被災地の動物たちのために出来ること

2014年3月11日 (火)

祈りの日

東日本大震災からもうすぐ3年という3月4日、ある絵本が出版された。

2014031101

ぼくは海になった―東日本大震災で消えた小さな命の物語  さく・え うさ

そう。「震災で消えた小さな命展」の代表/うささんによって描かれた絵本だ。

店頭に並び始めたのは、3月4日頃からだけれど、出版の日付は、3月11日と記されている。

主人公は、たえちゃんという飼い主さんのもとで暮らす、ミニチュアダックスフントのチョビちゃん。

チョビちゃんは、たえちゃんのお母さんと一緒に、その胸に抱かれて津波に...

あの日、チョビちゃんのように、たくさんの人間以外の生き物たちも、犠牲になった。

うささんは、2011年の10月、宮城県の沿岸部にボランティアに行き、動物の家族を亡くして悲しい想いをしているたくさんの被災者の方たちや、動物保護のボランティアさんたちと出会い、お話しを伺ったことをきっかけに、「震災で消えた小さな命展」開催を決めた。

亡くなった動物たちと、飼い主さんの心を、自分たちが描く絵でつなぐことが出来たら...

うささんのその想いに賛同した国内外のたくさんのアーティストたちが絵を描いた。

「震災で消えた小さな命展」は、2012年の3月に始まり、パート1、パート2と被災地や日本各地及び台湾で巡回し、描かれた絵は、巡回展を終えた後、飼い主さんのもとへと帰って行った。

思い出の品や写真も、全て失ってしまった方もいらして、「それならば、なおのこと、少しでも似せて描いてさしあげられたら...」と、何度も何度も被災者の方とやりとりして、描かれた絵もある、と伺った。

画家の方が、絵を描いているときに、ふと浮かんだものを描いたら、生前その子が大好きだったものだった、というような、不思議なこともあったそうだ。

飼い主さんは、「やっと逢えたね!」「おかえりなさい!」そう言いながら、絵を迎えに来られるそうだ。そして、愛しそうに胸に抱いて、帰って行かれるとのこと。



「震災で消えた小さな命展」の目的は、実は2つある。

1つは、「亡くなった動物たちと、飼い主さんの心を、自分たちが描く絵でつなぐことが出来たら...」ということ。

そして、もう1つは、「動物も人間と同じ命、大切な家族だ」ということ。

彼らがもし人間だったら、助かった命が、救えた命が、たくさんあった...。

「人間だから」「動物だから」ではなく、「救える命はすべて救う」
「命は平等」なのではないですか?

講演会で、うささんはそう問いかける。

すべての人たちに、命の大切さと平等について、考えてもらうきっかけになれたら...その想いで、全国各地を飛び回っている。

絵になった子たちは、飼い主さんの元へ戻って行ったので、「震災で消えた小さな命展」は、現在、60点を複製し、「複製画展」として全国各地で開催されている。

3月15日~19日は、京都の立命館大学国際平和ミュージアム1階中野記念ホールにて。
3月20日~25日は、神戸の南京町ギャラリー蝶屋にて。

詳細は、コチラ → 



去年の9月のこと。

被災地の動物たちに関する講演会に参加した。

ある地で、長年ボランティアとして活動して来た女性の方が話して下さったことが忘れられない。

3.11以前にも大きな地震を経験しているその地では、自治体が独自でペットの同行避難を認め、ボランティア団体の協力のもと、同行避難の訓練を何度も積んでいたそうだ。

そして、3.11のあの日。

ペットを連れて避難所へ向かった。

ところが、同行避難が認められているにもかかわらず、その通達が隅々まで行き渡っていなかったがため、避難所で同行避難を断られてしまったというのだ。

「ペットは入れられない」

そう言われて、「わかりました」とペットを置いて逃げるひとは誰もいなかったそうだ。

何人もの人が、「自分だけ助かるわけにはいかない」と、ペットを胸に抱いたまま、津波に飲まれていった、と、ボランティア団体の代表の女性が、声を詰まらせて語った。

無念です、と、悔しいです、と、何度も何度も言っていた。

なんのための同行避難の訓練だったのか、と。

環境省で同行避難のガイドラインが提示されたが、それはあくまで最初の第一歩でしかない。

大切なのは、もっと小さな単位でのガイドライン、行政や町内会など、いや、本当に大切なのは、個人個人の心がけなのだと、その時に思った。いくら国が決めてくれても、知らない人にとっては、なんの意味も持たない。

