうです。

南フランスのロイヤルカナンの本社は、東京ドーム20個分の敷地内にあり、そこには約350頭のワンちゃんネコちゃんが暮らしているそうなのですが、私が、とびきり心惹かれたお話は、ロイヤルカナンでは、「動物たちに苦痛を与えない」「動物実験を行わない」というのを理念に掲げている、という件。
血液検査も、必要最低限のものしか行わないそうです。
すばらしい!!!lovely


(2)参加者による自己紹介

人数が6人とわかった時点で、もしかすると自己紹介なんていうことになるのではないかと思ったら、やはりそうでした。心の準備が...shock

2012122504_2 アセラブログの編集長さんが、それぞれのお家のコのお写真を用意して下さっていました。
わざわざありがとうございました。うちのは、ホットカーペットでくつろぐ猫娘たちのお写真でした。

HNのクシネが、珍名だったおかげで、話題を振っていただけて助かりました(笑)
ちなみに、フランス語で肉球を意味する単語です。
猫娘たちは、女子ですが、おねいちゃんは5キロ超え、チビちゃんも4.8キロという、なかなか大きな猫なので、果たしてこれは「ただ単に大きな猫なのか?」それとも「肥満なのか?」が悩みどころです、とお話しましたが、後に登場する「ステアライズドのフードについて」というお話にもつながるので、参加して良かったわ~!と、改めて思った次第です。


(3)栄養学の基礎知識

こちらの授業も、引き続き原田先生が。
たくさんのスライドを用いて、とてもわかりやすく、丁寧にお話しして下さいました。

ドッグフード、キャットフードと、ひとくくりには、決して出来ないものなのだということを、改めて深く考えさせられる内容でした。

人間だって、赤ちゃんと高齢者、運動選手と事務職では、必要な栄養が違って来ます。それは、犬猫も同様なのですよね。
ライフステージや、サイズの違い、品種の違い、健康状態の違いによって、必要な栄養バランスは、異なってくるわけです。

特に、ワンちゃんの場合は、フード選びも繊細になることを実感しました。

例えば、チワワとセントバーバード。セントバーナードは、チワワの50倍もの体重になるんですって。こんなに体重差(大きさ)の違いがある動物は犬だけ、と、先生がおっしゃっていましたが、サイズの違いは、見た目の大きさだけではなく、細部にも大きく影響を及ぼしていました。
体重1kgあたりに必要なカロリーや、高齢期が始まる年齢、身体にしめる消化管の割合など、まったく違うと言ってもいいくらい。

ワンちゃんほどではありませんが、猫だって同じことです。

犬種別、猫種別のフードがあるのは、当然のことだと改めて感じました。むしろ、そうじゃなきゃ困るんだなぁって...

他にも、ギブル(粒)の形や大きさにも、意味があるというお話があり、これは、実際に、ワンちゃんやネコちゃんがフードを食べる様子の動画を流してくださったので、更に違いを実感することが出来ました!

ワンちゃんなら、例えばシーズーは、粒を咥えるのが苦手なので、咥え易いように「ヘ」の字型にしてあるとか、丸飲みしがちなラブラドールは、真ん中に穴を空けた形状にして、ゆっくりよく噛んで食べ過ぎないよう工夫してあるとか。

ネコちゃんなら、例えば、メインクーンは、お皿に盛ったフードにガブッと噛み付いて食べるけれど、ペルシャは舌にくっつけて食べるタイプなので食べ易いようにラグビーボール型になっている、とか。

これは、実際に見せていただいたサンプルです。ワンちゃん用ですが。
こちらは、犬種別によるもの。
2012122505

こちらは、サイズ別によるもの。
2012122506

これは、ほんの一部だそうです。

うちの猫娘たちは、典型的な日本猫だと思うのですが、食べ方は、メインクーンのようではなく、ペルシャに近いです。ガブッとかぶりつくのではなく、舌にくっつけて食べるタイプ。おねいちゃんも、チビちゃんも両方です。
なので、フードを選ぶときには、その形状にも気をつけてあげた方が良さそうです。

酸化防止剤として使用されているBHAについても、その安全性について、詳しく、時間をかけて、丁寧に説明して下さいました。

発がん性について、閾値が明確であることで、その安全性がしっかりと確認出来ること、また、体内に蓄積されて悪さをする心配はないということが、ヒトの経口投与で確認されているとのことでした。

限られた地球資源を、人間と動物が取り合うようなことは望ましくない、ということで、持続可能性のある植物性のものを利用出来ないか、研究も重ねておられるそうです。

「犬や猫を見れば見るほど(観れば観るほど)人との違いが見えて来る」
「ロイヤルカナンでは、決して犬や猫を擬人化しないというのが理念の1つです」と、
先生がおっしゃっておられたのが、とても印象的でした。


(4)ステアライズドのフードについて

2012122508 休憩を挟んで、ステアライズドのフードについての授業がありました。

先生は、ロイヤルカナン獣医師の五十嵐先生にバトンタッチ。

ステアライズドのフードは、ズバリ、「避妊・去勢によって太りやすくなってしまった犬猫用のフード」だそうです。

自分でも激しく実感していることですが、一旦太ってしまった状態を、ダイエットによって絞るのは、至難の業ですcoldsweats01

必要な栄養素をしっかり抑えつつ痩せるのが、どれだけ難しいことか...

授業の最初の部分で、とても興味深いお話が聞けました。
ワンちゃんは、もともとが太りやすいように出来ている、というお話。
それは、群れで狩りをする狼が祖先であることに由来するそうです。
群れには、厳しい上下関係があり、下っ端はいつ食事が出来るかわらないので、食べられる時に食い溜めしてしまう習性があるから、なのだそうです。なるほどーflair
更に、太りやすい犬種、というのもあって、そのほとんどが使役犬で、そのため運動量も多く、お腹も空きやすいという条件も重なってしまっているという...