でも、もし、すべてのひとが、「命は平等」と思えたら、そんなガイドラインなんて、必要なくなるだろう。



今日で3年の月日が流れた。

時間が解決する、と、よく言うけれども、悲しみや苦しみは、そんなに簡単には癒えないし、癒せない。

のんちゃんは病気で、心の準備期間を得たにもかかわらず、私はそこからなんとか立ちあがるまで5年の月日を要した。

突然の災害で、愛しい誰かとのつながりを、いきなり断たれてしまった方のお気持ちを想うと、どうお慰めしたらよいのか、言葉も見つからない。胸が痛い。

あの日、空に昇って行ったたくさんの大切な命を想い、今夜は星に祈る。

どうかすべての魂が、安らかでありますように、と...

| | コメント (4)

2014年1月19日 (日)

ふじみ野市で命展

「震災で消えた小さな命展/複製画展」が、ふじみ野市で開催されるというので行って来ました。

会場は、ふじみ野市立産業文化センター。

ふじみ野市では、東日本大震災の復興支援チャリティーイベントを行っていて、今回が第3回目に当たるそうです。

「市」が後援して復興支援を行う、というのは、すばらしいことだと思いますし、3回も継続出来るというのは、スタッフの方々の熱意と努力の賜物であると思います。
また、市民のみなさんの被災地への想いも、それだけ強いからなのではないかと思いました。

2014011903

2014011902


命展の会場は、メイン会場であるホールに隣接したギャラリーです。

2014011901

天上が高く、とても明るくて、空間をいっぱいとれる、ステキなギャラリーでした。

 「震災で消えた小さな命展」は、被災者の方からの依頼を受け、
 東日本大震災で命を落とした動物たちの「小さな命」を、
 国内外の画家さん、絵本作家さんやイラストレーターさんたちが
 絵の中に蘇らせる、というもので、
 描かれた絵は、巡回展を終えた後で、被災者の方たちに贈られます。

 絵本作家・うささんの呼びかけによって始まりました。

 パート1は、2012年3月~7月に開催され、国内各地と台湾を巡回し、
 パート2は、2012年8月~2013年9月に開催され、日本各地、台湾と、
 パート1の2倍以上の会場を巡回しました。

 絵になった子たちは、巡回展を終えた後、飼い主さんのもとへ帰って行きました。
 現在開催中の「複製画展」は、パート1とパート2の絵の中から60点を複製したものです。

私は、複製画展を拝見するのは、今回が初めてでしたが、実物の絵が、とてもよく再現されていて、絵の中の子たちの想いも、飼い主さんたちの想いも、絵に込めた作家さんたちの想いも、命展を立ち上げたうささんの想いも、深く伝わって来るのを感じました。

うささんにお聞きしたところ、このチャリティーコンサートの総指揮をとってらっしゃるソプラノ歌手の後藤美奈子さんが、昨年の命展2の東京展に来てくださり、命展の趣旨に賛同してくださったことがきっかけとなり、今回の命展開催につながったのだそうです。

後藤さんは、キラキラとしたすごく大きくて暖かなオーラを放つ、ステキな方でした。
熱い想いがこめられた歌声に、心がふるえました。


ホールでは、うささんの講演もあり、私も念願叶って、やっと講演を聴くことができました!
補助椅子を含めば200席近くの規模だそうですが、満場でした。

覚悟していた通り、講演を聴きながら私は涙してしまいましたが、会場のあちこちから、すすり泣く声が聞こえました。みなさんが、真剣に聴いてくださっておられるのが、会場の空気から伝わって来ました。