じゃあ、ネコちゃんは大丈夫なのかと言うと、決してそんなことはなく...ネコちゃんは、散歩をしないので、エネルギー消費が難しいのが問題という...ね...特に室内のみで暮らすネコちゃんは、食っちゃ寝、食っちゃ寝ですからね。狩りをしなくても、飼い主さんがご飯を用意してくれますし...coldsweats01
糖尿病に関して言えば、ワンちゃんの場合は、「インシュリンが出なくなることによる発症」が主だそうですが、ネコちゃんの場合は、人間と同じく、「肥満から発症」することがほとんどだそうです。

どういう状態の犬猫が太りやすいのか、というお話に始まり、痩せさせるのと太らせないのはどちらが簡単か、というお話を経て、では、「太らせないためにはどうしたらいいのか?」という核心へと進みます。

①低カロリー(低脂肪で高タンパク質)
②満腹感を維持すること
  ・豊富な食物繊維 … 量と質が大切
  ・高タンパク質で低デンプン … 急激に血糖値が上がらないで済む
  ・ギブルの形状 … 粒の真ん中に穴を設けてサイズアップを図る→嵩が増える
③基礎代謝の維持 … 高タンパクであることが大切。筋肉量の維持につながる
④効率的なエネルギー産生 … L-カルニチンを配合することで脂肪の燃焼を高める

以上の4つのポイントを抑えた食事を摂ることで、太らない体質を維持出来るそうなんですね。それを、ロイヤルカナンから発売されているステアライズドというフードが可能にするというお話でした。


(5)おさらいクイズ

今までの授業で学んだことや、その応用によるクイズ7問と、上級問題3問、計10問のクイズが出題されました。6問正解が3名!ひかりさんもその中に!!!
私は、5問正解でした。ホリスティックケアの資格、有効に活かせず(笑)


(6)HNLP(ヘルス ニュートリション ラーニング プログラム)について

ロイヤルカナンの栄養学が、Webで無料で学べるというのがHNLP。
登録も利用料も全て無料で、各コースを学習した後にテストを受け、合格したら次の段階へ進めるという徹底したもの。
最終コースのスペシャリテに認定されると、スペシャリテならではの特典も色々あるようで、実際にその特典の現物も見せてくださいました。
特別セミナーや勉強会などの予定もあるそうなので、心惹かれました。
現在、スペシャリテとして認定されているのは、たったの18名!すごいですねー!!!
時間が取れるようになったら、私も挑戦してみようと思いますshinepunchshine


(7)歓談タイム

2012122509 最後は、紅茶とケーキをいただきながらの歓談タイムでしたcafecake

五十嵐先生が、横にいらして下さったので、食事の回数について、お聞きしてみました。

猫娘たちは、毎朝、その日に必要なフードを計って容器に入れて、それを4~5回に分けてあげています。理由は、「なるべく沢山の水分を摂って欲しいこと」と、「一度にたくさんの量を食べると吐いてしまうことがあるので、一回の量を少量にしている」ということがあるのですが、先生曰く、「猫はもともと食事の回数が多い動物なので、特に問題はないでしょう。」とのことでした。

「女子猫にしては体重が重たいような気もするのですが...」という件も、お聞きしてみたところ、「罹りつけの獣医さんから特に肥満の指摘がなければ大丈夫ではないでしょうか。」と。
獣医さんからは、「大きくなりましたねぇ!」とは言われますが、「太っていますね」と言われたことはありません。どうやら、猫娘たちは、「太った猫」ではなく「大きい猫」で大丈夫そうです(笑)

その他、「人間には、ウエストが○cm以上だとメタボリック症候群、というような基準値や、計算で理想体重を割り出す数式などがありますが、猫にはそういうものはないのでしょうか?」と伺ってみました。

過去、ロイヤルカナンに、そういうメジャーがあったそうです!

自宅へ戻って調べたら、以前、猫の肥満度が測れるメジャーと測り方、チェック表が、フードの景品として配布されたことがあったようです。2010年のある方のブログに載っているのを発見しました。

ぜひ、また、その景品、配布していただきたいものですlovely


最後に、たくさんのお土産をいただいて、セミナー終了となりました。

ロイヤルカナンの皆さま、主催のアセラブログさま、今回は、とてもためになる貴重なセミナーに参加させていただき、どうもありがとうございました。

誘ってくださったひかりさん、本当にどうもありがとう!!!



セミナーの資料shine
スライドがそのまま印刷されているので、自宅へ戻ってから復習するのにも、とても便利です。
2012122516

HNLPでスペシャリテになると、こんな感じで、ペットの写真入り名刺も作っていただけるそうですshine
2012122515

ロイヤルカナンについて紹介されたリーフレットcatdog
2012122510

たっぷり入るエコバックhappy02
こちら面はネコちゃんですが、もう片面はワンちゃんがプリントされています。
2012122511

ロイヤルカナンオリジナル手ぬぐいshine
手ぬぐいメーカーの「かまわぬ」製ですって!
2012122512

来年の卓上カレンダー。毎月かわいい猫ちゃんのお写真が載っていますlovely
2012122513

オリジナルポストカード。
スタッフの方からの手書きのメッセージに感動しましたheart02
2012122514

(4)のところに登場したステアライズドのフードを2つもheart04
2012122517



猫娘たちに、早速食べてもらいましたcatcat

カリポリカリポリcatnotes
2012122518

むしゃむしゃもぐもぐcatnotes
2012122519

おねいちゃんもチビちゃんも、美味しそうに食べていましたhappy01

| | コメント (14)

2012年9月30日 (日)

フォーラム行って来ました

今日は、旦那と一緒に、「日本臨床獣医学フォーラム年次大会2012/もっと考えよう 伴侶動物との暮らし-どうぶつにやさしい医療-」へ行って来ました。

会場は、ホテルニューオータニ。

獣医師さん、動物看護師さんを対象とした専門的な講義から、一般市民が参加出来る講座まで、幅広いプログラムが用意されています。

専門的な講義は、単価もそれなりですが、一般市民向けのプログラムを聴講するには、事前登録の一日券なら、なんと1,000円なんです。当日券でも1,500円。講師の先生は、名だたる方々ばかりですし、最先端の医療現場のお話を聴けるわけですから、すっごい破格!!!

一日ぶっ通しでいても1,000円ですから、体力さえあれば一日居て、聴きまくりたいところでしたが、体力にはめっぽう自信がないので、どうしても聴きたいものを絞って聴講して来ました。

旦那と一緒に聴く予定でしたが、聴講したいプログラムの時間が重なってしまうので、別々に参加して報告し合うことになりました。私が横に居ないと、気が緩んで、旦那が寝ちゃうんじゃないかと心配しましたが、無事に起きて聴いて来てくれたので、ホッとしました(笑)

旦那には、「東日本大震災から今日まで-福島県獣医師会の小動物における救護活動-」を聴講してもらいました。

私は、「石田卓夫が語る 猫の病気の”真実”」を聴講させていただきました。

被災地の動物たちのこと、気になりますものね...現在は、どういう状況なのか、今後、私たちには何が出来るのか...。

被災地の動物たちに関しては、他にも色々とお話を伺う機会がありますが、今回、初めて知ったこともあり、色々と考えさせられました...。

私が改めて強く思ったのは、「ペットと飼い主は離れ離れになってはいけない。そのために、離れ離れにならなくても済むような手段なり法なりを、なんとか早期に確立せねばならない」ということでした。せっかく助かった命が、離れ離れになってしまったために、絶たれてしまうことも多いのです。悲しいけれど、それが現実。現実ならば、立ち向かうしかないし、変えて行くしかない!のんびりと指を咥えて待ってるだけじゃどうにもならない。

私が聴講させていただいた「猫の病気の”真実”」は、猫飼いとしては、どうしても抑えておきたい内容で、聴けて良かった!と心から思いました。

猫がフレンドリーかそうでないかでは、フレンドリーな猫の方が、診断や治療がスムーズに行えるということで、動物病院側も100%その能力が発揮出来る...では、フレンドリーな猫を育てるにはどうしたらいいのか...からお話が始まり、FeLV(猫白血病ウィルス)やFIV(猫免疫不全ウィルス)の予防法について、乳腺ガンの予防について、FIP(猫伝染性腹膜炎)にならないためにはどうしたらいいのか、甲状腺機能亢進症や慢性腎臓病について、毛玉を吐くこと、食べたものを吐いたとき、自己免疫疾患についてなどなど、多彩な内容を私のような一般的な飼い主でも理解出来るよう、時々笑いも交えて、コンパクトにわかりやすくまとめてお話しして下さいました。

スライドは、かわいい猫ちゃんのお写真も満載で、ほっこりしつつ貴重なお話が聴けるという、なんとも楽しくためになる講座でした。70分間だったのですが、アッと言う間に過ぎてしまって、もっともっとお話を伺っていたい気分でした。

フレンドリーな猫に育てたつもりだったんですが、どこでどう間違ってしまったのか、猫娘たちは人見知りになり、病院も苦手になってしまいましたが...(笑)

でも、やっぱり「知ること」って大切だなって思いました。
未知のことに対しては、不安が募るばかりですが、知ることで心構えが出来る、覚悟が出来る、対処法が選択出来るようになるのですから...。

こちらのフォーラム、私は友人から教えてもらって、今年初参加だったのですが、毎年開催されているようです。2013年の開催も既に予定が決まっていて、9/27~29の3日間、場所は、同じくホテルニューオータニ。

ワンちゃんのプログラムは、更に豊富なので、もし興味が沸いた方は、ぜひ来年度のフォーラムに参加されることをお薦めしたいです!

ちなみに、多くの企業が出店しているブースもありますが、専門的な器具とか療養食とか動物病院向け(プロ向け)のものがほとんどなので、一応、ブラブラして来ましたが、見てもわからないため、ほとんど素通りでした。サンプルとかも専門的なものなので~。
でも、そんな私に、ワンちゃん型のかわいい傷バン(人間用)を下さった企業さんが(笑)
今度、ひざこぞうでも擦りむいたときには、このワンちゃん型の傷バンを貼る予定(笑)

来年は、どんなプログラムになるのかなぁ...楽しみです。

| | コメント (8)

2011年5月 6日 (金)

チビちゃんのお耳は様子見です

今朝起きたら、耳の赤味や腫れ、温度が引いて来たようなので、引き続き様子をみることにしました。

ちょっと強くカイカイしてしまった傷が腫れた、そんな様子なんです。おねいちゃんも、たまに同じようなことになります。

とっくみあいでポカスカやっているときに、相手の後ろ足で激しく蹴られて引っ掻き傷が出来て赤くなる、というときもあります。

女の子同士ですが、バトルは、そこそこ真剣で、迫力あるのでねぇcoldsweats01

今日は、病み上がりなこともあり、何もせずに、ただ、猫娘たちをじゃらすだけで、一日を終えました(笑)

まだちょっとフル活動は無理そうなので、夕飯もカレーでがまんしてもらうことにしました。野菜を沢山入れた栄養たっぷりのボリュームカレーなので、大丈夫でしょうbleah

熱はすっかり下がりましたが、咳は良くなると言うよりは、ちょっとひどくなっています。昔から、咳だけはなかなか治まらなくてねぇdespair

明日は、午後からTタッチのワークショップなので、更新する時間が取れないと思いますが、具合が悪いわけじゃないので、ご心配なさらずにね~heart

|

2011年5月 5日 (木)

端午の節句

ご無沙汰してしまいましたsweat01

5/1の夜から体調を崩し、がっつり寝込んでおりましたが、5/4に平熱に戻り、本日5/5、無事に「端午の節句」と「連休最終日」を迎えることが出来ましたscissors

休んでいる間も、メッセージやポチッとやイイネ!など、たくさんの励ましをありがとうございました。感謝感謝ですheart

考えてみれば、かえって良かったような気もしますconfident
平日は、旦那の帰りも遅いですし、猫娘たちの相手もあるので、体調が悪くても、つい、無理をして動いて、その結果、長引いてしまうことも多いですが、GWのおかげで、旦那が居てくれたため、まったく何もやらず、ひたすら寝て過ごすことが出来ました(笑)
寝過ぎで、腰が痛いです。贅沢な腰痛だ~bleah