命展の会場へも、すごくたくさんの方が足を運んでくださったそうです。私が伺ったときも、たくさんの方が、いらっしゃいました。どの方も、じっくりと時間をかけて、見てくださっているようでした。



命展/複製画展は、この後、

・1/27(月)~2/2(日) 兵庫県尼崎市
・2/5(水)~2/7(金) 愛知県犬山市
・2/11(火) 佐賀

...で、開催されるそうです。

その後も、3月には、京都、兵庫で開催が決まっているそうなので、お近くの方はぜひ!

| | コメント (0)

2013年11月27日 (水)

本日テレビに!

「震災で消えた小さな命展」の特集が、本日NHKで全国放送されます!

以下、サイトから転載(許可いただいてます)

******************************

●11/27(水)、「震災で消えた小さな命展」の事が
  NHKの番組内で全国放送されます!

とても嬉しいお知らせです。

先日、NHK京都さんで特集として
命展の活動を番組で取り上げていただきました。
NHK仙台さんでも先日、放送されたばかりです。
それが、全国放送されることが決定しました!!!
すでに放送された、京都や宮城でも、
ちょっと付け加えて、再放送されます!

日にち:11/27日(水)
時 間:14:00~15:00のNHK『情報まるごと』という番組内
     (全国どこでも同じ時間です)

NHK京都放送局・仙台放送局で放送後、
視聴者の方々から、再放送希望や、
全国放送を希望する電話やメール、FAXが、
今までにないくらい、たくさん届いたそうです。

震災で亡くなった動物たちの思い、飼い主さんの思い、
そして絵を描いてくださった作家さんたちの思い、
全国で命展を応援してくださっているボランティアさん、
番組を見た、視聴者の方々の気持ち・・
違った立場の人たちのそれぞれの行動が、
今回の全国放送へとつながりました。
全国放送などまだまだ難しいと思っていたのに、
みんなの力で実現できました。

今回の事、私は本当に感動しました。
出来ないことはないのだと、小さな力でも、それがたくさん集まると
大きな大きな力になることを、確信しました。

27日(水)14:00~15:00の中、8分くらい放送されます。
すでに放送された、京都・宮城でも、再度放送されます。
私も京都のギャラリーから少しだけ生出演します。

日本全国の多くの方々に見ていただきたいので、
みなさん、お知り合いの方にお知らせいただけたら嬉しいです。
何か大きな出来事などなければ、予定通り放送されます。
(変更するときは、命展ブログや、ホームページでお知らせします)

これからも、もっともっと、動物たちの命も同じ大切な命だと伝えます。
ペット同伴避難は当たり前、日本をそんな国に変えていきたいです。
みんなで変えていきましょう!

※みなさんにお願いです。放送を見た後に、みなさんの町のNHKさんに
是非、電話やメールなどで感想などを伝えてください。
その声が、また次へとつながります!よろしくお願いします。

*******************************

私、録画予約しました!

現在、命展は、京都にて、「震災で消えた小さな命展~複製画展~京都展」を開催中。

◆震災で消えた小さな命展~複製画展~ 京都展

会期:11/25(月)~11/29(金)
時間:11/25(月) 13:00~18:00
    11/26(火)、11/27(水)、11/28(木) 9:30~18:00
    11/29(金) 9:30~16:00
会場:NHK京都放送局ハートプラザ内ギャラリー
住所:〒602-8501 京都府京都市上京区智恵光院丸太町下ル主税町964

※京都展では、搬出・会場係のお手伝いをして下さる方を募集中だそうです。
詳細はコチラ→ http://chiisanainochi.com/fukuseigaten/F08_volunteer.html

※カラーチラシを配布して下さる方、お店や窓口などに置いていただける方も、
募集中だそうです。こちらは京都展に限らず全国どこでも可能。
詳細はコチラ→ http://chiisanainochi.sblo.jp/article/80771172.html

Photo

Photo_2

京都展は金曜まで開催中!