まだ、咳と痰と鼻水が激しいので、完治というわけにはいきませんが、また、土日と連休なので、のんびりと養生したいと思います。
土曜日は、猫のTタッチのワークショップに参加しますが、旦那がお留守番をしてくれるので、夕飯作って待っててくれるかも知れないし、日曜日は母の日らしいので、のんちゃんと猫娘たちが、夕飯を作ってくれるかも知れません。...と、何気に旦那にプレッシャーを与えてみたりsmile

さて、我が家の端午の節句ですが、毎年、「かしわ餅を食べて菖蒲湯に入る」くらいですが、お子さんがいらっしゃるお家では、お赤飯を炊いたり、ちらし寿司を作ったりするのでしょうか?子どもは、かしわ餅よりも、ケーキの方が喜ぶのかな?

バナナ餡のかしわ餅は売っていないので、我が家では、バナナ色(黄色)の「みそ餡」を、のんちゃんにお供えしていますbanana
20110505001

右のこいのぼりは、100均で買ったもの。
もう6年も前に買ったものですが、重宝しています。サイズもぴったりでかわいいのですよ。素材は「木」です。なかなかステキでしょう?wink

かしわ餅を買ったら、売り場のおじさんが、自分で折って作るカブトを1枚下さいましたので、旦那に折ってもらいました。ちょうど、のんちゃんサイズでしたねぇlovely

かぶりものがあると、この方たちにも、かぶってもらわねばなりませんねsmile

まずは、おねいちゃんに。イヤそうですね~(笑)
20110505002

チビちゃんも、迷惑そうですね~(笑)
20110505003

まぁ、女の子ですしね。「アタチたちには、端午の節句もカブトも関係ないにゃん!」と怒っていたかも知れませんbleah



連休最終日なので、お昼は近所の中華屋さんで打ち上げしましたbeer

キリリと冷えたビールの美味しいことっsign03happy02heart04
2011050501

病気で伏せっていたときは、一応、アルコールは控えておりましたので(笑)

ビールのお供に、冷奴をサービスして下さいましたよlovely
壁のメニューの中に、「温かい冷奴」というのがあって、楽しかったです(笑)

限定10食のチャーシュー丼。お新香とミニサラダと中華スープ付き♪
2011050502

特製タンメンと餃子一人前♪
2011050503

タンメンと特製タンメンは、50円しか違わなかったので、ちょっと贅沢して、特製にしてみました(笑)

昔ながらの街の中華屋さんで、懐かしい味がしました。地元のタウン誌で、チャーシュー丼のことを知って、いつか行ってみたいと思っていたので、念願叶って嬉しいですscissors



チビちゃんが、5/4の昼間、耳のところを掻き過ぎて傷を作ってしまって、それ以来、なんとなく耳が赤く熱を帯びていて、触ると少し腫れている(厚みがある)ような気がして気になっています。バイ菌が入ってしまったのかなぁ、と。掻き傷は、小さなもので、プチッとかさぶたになっています。

耳垢が溜まっている場合は、耳ダニや外耳炎などの可能性もあるかと思いますが、痒い痒いで引っ掻いた場合は、どうしたらいいのか、お医者さまに診せた方がいいのか、自然に治るのに任せるべきか、ちょっと悩んでいます。

チビちゃんは元気ですし、私が気にするほどは気になっていないようですが、ちょっと調べてみると、猫には、蚊アレルギーなるものもあるそうなんですねぇ...。この辺、もう、蚊が出てますからねcoldsweats01

寝込んでいたため、しばらく掃除が出来なかったので(5/4に旦那に掃除してもらいましたが)、ダニが沸いちゃったのかしら?!とも思ったり...。旦那も痒いって言うんだもんcoldsweats01

明日の朝起きて、腫れと熱が引いてなかったら、獣医さんに診てもらおうかとも思っていますhospital
うちの罹りつけの獣医さん、GWはずっと連休でした。

| | コメント (14)

2011年3月25日 (金)

今日の色々...

今日は、銀行へ行ったついでに、二週間ぶりの整骨院へ。
本当は、こんなに間を空けたらいけないんだけど、外に出るのも怖かったし、停電だし...と、気付くと二週間経ってしまっていました。

私の顔を見るなり、ハムカツ先生に、「クシネさん、無事だったの?!お家の下敷きになっちゃったのかと思った!」と言われてしまいました...同じ市内なのに、何で家だけつぶれるんかいっっっ

「停電で大変ですね。」と言うと、「オレんとこ、停電しないもん。」と...

なんですとー?!

同じ市内で、徒歩20分くらいなのに、先生のところは停電しないそうで。
まぁ、駅に近くて賑わっている地域なので、停電しちゃうと商業が成り立たない、そんな理由からなのでしょうか。

でも、停電してなくても、患者さん、来なくて、閑古鳥が鳴いていて、大変だって言ってました...。

当日は、先生は、2人の患者さんを放り出して、外へ飛び出しちゃったそうで...って言うのは、ウソだと思いますが(笑)

外の様子を伺うと、電柱も木も左右に大きくしなって揺れて、歩いているひとたちは足をとられて歩けずに、電柱や木にしがみつくも、立ってもいられない状態で、しゃがんだり倒れたりしていたそうです...

整骨院の辺りは高層マンション街なので、想像するだけでも怖い...

いつもは有線の流れている院内も、ラジオ放送になっていました。テレビがないので、ラジオの情報が頼みの綱!だそうです。確かに...。先生、携帯も持ってないから、警報も入らないしね...

私も久々に外に出て、家族以外のひとと話したので、気晴らしになって少しホッとしました。

正直、家にこもって、テレビやパソコンで情報拾っていると、結構、煮詰まります。今のところ、まだ、原発に関して言えば、まったく明るい展望が見られないので...。

危険な現場に残って、なんとかこの状況を打破しようと、力を尽くして下さっている方のことを思うと、胸が痛みます。ただただご無事を祈ることしか出来ません...。

ときどき、ムショーに泣けて来ます。もう、ダメなんじゃないだろうか、と思って。

いかんいかん!こんなことじゃ!!!