京都や大阪など関西方面の方、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2013年9月11日 (水)

東京展②今日からです!

「震災で消えた小さな命展2」の東京展②が、

いよいよ今日から始まりました。

日本各地、及び、台湾を旅して来た子たちが、

再び東京へと戻って来てくれました。

去年の8月にスタートした命展2も、

残すところ、この東京展②と宮古展の2会場となりました。

最後の会場で、旅を終えた子たちは、

ご家族の方たちのもとへ、帰って行きます。

私たちに、大切なことを伝えるため、

色んな場所を旅してくれた、「小さな命」達...

ぜひ、「小さいけれど大きな存在である彼ら」に逢いに

会場へいらしてくださいね!

以下詳細です(転載許可いただいております)

-------------------------------------------------

◆2013年9月11日(水)~9月17日(火)

会場:東京都千代田区/一口坂ギャラリィ
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-6-1
時間:11:00~18:00(最終日は16:00まで
電話:03-3261-4515
入館料:無料

①9/11(水) 14:00~ 
参加作家・山本祐司さんによる
「あなたの似顔絵描きます」 於:一口坂ギャラリィ

②9/11(水) 16:00~ 
オープニング記念交流会 於:一口坂ギャラリィ

※命展代表/うささんからのメッセージ

「震災で消えた小さな命展」には、
その主旨に賛同してくれた国内外の作家たちが
97名参加してくれていますが、
東京展は、参加作家たちが集える
数少ない会場でもあります。

そこで、初日に、ささやかながら、
一口坂ギャラリィ会場内にて、
オープニング記念交流会を
開催することになりました。

「震災で消えた小さな命展」に関わってくださった
全ての方たちへの感謝の場として、

参加作家たちの小さな命展へのそれぞれの想いを
語り合える場として、

来場者のみなさんには、
作家たちの想いや小さな命展のことを、
より深く知っていただくことの出来る場として、

そして、まだ被災地へ行ったことのない方々へ、
大切な事実を伝える場として、

開催できたらと思っています。

お料理やお飲み物、お菓子などをご用意して
お待ちしております。
差し入れも大歓迎です!!!
お申し込みの必要はございませんので、
当日直接会場へお越し下さい。
たくさんの方のご参加をお待ちしております。


③9/15(日) 14:30~ 講演会

日時:2013年9月15日(日) 14:30~16:00
  (14:00開場、受付開始)
      
   ・14:30~15:10 うさ
   (「震災で消えた小さな命展」代表、絵本作家)
      ・15:10~15:40 はせがわかこ
   (絵本作家、命展参加作家)
      ・15:40~16:00 質問コーナー

場所:四谷地域センター12F 多目的ホール
住所:〒160-0014 東京都新宿区内藤町87番地
    四谷区民センター内

参加費:無料

定員:100名(お申込先着順)
※当日でもお席に余裕があれば入場可能ですが、
事前申込が確実です。

申込方法:メール又は電話にてお申し込みください。
      その際、「代表者のお名前」と「参加人数」を
      お知らせください。
       ① メール hello@chiisanainochi.com
       ② 電 話 090-3135-2008

Photo

| | コメント (2)

2013年7月23日 (火)

「震災で消えた小さな命展2」明日から大阪展です!

「震災で消えた小さな命展2」の大阪展が、いよいよ明日から始まります。

初日の明日(7/24)には、うささんによる講演会もあるそうです。

夏休み中でもありますし、ぜひ!ぜひぜひ!!!


◆2013年7月24日(水)~7月31日(水)
場:大阪府/熊取町立熊取図書館2F ホール
所:〒590-0451 大阪府泉南郡熊取町野田4丁目2714-1
間:10:00~18:00 ※7/25(木)、7/30(火)は休館
話:072-451-2828
入館料:無料

※講演会…7月24日(水) 10:30~11:30 熊取図書館2F 会議室


大阪展の後は、和歌山へ!