と、気持ちを奮い立たせてみたりしますが、なんかカラ元気っぽい感じ~。

ま、そんなことは置いておいて。

動物たちへの被爆についてはどうなのかと、不安が募る私。たぶん、関東近辺の方たちも、同じなのではないかと思います。

ある獣医さんが、こんな見解を述べておられました。

『闘え!ヤブ獣医師』

少し、ホッとしてみたり...。

不安は尽きませんが、怖がってばかりいてもしょうがないですから、今、自分に出来ることを精一杯やるしかありませんよね!

『被災地の動物たちのために出来ること』

も、新しい情報を追記しました。

緊急災害時動物救援本部にて、支援物資の募集が始まりました。被災地における診療受け入れ協力対応病院が公開されました。

併せてご覧いただけたら幸いです。



今日のねこたつの中(笑)
2011032501

フラッシュたいてないので、薄暗くてすみません。

コロンして上を見上げるおねいちゃん♪
2011032502

カメラの紐に目がいっちゃってるチビちゃん♪
2011032503

換毛が始まりかけたのに、寒の戻りで、まだまふまふを維持するおねいちゃん♪
2011032504

手の甲から美味しい出汁が出るチビちゃん♪(ウソ 笑)
2011032505

地震から二週間。

やっぱりまだ、日が経つのが長く感じてしまう...。

| | コメント (18)

2011年3月 1日 (火)

出ました!採れました!大丈夫でした!

って、タイトル読んだだけで、内容が充分伝わりますね(笑)

夕方の16時45分、チビちゃんが昼寝から目覚め、トイレの前でウロウロし始めたので、おたまを後ろ手に隠し様子を伺ったところ、立ちションポーズに入ったので、すかさずおたまを差し入れて、無事、オシッコをいただきました~happy02heart04

せっかくだから、おたまにどれくらいの量をするものなのか確認したくなり、必要量過ぎてもじっとおたまの様子を見守ることにeye
なんと、おたまに、ちょうどいっぱいの量になりましたよ。
結構、たくさん出るもんだ~sign03coldsweats02
大体、70ccくらいっていうところでしょうか。

なみなみと注がれたおたまのブツをこぼさないようにして(おたまの下に受け皿を用意しました)、スポイト状になっている採尿器で吸い取り、キャップをして、ティッシュでくるみ、残りの尿でpH値を測り(6.4でした)、財布を持って獣医さんへダーッシュrun
その間、約10分(笑)

30分以内に持って来て下さい、と言われていたので、走る必要はなかったのに、なんとなく気持ち的に走ってしまいました。

ちょうど患者さんの少ない時間帯でもあり、すぐに検査してもらえました。

pH値は、正確には、6.5でした。
心配していた結石は見られず、尿に出血も見られませんでした。
もっと詳細な検査をすれば、結晶状のものは見つかるかも知れないけれど、今回は、まだそういう検査はするまでもないでしょう、とのこと。

ただ、時々、尿のpH値が、7.0を超えることがあるので、結石が出来やすい体質ではあるということには変わりなく、しばらくは、ロイヤルカナンの処方食を続けることになりました。

先生から、「気に入ってくれた味はありましたか?」と聞かれたので、「食いしん坊なもので、どれもがっついて食べてくれました。」と答えると笑われました(笑)

チビちゃんは、チキン味の方が好きなので、ロイヤルカナンの「1」のチキンテイスト 500g をしばらく続けることになりました。
その後、1パック食べ終わる頃には、様子を見つつ、更に1パック分を、以前のご飯とちょっとずつ混ぜて与えて、最終的には前のご飯に完全に戻していいそうです。

一点だけ気になったのが、尿の比重の高さで、チビちゃんは、平均値の上の値を、少し超えてしまっていました。(チビちゃんの数値:1.053)

その原因として考えられるのは、病気ではない場合、

・水分摂取量の不足
・熱がある
・脱水を起こしている
・冬場の暖房のし過ぎ

などの原因が考えられるそうです。

うち、「冷えは万病のもと」「寒いと膀胱炎になるかも」と思って、室内温度高めなんですcoldsweats02

チビちゃんの場合、やはり水分摂取量の不足と、暖房のし過ぎが原因として考えられるのではないかと思います。水分が不足しているのに、強い暖房の下で過ごせば、脱水しちゃいますもんね...悪い意味で三拍子揃ってるじゃんcoldsweats01

先生が、検査結果を見ながら、にっこり笑顔で、「良かったですね!出血も見られないし、pH値も正常だし、結石も見られませんよ~heart」と、私のところへ向かって来るのを見て、思わず泣きそうになりました。

先生の「大事なくて良かった」という気持ちが、その笑顔に表れていた気がして...confident

ブログを見てくださっておられるみなさまには、金曜から今日まで5日間も、ご心配をかけ通しで来てしまいましたが、やっと良いご報告をすることが出来ました。
毎日、みなさまから、応援や励ましのエネルギーをたくさんいただいて、感謝に尽きません。
本当にどうもありがとうございましたheartheart04heartheart04heart

今日の猫娘たち。寒いし雨なので、ぴったりくっついてよく眠ってたsleepy

合体しちゃったような猫娘たち。
手前におねいちゃん、奥にチビちゃんがいます。
ちょっと、カタチがナメクジっぽい...(笑)
2011030101

角度を変えてご説明。こんな感じになってますsmile
2011030102

しばらくすると、位置換えされてた。
タワーの狭い猫ベッドの中を、落ちもせずに、よくも上手に、くるくると移動出来るなぁ!さすが猫だなぁ!と、ひたすら感心heart02
2011030103

キレイなシンボルマークみたいになっていますが、ちょっとずつ体が落ちかけていて怖いです(笑)
2011030104

| | コメント (34)

2011年2月27日 (日)

チビちゃん、元気いっぱいです♪

チビちゃんのその後ですが、おしっこは、普通の色で普通に出ています。
頻尿になることもないようです。
今日は午前中は、少し微熱があったように思いましたが(お尻の辺りで、いつも体温チェックをしているのですが、通常よりもちょっとだけ熱かったので。)、お昼前には平熱に戻ったようでした。
元気がないということもまったくなくて、むしろ元気過ぎるくらいです。自分が「特別扱いされている」のがわかっているので、増長ぎみです(笑)
特に、旦那は、チビちゃんの言うことを何でも聞いてあげちゃうので、私には要求しないようなことも、旦那にはねだっています。そういうところ、チャッカリしてますcatface

ただ、左目の横に、小さな丸ハゲが出来ましたcoldsweats01
おそらく、ストレス性のものだと思います。イライラしたり、ハラハラしたりして、必要以上に掻いて毛が抜けてしまったハゲです。
実は、おねいちゃんも、去年の避妊手術の後で、同じような丸ハゲが出来まして。おねいちゃんは、口ひげの生え際でした。
こういうところは、姉妹そっくりな性格のようです。...って言うか、飼い主の私と、とてもよく似ているのではないかと思われます。気が小さく、ズボラな割りには神経質。「ペットは飼い主を映す鏡」と言いますが、まったくその通りだと思う今日この頃catface

pHコントロールのサンプルは、ドクターズケアのチキンの方は、大変お気に入りな様子でよく食べましたが、フィッシュの方はお口に合わなかったようで、食いつきが悪かったです。

食べないものを無理矢理あげてもしょうがないので、ロイヤルカナンの「0」をあげてみたところ、これは気に入った様子で、むしゃむしゃ完食。
キトンの頃からチキンベースのご飯をあげて来たので、フィッシュよりもチキンの味の方が馴染みが良いのかも知れません。

処方食の心配は、クリアかな。

困ったのは、おねいちゃん...。チビちゃんが、自分と違うご飯をもらっているのがうらやましくて、自分のご飯を食べなくなりましたgawk
「アタチも同じの食べる!」っていうヤツです。その気持ちは、痛いほどわかりますが、処方食を健康なコにあげるわけにはいかないので、チビちゃんが処方食を食べる間は、同じメーカーの、処方食ではないご飯をあげようと思います。同じメーカーなら、形も匂いも似ているだろうと思われますので。ヤレヤレcoldsweats01
とりあえず、今日は、猫缶をあげました。

キャリーのことも、とことんイヤになっちゃったみたいで、キャリーの前をウロウロウロウロしながら、毛を逆立てて「う"ぅ"ーーーっ!」と呻ってみたり、しっぽを股間に折り畳んで大声で鳴いたり、キャリーがそこにある間中、落ち着かなくて、ご飯も食べてくれないので、諦めてクローゼットにしまいました。チビちゃんだけでなく、おねいちゃんまで、隠れちゃうので。ほんと、とことん小心猫な猫娘たちですcoldsweats01

去年、避妊手術をするまでは、大好きなおもちゃだったんですよ、キャリー。病院へ連れて行かれても、気にすることなく、帰って来れば、また中に入って仲良く遊んだものなのですが、避妊手術の日から、キャリーを見ると怖がるようになってしまいました。よほどイヤな思い出になってしまったのでしょうね...。食いしん坊なので、中にオヤツを入れて、慣れさせてみようかとか、色々と試みてみましたが、ダメでしたbearing

そういうところ、のんちゃんにも、とてもよく似ています。さすが娘だなぁ!と感心してみたり...いやいや、感心している場合じゃナイぞcoldsweats01

そう言えば、昨日の夜、ふと見ると、おねいちゃんが、チビちゃんのオチリの注射された部分を念入りに舐めてあげていました。チビちゃんは、座り姿勢でそれを受けていて、なんだかお清めの儀式みたいでした(笑)

今日の猫娘たちcatcat

狭いところに仲良く一緒にheart
2011022701

一緒にエビ反る(笑)
2011022702

おねいちゃん、チビちゃんの背もたれになってあげてます。
2011022703



たくさんの応援のコメントをいただき、ありがとうございますheart
とてもとても心強く、励まされていますheart04

神経質にかまい過ぎるのもどうかと思って、自分にも「平常心」「平常心」と言い聞かせる意味も込めて、昨日も今日も、昼間はちょっと外出して来ました。
チビちゃんもおねいちゃんも、具合いを悪くすることもなく、いつも通りにお昼寝しながらお留守番の時間を過ごしてくれました。おもちゃとオヤツをお土産に買って来ましたが、微妙にいまひとつな感じも...(笑)

明日は、「おたまdeおしっこ」が無事に成功しますようにsign03

病院が10時からなのが、ちょっとなぁ...。30分以内に持って来てって言われても、9時半以降にするかどうか微妙な感じです。いつも、朝の6時頃にしちゃうから。冷凍保存になってしまいそう...そう言えば、おしっこって、凍るのだろうか?!と、思ったのですが、凍りますね、故郷の北海道で凍ったおしっこを見たことがあったっけsmile

| | コメント (6)

2011年2月26日 (土)

チビちゃん病院へ

チビちゃんの件では、ご心配おかけしております。朝一で、旦那に病院へ連れて行ってもらいました。以下、まとめです。



・体重 4.15kg (チビちゃんもとうとう4kgを超え。もうチビじゃないねぇ 笑)
・微熱あり 39.8度 (成猫の場合は、大体38度台)
・尿検査をしないことには、正確な診断は出来ないが(尿は出なかった)、
膀胱炎よりも、尿路結石の可能性が高そうだとのこと。
尿路結石についての説明を受ける。
・または、過度のストレスがかかったときにも、こういう症状が出ることもあるので、
思い当たること、例えば、おねいちゃんとの仲は良いか悪いか、と聞かれる。
おねいちゃんとは仲が良過ぎるくらいなので、考えられるとしたら、
前日私が実家へ行き、長時間家を空けたことか?
・現在のフードについて聞かれ、先生がカルテに書き込む。
(後で調べるのかな?)
・ストラバイト系の結石の場合は、処方食で改善可能ということで、
サンプルをたくさんいただく。この中の気に入ったヤツを使いましょうとのこと。
・まずは尿検査。採取後30分以内に、尿を持って病院へ。
(30分を超えると雑菌が増えるから。30分を超えるようなら冷凍状態で持参も可)