◆2013年8月6日(火)~9月1日(日)
場:和歌山県有田川町/ちいさな駅美術館
所:〒643-0033 和歌山県有田郡有田川町明王寺37-1(藤並駅2F)
間:平日/10:00~19:00 土・日・祝/10:00~17:00 ※月曜休館
話: 0737-52-2580
入館料:無料

和歌山展の期間も、夏休みにあたりますので、

地元の方はもとより、和歌山方面へ旅行される方も、

ぜひぜひ足をお運びいただけたらと思います。


Photo

| | コメント (2)

2013年4月24日 (水)

今日から鹿児島です

Photo

Photo_2

「震災で消えた小さな命展」

本日 4/24 から、鹿児島展が始まりました!

会期:2013年4月24日(水)~5月19日(日)
会場:鹿児島県鹿児島市/かごしまメルヘン館
住所:〒892-0853 鹿児島県鹿児島市城山町5-1
時間:9:30~18:00(入館は17:30まで)
    入館料/無料
    休館日/火曜日 ※但しGW中の4/30は開館。5/7、5/14は休館
電話:099-226-7771

お近くの方は、ぜひ!!!

 

| | コメント (2)

2013年4月10日 (水)

明日から福岡です!

「震災で消えた小さな命展2」が、明日から福岡で開催されます。

Photo

Photo_2

九州・沖縄地区では、明日からの福岡展が初開催だそうですshine

その後、鹿児島→沖縄へと。

日程は、下記の通り。

お近くの方は、ぜひぜひ!!!


◆2013年4月11日(木)~4月17日(水)
会場:福岡県福岡市/BiVi福岡 1F エントランス
住所:〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通4丁目1-36
時間:10:00~20:00 入館料/無料
電話:092-751-1180


併せて、ボランティアさんも募集中だそうです。
現場には、代表のうささんがいらして、細かく指示を出して下さいますので、
心配いりませんよー!

◆福岡会場/BiVi福岡
4/10 搬入 20:00~
4/17 搬出 20:00~
4/11~17 会場スタッフ 10:00~20:00
チラシ配布

ボランティアに関する連絡先:chiisanainochi49@yahoo.co.jp

| | コメント (6)

2013年4月 6日 (土)

終わりました

今日は、「震災で消えた小さな命展」の最終日でした。

旦那と一緒に、搬出作業のお手伝いに参加させてもらいました。

台風のように荒れたお天気になる、との予報で、ドキドキだったのですが、たくさんの方が参加されたおかげもあって、なんと、一時間弱で作業が完了してしまったのでした!

帰りも、ボランティアスタッフのⅠさんに車で近くまで送っていただき、びっくりするほど早く帰宅することができました。猫娘たちも、ひと眠りしているうちに、私たちが帰って来た、という感じだったので、もしかすると、私たちが出掛けていたことに、気付いてなかったかも知れません(笑)

搬出作業は、これで3回参加させていただいたことになるのですが、終わると、なんとなく淋しい気持ちになります...

絵の中のコたちは、次の会場へと出発して行きました。

搬出作業の30分前に会場に着くように行ったので、作業が始まる前に、うささんに絵の中のコたちについて、お話を伺うことができました。

お話を伺うたびに、涙が溢れてしまうのですが...

| | コメント (4)

2013年4月 2日 (火)

オープニング記念交流会でした

今日は、「震災で消えた小さな命展」の東京展(韓国文化院)の初日でした。

16:00から18:00まで、会場内にて、オープニング記念交流会が開催されると伺ったので、私も参加させていただきました。

2013040201 写真:代表のうささん。

みなさんが持ち寄って下さった
食べ物や飲み物が、
テーブルいっぱいに並べられ、
韓国文化院にお勤めの方たち、
参加作家さんたち、
ボランティアさんたち、
来場者の方たちとお話ししたり、
食べ物飲み物をいただいたりして、
心あたたまる時間を
過ごさせていただきました。

アッと言う間の二時間でした。

絵本や児童書好きな私にとって
作家さんたちは、
まるで天上人のような存在なので、
遠くから、こっそりと
お姿を拝ませていただきましたhappy02heart02

ドキドキheart02

| | コメント (0)

『震災で消えた小さな命展2』東京展パート1は今日からです!