注射2本
 ①抗生物質(微熱があるため)
 ②血を止めるための注射(オレンジ色の液体のため、尿の色が変わるから、
   びっくりしないようにとのこと)



大体40分くらいで帰宅。帰宅後、消毒臭さを抜くために、温タオルで体拭き。消毒薬の臭いがすると、おねいちゃんも警戒するし、チビちゃんもいつまでもいつまでも体を舐め続けるので。

正直、ちょっとショックだった。
pH値を測り、尿路疾患対応の食事を与え、尿路疾患に良いとされるサプリメントを与えても、なるときはなっちゃうんだなぁと、なんともやりきれない思いに...

しかし、まぁ、ある意味覚悟のようなものも出来ていたので、ショック受けて落ち込んでいる場合ではないと気持ちを切り替える。まずは、月曜日に上手に尿を採取して、病院へ持って行って調べてもらわなきゃねsign03

これが、また、ありがたいことに、チビちゃんは、「立ちションタイプ」なのだ。サイトに、おたまですくって採取する方法などを、紹介してくださっておられる方もいて、大変ありがたいheart

うちのかかりつけの獣医さんは、日曜休みなので、最速で月曜日。どっちにしても、今日打った注射の成分がしばらく尿から出ちゃうそうなので、そういうのが落ち着いてからじゃないと採尿しても使えない。

採尿器。いっぱいくれた(笑)
2011022601

容器になみなみではなく、下の方にちょっとでいいと注意を受けたので、なみなみ持って来る人もいるのだろうな、人間の検尿と同じだなぁ...delicious

ストラバイト対応の処方食。

①ドクターズケア(赤:フィッシュテイスト 白:チキンテイスト)
2011022602

②ロイヤルカナンpHコントロール。左から、0、1、2、ライト、ウェット。
2011022603

0~3まで、数字が多いほど、塩分が多く、そのために水を良く飲むようになると、説明を受ける。尿路結石は、水分の摂取量も非常に大事なので。
ライトは読んで字の如し、ちょっと太り気味な猫ちゃん用。
0~3+ライトは、カリカリタイプだが、ウェットは、そのまんましっとり系、所謂猫缶タイプ。
カリカリタイプは、それぞれ、フィッシュとチキン、両方が試せるようになっている。

③ヒルズ缶。プリスクリプションダイエットs/d
2011022604

処方食は、あまり美味しくないんじゃなかろうか?と、勝手な偏見を持っていた私。
特に猫は味の好みがうるさいし、チビちゃん、食べてくれなかったらどうしよう?!と、内心ドキドキsad

とりあえず、①のドクターズケア/チキンをあげてみたところ、袋を開けただけで匂いを嗅ぎつけ、チビ゙ちゃんが目をギラギラさせて飛んで来たcoldsweats01
猛烈な食いつき。アッと言う間にたいらげ、おかわりを催促する。食いしん坊なチビちゃんには、「食べないかも知れない」は、無用の心配だった模様catface

...が、ウェットタイプが苦手なチビちゃん、たぶん、ロイヤルカナンのパウチとヒルズ缶は食べないだろうなぁ...

しばらくすると、おしっこを。色は、普通の黄色。ピンクは見られない。

その後、30分くらいして、またおしっこ。今度は、先生の言うとおり、オレンジに近い黄色で、普通のおしっこのにおいではなく、どこか薬臭い独特のにおいがした。

今まで、単独で病院へ連れて行かれる回数が多いのは、圧倒的におねいちゃんだったので、今朝も、キャリーを出したとき、逃げて隠れてしまったのは、おねいちゃんの方で、チビちゃんは、ちょっと警戒はしたものの、たかをくくった様子だった。

ところが、実際にキャリーに入れて連れて行かれたのは、チビちゃんの方で、目を丸くして、驚いていたっけ。「えぇー?!私?!なんで?!?!?!」みたいなcoldsweats01

一方、おねいちゃんの方も、チビちゃんが連れて行かれたことをいぶかしむように、留守番中、ずっとチビちゃんのことを探してウロウロ。
おねいちゃんが連れて行かれて、チビちゃんが留守番するときは、チビちゃんは、おねいちゃんのこと探さないのになぁ。この違いはなに?!おねいちゃんには言えない気分coldsweats01

チビちゃんが無事に帰って来たのを確認した後、おねいちゃんは、コタツの中に隠れたり、カーペットの下に隠れたり、なかなか表に出てこなくなる。「次はアタチ?」と思ったのかcoldsweats01

めくってのぞいてみる。疑いの眼差しで、こっちを見ている...
2011022605

絶望感漂うおねいちゃん(笑)
だいじょうぶだよ、心配しなくても、今日はおねいちゃんは連れてかないから~。
2011022606

キャリーのこと、すっかり怖がるようになってしまったので、新しいヤツを買い換えようかな。キャリーが見えると、二匹とも毛を逆立てて逃げちゃうんだもんcoldsweats01

処方食って美味しいニャア♪と、ご機嫌なチビちゃん。
2011022607



チビちゃんも、おねいちゃんも、変わりなく元気ですhappy01

チビちゃんは、抗生物質が効いたのか、微熱も治まった感じ。
私的には、この微熱、動物病院へ連れて行かれて、カーッと興奮するでしょう?その興奮で一時的に高くなっているのもあるような気がする...毎回、病院へ行くと体温高目なんだもんcoldsweats01
私が病院へ行くと、恐怖で貧血を起こしそうになり、一時的に血圧が低下しちゃうのと同じ、みたいな。

まずは、月曜日に、尿検査をしてもらわないことには、ハッキリとした今後の方針も決められないし、「結石が出来てしまったかも知れない」との結果には、とてもショックを受けましたが、くよくよしている暇があったら、今後、それを悪化させないで済むように、そっちの方にエネルギーを注ぎまくりたいと思っているので、今はもう私も元気ですpunchheart04

もともと、落ち込みも激しいけど、立ち直りも激しい方なのでbleah

昨日、友だちと飲んで騒いでおいて良かったsign03
たぶん、あのおかげで、私のエネルギー、200%くらい充電されたと思うからscissors

月曜の尿採取、無事におたまですくえるよう、応援よろしくお願いイタチますwink

| | コメント (26)

2010年12月29日 (水)

クランベリーのサプリとオススメの本

猫娘たちは(特にチビちゃんが)、尿のpH値がアルカリ性に傾きがちなので、クランベリーのサプリをあげている。
(サプリの詳細は、9/28の日記をご参考にどうぞ~heart

今日から、2個目に突入notes
2匹で1個を約3ヶ月で消費なので、意外とコストパフォーマンスもいいかもlovely
フードもF.L.U.T.D.(下部尿路疾患)対応のものなのだが、結晶の出来やすいコは、普段からサプリなどで防止に務めるといい、という話もあるので、pH試験紙同様、これからも続けて行こうと思うconfident

ちなみに、pH試験紙も、12月の頭に、2個目に突入したが、これもサプリ同様、2匹で1パックを約3ヶ月で消費なので、高くないと思う。
旦那も私も、猫の尿検査にも、かなり慣れて、ちょちょいのちょいっだscissors
他に流用出来る技術じゃないのが残念だけど(笑)

私は、ちゃんと猫を飼ったのは、猫娘たちが初めてだ。
おじいちゃん、おばあちゃんの家で飼ってた猫の世話をたまにしたり、野良猫を家にあげてご飯をあげたりかわいがったり...そういう経験はあったけれど。
大人になって、自分で責任を持って飼った初めての動物がのんちゃんで、私はのんちゃんから、動物と暮らすことの意味を教わった。大切なことは全て、のんちゃんが教えてくれた。

猫飼いとしては、超初心者だった私は、不安なので、色んなハウツー本を読みまくったcoldsweats01

その中で、特にオススメなのが、この2冊。

①『もっともくわしいネコの病気百科<改訂新版>』
矢沢サイエンスオフィス:編 学習研究社 \3,780 

人間で言うところの「家庭の医学」の猫版だ。猫のありとあらゆる病気やケガの知識と対処方法、治療方法に至るまで網羅されている。難し過ぎる専門書かと言えば、そんなことはなく、誰が読んでも理解出来るようなわかりやすい説明がなされている。病気やケガの話だけではなく、豆知識なんかも載っていて、結構楽しい本だwink
飼い猫に異変が見られたときは、ただちに獣医さんに連れて行くことが大切だが、病院へ行くまでの心構えを養うために、あったらとっても便利かなぁと思う本。

②『うちの猫の健康をまもる本』
学習研究社 \1,470

この本は、①の本に比べると、かなりカジュアルで、コンパクトで、とっつきやすく、読みやすい。うちが、買ったのは、こっちの方が先。マッサージやツボ押しなども載っていて使えますhappy01
猫娘たちをお迎えして、真っ先に役立ったページが、あげてはいけない食べ物のページと、危険な植物のページ。
あげてはいけない食べ物は、意外なものがたくさんあって、ちょっとびっくりした。かつては、問題ないと認識されていたものばかりだったから...。
危険な植物は、我が家は、お義母さんとのんちゃん、仏さまにお花をお供えしていたので、危険な花の名前がわかって、本当に役に立った。一説によると、猫が中毒を起こす危険性のある植物は、700種類以上あるとも言われているそうで、よくお供えしていた花も、その中に含まれていたので、ギョッとしたshock
猫を飼っている友人の家に、花を持って行くようなときにも、すごく役立った。
価格といい、読みやすさといい、①の本よりもオススメかも。アマゾンに定価が載ってないということは、絶版の可能性もあるのかも知れないけれど、中古で半額以下で手に入るから、むしろお得?smile

フェレットの①のような本もあるといいのだけれど、どうやら洋書にはあるらしいのだが、日本語に翻訳されてないのが残念weep
英語に堪能な方は、取り寄せて、自分で翻訳していた。翻訳したものを、獣医さんに教えていた方も居たくらいcoldsweats01
こういうところ、フェレは、まだまだワンちゃんネコちゃんには追いつかない。いつかあの本が翻訳されて、フェレの飼い主さんのもとに届けられるといいなぁ...

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日は、午後から整骨院へ。明日から1/5までお休みだから、今日行っておきたかった。今日は、首と顔と頭蓋骨と背中の骨。ハムカツ先生のにくまれ口が、しばらく聞けないかと思うと、なんかつまんない(笑)

整骨院の帰り道に、昔ながらの金物屋さんがあって、昨日、そのお店で、猫ちゃんを目撃。目の前の女性が、床の辺りを見ながら、「チチチッ♪」と言っていたので、「もしや猫か?!」と思ったら、やっぱり猫だったsmile

ちょっとムッチリ系のキジトラちゃんで、足の指先だけに白い毛がちょっとだけ生えていて、指サックみたいでかわいかったぁ~lovely

しかも、すご~く人懐っこくて、呼んだらすぐに来てくれた。呼んだと言っても、名前を知らないので、「ニャーちゃ~ん♪」と...(笑)

スリスリゴロゴロぐりんぐりんをして、しばし戯れるcatheartvirgo

私のその様子を外から見ていたご婦人が、「そのコ、このお店の看板猫ちゃんで、ご主人さまの代わりに、店番しているのよ♪」とおっしゃっていた。偉い猫ちゃんだ~lovely

そう言えば、店には店員さんと思しき人は見当たらなかったかも...(笑)

今日も会えるかなぁ~と期待して行ったけど、今日の店番は人間だった。ちぇっ!がっかり~gawk

| | コメント (16)