『震災で消えた小さな命展2』の東京展パート1が、

今日から始まります。

Photo

Photo_2



初日の今日は、会場内でのイベントが2つ用意されているそうです。

以下、HPからコピペさせていただきました。(許可済み)


(1)参加作家・山本祐司さんによる「あなたの似顔絵描きます」

日時:2013年4月2日(火)  15:00~17:00

場所:東京都新宿区/韓国文化院 GALLERY Mi

似顔絵代:一枚につき500円

※似顔絵代の500円は、小さな命展の運営費やその他に寄付されます。


(2)オープニング記念交流会へのお誘い

2013年4月2日より、韓国文化院 GALLERY Mi に於いて、
東京展パート1が始まります。

「震災で消えた小さな命展」には、
その主旨に賛同してくれた国内外の作家たちが94名参加してくれていますが、
東京展は、参加作家たちが集える数少ない会場でもあります。

そこで、初日に、ささやかながら、
オープニング記念交流会を開催することになりました。

「震災で消えた小さな命展」に関わってくださった全ての方たちへの感謝の場として、

参加作家たちの小さな命展へのそれぞれの想いを語り合える場として、

来場者のみなさんには、作家たちの想いや小さな命展のことを、
より深く知っていただくことの出来る場として、

そして、まだ被災地へ行ったことのない方々へ、大切な事実を伝える場として、

開催できたらと思っています。

交流会は、お持ち寄り形式の気さくな会です。
お料理やお飲み物、お菓子などの差し入れも大歓迎です。
たくさんの方のご参加をお待ちしております。

日時:2013年4月2日(火)  16:00~18:00

場所:東京都新宿区/韓国文化院 GALLERY Mi

参加費:無料

※事前のお申し込みは必要ありませんので、当日、直接会場までお越し下さい。



東京展の後は、福岡→鹿児島→沖縄に!!!

九州・沖縄地区のみなさーん!

『震災で消えた小さな命展2』のこと、よろしくお願いいたします。


◆2013年4月11日(木)~4月17日(水)
会場:福岡県福岡市/BiVi福岡
住所:〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通4丁目1-36
時間:10:00~20:00
入館料:無料
電話:092-751-1180

◆2013年4月24日(水)~5月19日(日)
会場:鹿児島県鹿児島市/かごしまメルヘン館
住所:〒892-0853 鹿児島県鹿児島市城山町5-1
時間:9:30~18:00(入館は17:30まで)
美術館に入館するための入館料が別途かかります。
入館料:大人/300円(240円)、小・中学生150円(120円)、( )内は団体料金です。
電話:099-226-7771

◆2013年5月28日(火)~6月2日(日)
会場:沖縄県那覇市/沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー3
住所:〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
時間:9:00~18:00(入館は17:30まで)   金・土曜日は、9:00~20:00(入館は19:30まで)
入館料:無料
電話:098-941-8200


※併せて、福岡会場、沖縄会場では、ボランティアさんも募集中だそうです。
  詳細 → http://chiisanainochi.com/inochiten2/02_07_volunteer.html

   私も初めてボランティアに参加させていただいたときは、すごく緊張しましたが、
  会場には、うささんが必ず居て下さって、指示を出して下さいますし、
  ボランティアさんのお世話係りの方が、とても丁寧な運営メモを用意して下さっています。
  安心して作業に臨んでいただけると思いますので、
  もし、やってみよう!やってみたい!というお気持ちの方がおられましたら、
  上記詳細にあるお問い合わせのメルアドに、メールしていただけたら、と思います。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